スポンサードリンク

報知映画賞ノミネートが発表!ジャニーズ優位のファン投票に無意味な多数ノミネートに辟易

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

年末に向けて次々と発表される国内の映画賞ですが、その先陣を切って今年も報知新聞社主催の報知映画賞ノミネートが11月12日に発表されました。毎年必ずノミネートされるジャニーズ勢が今年も当たり前のように…

 

 

報知映画賞ノミネートが発表!ジャニーズ優位のファン投票

 

 

今年のノミネートもフタを開けてみればジャニーズ事務所が優位で、
1位でなくとも上位に押し上げているのは間違いありません。
そのくらいジャニーズ事務所の所属タレントが出演する作品が目立ちます。
今年も2部門でファン投票1位を獲得。

 

 

  • 主演男優賞は嵐の大野智「忍びの国」
  • 助演男優賞は鈴木亮平「忍びの国」
  • 新人賞はHey!Say!JUMPの伊野尾慧「ビーチガール」

 

 

助演男優賞はジャニーズ事務所で該当者が少なかったせいも大きいかな。
「こどもつかい」の有岡大貴は明らかに助演だけど、
肝心の作品賞、監督賞、主演男優賞(滝沢秀明)がノミネートされてないしね。

 

 

ま、基本的にジャニーズ事務所は主演を務めることが多く、
助演男優は後輩の若手をバーター扱いで出演させるパターンですから、
その若手がクレジットされる順番にもよるでしょう。

 

 

 

さすがにノミネートされてない助演男優を飛び越えていくのは厳しく、
「忍びの国」の知念侑李は助演3番手では難しかった。

 

 

また、ファン投票の結果は現在の人気が反映されやすい傾向もあるから、
「銀魂」の堂本剛と「ナラタージュ」の松本潤は落ち目で、
お金を動かせる世代の人気は嵐なのかもしれません(松本潤を除く)

 

 

「心の叫びたがってるんだ。」の中島健人(Sexy Zone)
「僕らのごはんは明日で待ってる」の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)
「ハルチカ」の佐藤勝利(Sexy Zone)
「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕(関ジャニ∞)

「無限の住人」の木村拓哉

 

 

 

最近は山崎賢人とか菅田将暉とか中川大志とか窪田正孝とか福士蒼汰とか、
非ジャニーズ系の若手俳優が増えてきたとはいえ、
需要と供給のバランスが均れるのはまだまだジャニーズでしょう。

でも、興行的にはジャニーズブランドも下降線をたどってきた気もします。

 

 

「ナラタージュ」の松本潤は有村架純とダブル主演という扱いだし、
「ナミヤ雑貨店の奇跡」の主演は西田敏行のようでいて山田涼介が単独主演。

 

 

生田斗真は「彼らが本気で編むときは、」と「先生!、、、好きになってもいいですか?」の2本に主演しながら低評価で完全スルーされました。
後者は広瀬すずが助演女優賞にノミネートされてるだけに痛い。
でも、松本潤は「ナラタージュ」が監督賞もノミネートされてるだけにツラい。

 

 

 

報知映画賞ノミネートが発表!読者参加型の意義

 

 

報知映画賞は読者からのファン投票がまずありき。
そして、上位作品の中から映画賞事務局が各部門のノミネート作品と人物を選出し、
映画評論家らで構成する選考委員会で受賞者を決定する仕組みですが、

 

 

読者参加型の映画賞という意味で当時は画期的でした。

 

 

ところが、男優のファン投票1位はジャニーズ事務所が組織票で強さを見せ、
ファン投票の結果と受賞が直結しないところに無意味感が生じ、
もはや読者参加型の意義はないに等しい。

 

 

「素晴らしかった作品や俳優に自ら投票できる」

 

 

 

という点においてしか価値はなく、
でも、その数さえジャニーズの前では勝ち目がないわけだから、
ネット時代の読者参加型ファン投票は偏りが生じるのは必然じゃないかな。

 

 

ちなみに、今年の選考委員のメンツは昨年とまったく同じです。
報知新聞社主催ということで、

 

 

読売系から恩田泰子(読売新聞文化部映画担当)と元日テレアナウンサーの松本志のぶ、
スポンサーのサイバーエージェント代表取締役である藤田晋社長、
関係が深い幻冬舎代表取締役の見城徹社長、
元ニッポン放送のアナウンのサーでラジオパーソナリティーの齋藤安弘、
その他、映画評論家の荒木久文と事務局顧問も務める渡辺祥子、
映画コメンテーターのLiLiCoという顔ぶれ。

 

 

そこに報知新聞の映画担当者が加わるわけですが、
選考にあたって「主観はない」なんてことはありえないとしか思えません。

 

 

 

報知映画賞のノミネート作品が多すぎる!

