スポンサードリンク

報知映画賞2017の受賞結果は読者投票を無視?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

映画賞レースのトップを切って「第42回報知映画賞」の各賞受賞者が11月28日に発表されました。ファン投票の結果を基に10名で構成する選考委員会によって各部門のノミネート候補が発表され、受賞者が決定するわけですが、今年の受賞者は…

 

 

報知映画賞2017とファン投票の相違

 

 

あゝ、荒野

 

 

 

ファン投票では「忍びの国」が作品賞ほか4冠でした。
いつもながらジャニーズ事務所のタレントが優勢となりますが、
今年も見事にファン投票の結果が反映されない受賞者ラインナップです。

 

 

過去記事⇒第42回報知映画賞のノミネート作品一覧

 

 

そして、今年は最多で6ノミネートされた作品が5本もありましたが、
フタを開けてみれば当たり前のごとくバラけました。
かろうじて「幼な子われらに生まれ」「あゝ、荒野」が2部門で受賞。

 

 

「忍びの国」の名前はどこにもないし、
ファン投票1位は「美女と野獣」しか受賞できず。
「関ヶ原」に至っては完全にスルーしたとしか思えない有様。

 

 

 

幼な子われらに生まれ

 

 

これでいいのか?日本の映画賞!

 

 

報知映画賞2017の受賞結果

 

 

作品賞:あゝ、荒野(岸善幸監督作品)
監督賞:三島有紀子(幼な子われらに生まれ)
主演男優賞:菅田将暉(あゝ、荒野)
主演女優賞:蒼井優(彼女がその名を知らない鳥たち)
助演男優賞:役所広司(三度目の殺人)
助演女優賞:田中麗奈(幼な子われらに生まれ)
新人賞:北村匠海(君の膵臓をたべたい)
浜辺美波(君の膵臓をたべたい)
海外作品賞:美女と野獣
アニメ作品賞:SING/シング
特別賞:北野武監督(「アウトレイジ」三部作)
スティーブン・ノムラ・シブル監督(Ryuichi Sakamoto:CODA)

 

 

報知映画賞2017まとめ

 

 

ノミネートの段階ではメジャー会社の大作からインディペンデント系まで、
興行成績にも関係なく幅広いジャンルから選出しますが、
結果的にはインディペンデント系の作品が選ばれる傾向が顕著です。

 

 

今年で言えば「幼な子われらに生まれ」がその最たるもので、
女性監督としては西川美和監督以来8年ぶり2人目の監督賞となりました。
「彼女がその名を知らない鳥たち」の白石和彌監督と決戦投票になったとか。

 

 

海外の作品賞は「美女と野獣」「幸せなひとりぼっち」「ラ・ラ・ランド」の三つどもえの争いで、
決戦投票ではわずか1票差で「美女と野獣」が受賞。
ミュージカルの当たり年に相応しい結果です。
今年新たに創設されたアニメ作品賞はほぼ満票で「SING/シング」に決まりました。

 

 

そして、新人賞は「君の膵臓をたべたい」から主演二人がダブル受賞。
今年の実写邦画として「キミスイ」は「銀魂」に次ぐ第2位の34億8,000万円の興行収入を記録し、
「キミスイ」がおじさんでも泣ける作品になったのは北村匠海と浜辺美波の初々しい演技によるところが大きいので、
フレッシュな二人が受賞するのは至極当然。

 

 

 

君の膵臓をたべたい

 

 

 

HIRO
今年の賞レースではメジャー系は「三度目の殺人」「関ヶ原」という東宝作品を中心に松竹の「家族はつらいよ2」と東映の「花戦さ」あたりで分け合い、インディペンデント系は「あゝ、荒野」が総なめしそうな勢い。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
ソーシャル
人気の投稿
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。