スポンサードリンク

「チェイサー」ハル・ベリー主演の誘拐サスペンスが日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

全米でも紆余曲折ありながら公開までたどり着けるかどうか怪しかった「チェイサー」の日本公開が唐突に決定しました。宣伝する気もなければヒットさせる意欲も感じない邦題に愕然…

 

 

「チェイサー」の日本公開が決定!

 

 

アメリカで近年多発する「18歳未満の児童誘拐事件」をテーマにしたサスペンスで、
8月4日に全米公開されたオープニング興行収入は1,000万ドルで初登場5位。
最終的に3,000万ドルを突破しました。

 

 

まー、公開に至るまでにはさまざまな紆余曲折がありまして、
いったん公開白紙にもなりながら究極的には製作会社が破綻する有様。
作品としても短期間での“やっつけ仕事”のような印象。

 

 

当然、公開される前から批評家の評価は悪く、
映画批評家サイトRotten Tomatoesでは36%という低評価。

 

 

その最たる理由はお粗末な脚本にあるともっぱらで、
「今年最悪の出来」という評価も…

 

 

脚本は「X-MEN」の新たなスピンオフとして製作される、
「X-MEN:The New Mutants(原題)」にも参加したネイト・グワルトニー。

 

 

 

Kidnap Japanese poster

 

 

ハル・ベリーのカーアクション満載サスペンス

 

 

さて、肝心の内容は…
とりあえずおかあちゃん頑張る!
そ、それだけ。

 

 

ハル・ベリー演じるシングルマザーのカーラにとって、
平穏な日常が一変する出来事に遭遇しました。
それは最愛の息子が突然何者かに車で連れ去られるという大事件!

 

 

必死で追いかけますが、捉えることはできず。
地元警察に駆け込んでもまったく相手にしてもらえない。
おまけに携帯電話も失くしてしまい、八方塞がり。

 

 

でも、母は強し。

 

 

誰も力を貸してくれないなら、
たった一人で最愛の息子を救出すると覚悟を決めて、
正体不明の犯人探しをしながら奮闘する!

 

 

いやいやいや、まいった。
ハル・ベリーが鬼の形相で追い詰めていく姿は鬼気迫るものがあるし、
その孤軍奮闘っぶりはすさまじいアクションシーンが満載

 

 

 

Kidnap fighting

 

 

主演だけでなく製作総指揮も兼任してるだけあって、
ハル・ベリーの力の入れようはそれこそ過去の主演作以上かもしれません。

 

 

監督に抜擢されたのはニコラス・ウィンディング・レフン監督の代表作、
「プッシャー」のリメイクを手がけたルイス・プリエト。

撮影を務めたのは「ロスト・バケーション」のフラビオ・ラビアーノ。
共演は「ローンレンジャー」のリュー・テンプル。

 

 

 

Kidnap action

 

 

昼間のパパより本気出したママはすごい!

 

 

男には火事場のクソ力的なものがあると言われてますが、
ギリギリまで追い詰められないとなかなかそんな力は発揮できません。
でも、女性は…母親という生き物はそうではない。

 

 

目の前で息子を誘拐されたことで自ら犯人を追い詰めていくという、
むこうみずな行動力で頭より体が先に動くんじゃないかな。

 

 

「誘拐」という直球タイトルそのまんまの内容で、
誘拐犯vs母親のノンストップでスリリングな駆け引きが繰り広げられます。

 

 

男なら腰抜かしてしまいそうなシチュエーションですし、
あたふたしてしまうのは目に見える感じ。

 

 

 

Kidnap run

 

 

「チェイサー」の作品情報

 

 

原題:Kidnap(誘拐)
邦題:チェイサー
監督:ルイス・プリエット
脚本:ネイト・グワルトニー
公開日:2017年9月23日
配給:プレシディオ
上映時間:93分
出演者:
ハル・ベリーasカーラ・ダイソン
セイジ・コレアasフランキー・ダイソン
リュー・テンプルasテレンス・ヴィッキー(テリー)
クリス・マッギンasマーゴ・ヴィッキー
デイナ・グーリエas保安官
ジェイソン・ウィンストン・ジョージasデヴィッド

 

 

久しぶりにこの邦題、あかんやつ。

 

 

よりによって2008年に公開された韓国映画の名作「チェイサー」と同名タイトルにする必要があったんだろうか?原題は「誘拐」なのに邦題は「追跡者」って変な感じ。
レンタルショップに並んだらややこしいし、リメイクと勘違いする人も続出する!?事実、「チェイサー」で検索したら韓国映画が上位に出てきます。

 

 

「チェイサー」のあらすじ

 

 

いつもと変わらない日。レストランのウェイトレスとして働くシングルマザーのカーラ(ハル・ベリー)は6歳になる最愛の息子フランキー(セイジ・コレア)といつも訪れる公園で遊んでいたが、彼女が一瞬目を離した隙に何者かがフランキーを車で連れ去ろうとしていた。彼女は車の行方を必死で追いかけるが、あと一歩のところで捕り逃してしまう。地元警察に相談しても対応してくれないことから、彼女は自らの手で息子を救い出す覚悟を決めるのだが…。

 

 

「チェイサー」の予告編

 

 

「チェイサー」の予告編

 

「誘拐する相手、間違ったわね」はなかなかの台詞。

 

 

Kidnap 2shot

 

 

 

ストーリー的にはシャーリーズ・セロン主演の「コール」にそっくり。
内容的にはハル・ベリー主演の「ザ・コール」にそっくり。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。