スポンサードリンク

「君の名は。」との共通点が多い岩井俊二監督の名作「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がアニメ映画化決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

未曽有の大ヒットを続ける「君の名は。」はさまざまな成功の要因が挙げられていますが、その要因を分析した東宝が来年夏に向けて新たに製作するのが夏休みと花火大会と3人の中学生のファンタジックなラブストーリー!

 

 

岩井俊二監督の名作がアニメ映画化

 

 

過去記事⇒「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のレビュー

 

 

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

 

…といえば岩井俊二監督が手掛けた1993年放映のフジテレビのドラマで、
あまりに美しい映像とシンプルなラブストーリーが話題を呼び、
1995年には映画化もされました。

 

 

映画館のスクリーンで見る、
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はもっと素晴らしく、

 

岩井俊二監督らしい映像美はこの作品がある意味原点で、
その後の映画「LOVE LETTER」がその印象を決定づけたような気がします。

 

 

 

打ち上げ花火

 

 

 

君の名は。

 

 

中高生をメインターゲットにしたデートムービーとして、
シンプルかつ劇的で運命的な恋愛ものにしたことが大ヒットの最大の要因だと個人的には思ってますが、

 

boy meets girlというのはいつの時代も需要はあるんですよね。

 

 

新海誠監督は普遍的なこのジャンルに、

 

 

「転校生」のような男女入れ替わり
「時をかける少女」のような時空を超えるタイムリープ
「イルマーレ」のような現在と過去がすれ違う交錯

 

 

というファンタジーの要素を巧妙に混ぜ合わせたことで、
実はとてもシンプルな恋愛物語に、

 

 

男と女
都会と田舎

 

 

という正反対にあるものを入れ替えることで奥行きを広げ、

 

 

現在と過去あるいは未来
を行き来することで時間軸の広がりを持たせ、

 

 

さらには圧倒的なスピード感で、
目の前のシンプルな物語を超高速で繰り広げてみせました。

 

 

その結果、一瞬でも置いてけぼりを喰らってしまったら、
再確認するためにリピーターとしてまた足を運ぶことになるわけ。

 

 

もちろん、そんな単純な要因だけではないのは当然で、
僕は「シンプル」と表現しましたが、
ヒットさせるための仕掛けとしてかなり趣向を凝らしてるのもあるでしょうね。

 

 

RADWIMPSの音楽とのシンクロ率も大きく貢献してるのは間違いない。
監督が音楽に合わせた画作りしてますもんね。

 

 

 

「君の名は。」との共通点

 

 

 

  • 映像が圧倒的に美しい
  • 耳に残るサントラが素晴らしい
  • 時間軸の変化
  • 大人にとってのノスタルジー
  • “聖地巡礼”が流行る

 

 

 

付け加えるなら、
中高生の恋愛(劇場アニメでは小学生から中学生に改変)
といったあたりかと思いますが、

 

 

そう考えれば考えるほど東宝の戦略は同じような作品を作って、

 

柳の下にいるであろう二匹目のドジョウを狙いにいく

 

という意気込みを感じます。

 

 

アニメブームに便乗するというのもありそうですが…

 

 

そんなわけで、
来年8月18日からアニメ映画として、

 

 

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

 

が東宝系で公開されることが決定しました。

 

 

ヒロインのなずな役は広瀬すず
なずなに思いを寄せる典道役は菅田将暉
典道の級友役は人気声優の宮野真守

 

 

 

打ち上げ花火

 

 

否応なく期待させられますが、
どうせやるなら実写版リメイクを見てみたかったかな。

 

 

 

作品概要

 

 

 

原作:岩井俊二
監督:武内宣之
脚本:大根仁
総監督:新房昭之
プロデューサー:川村元気
アニメーション制作:シャフト
配給:東宝
公開日:2017年8月18日(金)全国公開

 

 

 

打ち上げ花火

(c)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

 

 

 

予告篇で流れる音楽がテレビドラマや映画版と同じ、
REMEDIOS(麗美の別名義)の「forever friends」を使ってるというだけで、

 

 

めっちゃテンション上がります。

 

 

この作品の名場面で流れるんですよね~♪

 

 

 

 

 

Hold me like a friend.
Kiss me like a friend.
Say we'll never end.
Searching for the color of the rainbow.

Melody never say good-bye
I'll believe you.