 

 

しかし、毎年のことながら、
10人以上がノミネートされるような映画賞って意味あるんだろうか?
報知映画賞は映画賞レースの中でもダントツで多いんです。

 

 

今年は最多で6ノミネートされた作品が5本あり、
下記の作品が有力候補になりそうです。
ノミネート数が多けりゃいいってもんじゃないんですけどね。

 

 

言い換えれば選考委員が絞り切れないだけであって、
賞レースの先陣を切るだけに今後を左右する可能性も少なからずあるから、
一極集中も困るけど、逆に多すぎるのは選考委員の欲張りな迷いの現れじゃないかな。

 

 

  • 「三度目の殺人」
  • 「関ヶ原」
  • 「3月のライオン」
  • 「幼な子われらに生まれ」
  • 「あゝ、荒野」

 

 

あ、そうだ!
よく言えば「甲乙つけがたい」ってことか…
選考委員の中でも意見が分かれたってところかもしれません。
あとは日本人的ダサイクル。

 

 

 

過去記事⇒報知映画賞ノミネートから見える日本映画界のダサイクル

 

 

 

報知映画賞作品賞ノミネート

 

 

今年の作品賞は昨年の25作品より少ない21作品がノミネート。
もちろん、上記の5作品もノミネート。
この5作品に共通するのは原作が大御所というのは言い過ぎか。

 

 

  • あゝ、荒野(寺山修司)
  • 幼な子われらに生まれ(重松清)
  • 関ヶ原(司馬遼太郎)
  • 三度目の殺人(是枝裕和)
  • 3月のライオン(羽海野チカ)

 

 

とりあえずってのことなので、
ま、最終的な受賞者は大きく変わると思いますが、
「三度目の殺人」なんて是枝裕和監督のオリジナル作品だから評価したいけどね。
目立つのは時代小説を得意とする和田竜原作の「忍びの国」でしょうか。

 

 

作品賞のファン投票の結果も1位で、
主演男優賞の大野智
助演女優賞の石原さとみ
助演男優賞の鈴木亮平
という4部門すべてファン投票1位。

 

 

興行的にも約25億円という大ヒットを記録したから、
大野智一人の力ではさすがにここまではいかなかったと思います。
ただ、中村義洋監督の手腕によるところも大きかったのに、
監督賞にノミネートされていないのが不思議。

 

 

 

報知映画賞新人賞ノミネートの疑問

 

 

毎年のように「新人ちゃうやん」という俳優がノミネートされますが、
規定では「原則として3年以内に本格デビューした俳優、監督」とあります。
ま、そう考えると何をもって本格デビューなのか?

 

 

西畑大吾は関西ジャニーズJr.なので前述したバーターでの出演です。
「PとJK」は亀梨和也(KAT-TUN)のバーター、
「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」は二宮和也(嵐)のバーター。
でも、対象外の「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」では主演なんですよね。

 

 

清野菜名にしたって2015年公開「東京無国籍少女」の主演で当時話題になったし、
昨年は「金メダル男」と「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」に出演。
北村匠海なんて子役の頃から活動してるんだけどね。

 

 

いずれも「今年になって顕著な活躍」というわけでもなく、
「本格デビュー」というなんとも曖昧な基準に引っかかるかどうかだけの問題。
明確な定義がないだけに、どの賞レースも新人賞だけは不透明です。

 

 

報知映画賞対象作品の不可解

 

 