 

 

初期の岩井俊二監督作品(「undo」や「Love Letter」など)の多くで音楽を担当し、
この当時のドラマではよくREMEDIOSが起用されました。

 

テレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とその劇場版も印象的でしたね。

 

 

でも、今回の劇場アニメ版は音楽担当が、
数多くのアニメで実績を残す神前暁と交代するんです。

 

本編でも何らかの形でREMEDIOSの音楽も使ってほしいなー。

 

 

 

REMEDIOSの音楽があって、

 

 

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

 

 

 

があると言っても過言ではありません。

 

 

 

 

脚本を務めるのは「バクマン。」や「モテキ」の監督で知られる映画監督の大根仁。
大根監督はこの作品の大ファンなんとちゃうかな?

 

演出を手がけたテレビドラマ版の「モテキ」で、
それこそ今年の流行語大賞にノミネートされた“聖地巡礼”をやってた記憶があります。

 

総監督にはアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を手がけた新房昭之監督が抜擢。
プロデューサーは「君の名は。」と同じヒットメーカーの川村元気が務めます。

 

 

 

 

ギャングエイジ独特の“よくわからない感”が原作の見どころでもあったんだけど、今回は実写版をしっかりとベースにしながら、大半はオリジナルになるんだとか。

 

 

 

 

あらすじ

 

 

 

とある海辺の町の中学校。クラスのアイドル的存在の及川なずな(広瀬すず)に思いを寄せる島田典道(菅田将暉)と安曇祐介(宮野真守)の2人は夏休みの花火大会を前に学校のプールでなずなの前で水泳対決をした。敗れた典道は水中で不思議な玉を拾う。典道は再婚する母親から逃げたいなずなから駆け落ちに誘われるが、なずなが母親に連れ戻されそうになり、典道が玉を投げると再び水泳対決の真っ最中に時間が巻き戻った。何度も繰り返される同じ一日の果てに2人を待つ運命は…。

 

 

 

それぞれのコメント

 

 

 

岩井俊二コメント:
自分の過去作品を下敷きに、新たなアニメーション作品を創り上げるという、これは僕にとってかつてない体験です。 原作者という立場からこうして欲しいという注文のようなことはありません。自分の好きな作家さん、表現者さんたちに委ねました。自由で独創的な作品が誕生することを期待しています。

 

 

 

大根仁コメント:
初めてのアニメ作品の仕事で、自分が大好きなドラマを原作に!大好きなすずちゃんと菅田君が声優で! 宮野さんまで! そして大好きな新房監督とシャフトスタッフとやれる!その喜びは同時にプレッシャーでもありましたが、先日途中段階の映像を見たら…これはヤバい!! 2017年夏、新しいアニメ表現と見たことのないラブストーリーが生まれますよ!

 

 

 

新房昭之コメント:
岩井俊二さんと大根仁さんという普段のアニメ制作現場とは異なるスタッフィングに緊張をしていましたが、二人の実写映画監督との打ち合わせや雑談は大変面白く、また、違った視点での意見が新鮮でした。岩井さんの名作がアニメーション映画というジャンルで大きく生まれ変わります。シャフトスタッフ一同で頑張っていますので、どうぞお楽しみに。

 

 

 

広瀬すずコメント:
お話を頂いたときはすごく嬉しかったです。脚本を読ませて頂いて、独特の世界観で、ぞくっとしました。なずなは、言葉にはなっていないけれど、秘められた想いを抱えていて、すごく繊細な印象を受けました。あんまり掴みどころがないんだけど、大人っぼさもあり、子供っぽさもあり、目の前にいるのに触れられないような…手の届かないすごく不思議な印象です。

 

 

 

菅田将暉コメント:
ずっと声のお仕事をしたいと思っていたので、今回念願の初チャレンジ、興奮しました。そしてやはり声優さんのすごさを実感しました。声色だけでの表現にムズムズしながらも、いろんなテクニックを他のキャストの方々に教わりながらの時間は公園デビューを果たした赤ん坊のような新しい刺激と快感が止まりませんでした。少年の声を吹き込む上で、僕の地声がすさまじく低かったので、なるべく耳触りの良い高音を意識し感情を声色で表現しました。出来上がりが楽しみです。

 

 

 

宮野真守コメント:
初めはあの名作がアニメーションになると聞いて驚きました。出演のオファーをいただいたときは本当に嬉しかったですし、どのように描かれるのだろうとワクワクしていました。収録では広瀬さんと菅田さんがとっても素晴らしくて、お二人のフレッシュなオーラに終始キュンキュンしながらも、同級生として演じる自分も、気合いを入れて若づくりを頑張りました(笑) 是非、楽しんでいただけたら嬉しいです!

 

 

 

 

打ち上げ花火

 

 

 

 

よーい、スタート!

 

 

プールサイドでなずなの声が響く。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。