一般的には賞レースの対象となる作品は前年の12月1日から今年の11月30日まで。
その期間内に有料公開された作品でして、規定でも、
「対象期間は2016年12月1日から17年11月30日までに有料で1週間以上一般公開もしくは公開予定の新作に限ります。」とあります。

 

 

でも、まだ公開されてない作品も対象になるのってどうなん?
「火花」なんて作品賞、主演男優賞(菅田将暉と桐谷健太)のみならず、
助演女優賞で木村文乃までノミネートされてます。

 

 

ファン投票の締め切りは11月1日。
この時点では「火花」以外にも「ラストレシピ」が未公開。
それなのに3部門も4部門もノミネートされる不可解。

 

 

試写会で見たとしてもそんなに数は多くないと思うんですけどね。
このあたりもノミネート数が多い要因だと思います。

 

 

 

hochi movieaward2017(画像出典:第42回報知映画賞サイトより)

 

 

作品賞ノミネート(21本)

 

 

あゝ荒野
アウトレイジ 最終章
海辺の生と死
幼な子われらに生まれ
家族はつらいよ2
彼女がその名を知らない鳥たち
君の膵臓をたべたい
愚行録
3月のライオン
三度目の殺人
散歩する侵略者
忍びの国(ファン投票1位)
関ヶ原
追憶
帝一の國
光(河瀬直美監督)
火花
ミックス。
夜空はいつでも最高密度の青色だ
ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
Ryuichi Sakamoto:CODA

 

 

監督賞ノミネート(11人)

 

 

石井裕也「夜空はいつでも最高密度の青色だ」
石川慶「愚行録」
河瀬直美「光」
岸善幸「あゝ荒野」
北野武「アウトレイジ最終章」
是枝裕和「三度目の殺人」
白石和彌「彼女がその名を知らない鳥たち」
原田眞人「関ヶ原」
三池崇史「無限の住人」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章」
三島有紀子「幼な子われらに生まれ」
行定勲「ナラタージュ」(ファン投票1位)

 

 

主演男優賞ノミネート(13人)

 

 

浅野忠信
阿部サダヲ
大野智(ファン投票1位)
岡田准一
神木隆之介
木村拓哉
桐谷健太
菅田将暉
妻夫木聡
永瀬正敏
二宮和也

 

 

主演女優賞ノミネート(10人)

 

 

蒼井優
新垣結衣
有村架純
石橋静河
上戸彩(ファン投票1位)
瀧内公美
長澤まさみ
広瀬すず
水原希子
満島ひかり

 

 

助演男優賞ノミネート(12人)

 

 

伊藤英明
小栗旬
工藤阿須加
宮藤官九郎
佐々木蔵之介
鈴木亮平(ファン投票1位)
西田敏行
平岳大
松坂桃李
役所広司
ヤン・イクチョン
ユースケ・サンタマリア

 

 

助演女優賞ノミネート(11人)

 

 

蒼井優
有村架純
石原さとみ(ファン投票1位)
伊藤歩
木下あかり
木村文乃
斉藤由貴
杉咲花
田中麗奈
永野芽郁
広瀬すず

 

 

新人賞ノミネート(10人)

 

 

石橋静河
伊野尾慧(ファン投票1位)
北村匠海
清原果耶
清野菜名
西野七瀬
西畑大吾
浜辺美波
水谷豊監督
南沙良

 

 

作品賞海外ノミネート(21本)

 

 

エル ELLE
幸せなひとりぼっち
新感染 ファイナルエクスプレス
SING/シング
ダンケルク
T2 トレインスポッティング
ドリーム
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
ハクソーリッジ
パターンン
美女と野獣(ファン投票1位)
ブレードランナー2049
ベイビー・ドライバー
マンチェスター・バイ・ザ・シー
ムーンライト
メッセージ
モアナと伝説の海
ラ・ラ・ランド
LOGAN/ローガン
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
わたしは、ダニエルブレイク

 

 

アニメ作品賞(6本)

 

 

怪盗グルーのミニオン大脱走
SING/シング
メアリと魔女の花
名探偵コナンから紅の恋歌(ファン投票1位)
モアナと伝説の海
夜は短し歩けよ乙女

 

 

※アニメ作品賞は今年から新設
※全て五十音順

 

 

shinobinokuni

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。