スポンサードリンク

日本アカデミー賞2018主要部門予想!今年もまた東宝作品が強いけど、注目は最優秀助演女優賞の行方か…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

映画賞レースのトリを務めるのは最も権威のない日本アカデミー賞ですが、今年もまずは優秀賞各賞と新人俳優賞受賞者が発表されました。低迷する映画業界を象徴するようなラインナップに辟易としますが、早速各賞を予想してみました。

 

 

日本一早い日本アカデミー賞予想!

 

 

以前からずっとささやかれてる日本アカデミー賞にまつわる噂話として、
東宝、東映、松竹が毎年順番に受賞する“持ち回り”制度を否定するかのごとく、
「シンゴジラ」「海街diary」「永遠の0」と3年連続で東宝作品が受賞。

 

 

ま、これはこれで逆に疑わしくもあるのですが、
ライバルの東映と松竹から強力な作品が出てこないという事実もあるだけに、
そのスキを縫うようにインディペンデント系が受賞したこの10年の歴史でもあります。

 

 

 

日本一早い最優秀作品賞予想!

 

さすがに東宝の作品賞4連覇は阻止しなきゃいけない気もしますが、
優秀作品賞は「君の膵臓をたべたい」と「関ヶ原」が受賞。

 

 

前者は社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録し、

後者は司馬遼太郎の傑作歴史小説を迫力ある映像で見せる力があっただけに、

最優秀受賞も最有力。

 

 

この10年以上最優秀から遠ざかっている東映の「花戦さ」はパンチ力がなかったし、
松竹の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は西田敏行頼みで原作の良さがなかった。
でも、角川の組織票で「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の大逆転はあるかもしれません。

 

 

「三度目の殺人」はフジテレビ資本でなければ鉄板なんですが、
日テレ以外のテレビ局がメインの作品は避けられやすい傾向にあることから、

 

 

最優秀作品賞は「関ヶ原」に決定!

 

 

 

sekigahara

 

 

 

日本一早い最優秀アニメーション予想!

 

 

こちらはフジテレビvs日本テレビ
元スタジオジブリvs新進気鋭のスタジオ

 

 

という対立構図もありますが、
ディズニーのスポンサードもある「メアリと魔女の花」がかなり有利。

 

 

海外で評判がいい湯浅政明監督作品の「夜は短し歩けよ乙女」が追いかけ、
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は話題性でどこまで追い上げるか?
ワーナージャパンの「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」と、
「名探偵コナン から紅の恋歌」はアカデミー賞に向けた作品作りしてないからね。

 

 

最優秀アニメーション作品賞は「メアリと魔女の花」に決定!
他にも秀逸なアニメはあるんですけどね。

 

 

 

メアリと魔女の花

 

 

 

日本一早い最優秀主演男優賞予想!

 

 

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」はギリギリのタイミングに公開。
少なからず日本アカデミー賞を意識してると思えるようなハリウッド的方程式。

日本アカデミー賞を狙ってきた感がありありと感じますが、
主演男優賞以外でも主演女優賞とか一本釣りしようとする意図がありそう。

 

 

しかも、内容的には会員ウケしそうな実話ベースですし、
ライバルも「あゝ、荒野 前編」の菅田将暉くらいしかいません。
作品賞の代わりに佐藤健が個人賞を受賞する機会が増えた松竹だけにチャンスは大!

 

 

しかし、ここは「永遠の0」以来となる「関ヶ原」の岡田准一でしょうか。
中年層にウケがいい「関ヶ原」優位は動かず、
ジャニーズエンターテイメントの目に見えない力には勝てない。

 

 

「探偵はBARにいる3」の大泉洋はシリーズ作品ゆえに前例が少なくて厳しいところ。
主演俳優がシリーズ3作目で最優秀というのはなかなか考えづらい。

 

 

結果的にシリーズとなった1作目で最優秀助演男優賞を受賞したケースとしては「ALWAYS三丁目の夕日」の堤真一、「踊る大捜査線」のいかりや長介、「学校」の田中邦衛くらいでしょうか。最優秀助演女優賞では「ALWAYS三丁目の夕日」の薬師丸ひろ子くらいで他は見当たりません。

 

 

 

「22年目の告白―私が殺人犯です―」の藤原竜也は蚊帳の外でお飾りかな。
最優秀主演男優賞は「関ヶ原」の岡田准一に決定!

 

 

 

日本一早い最優秀主演女優賞予想!

 

 

一昨年は「百円の恋」の安藤サクラが最優秀を受賞してどよめきましたが、
今年はインディペンデント系の「彼女がその名を知らない鳥たち」が圧倒的に強く、
賞レースで蒼井優の名前を見かけないことはないくらいなので、

 

 

いつもとは逆で新垣結衣、土屋太鳳、長澤まさみ、吉高由里子の名前が挙がったら、
「日本アカデミー賞もやっぱ変わらないなー」と呆れてしまいそうです。
どよめきがあるとしたら主演女優か助演女優くらいなので、
ここで再びどよめきたい。

 

 

最優秀主演女優賞は「彼女がその名を知らない鳥たち」の蒼井優に決定!

 

 

 

彼女がその名を知らない鳥たち

 

 

 

日本一早い最優秀助演男優賞予想!

 

 

優秀助演男優賞は役所広司が「関ヶ原」と「三度目の殺人」の2作品で受賞。
珍しいところでは松田龍平は「探偵はBARにいる」でシリーズ1作目から3作連続で受賞。
「武曲 MUKOKU」の村上虹郎が最優秀となれば最大のサプライズですが、

 

 

ここは順当に役所広司に最優秀助演男優賞に決定!
対象作品は存在感がハンパなかった「三度目の殺人」の方かな。

 

 

 

日本一早い最優秀助演女優賞予想!

 

 

毎年のように大混戦となるのがこの部門ですが、
今年もシリーズ作品から2名がエントリーしてきただけに、
最初から除外したとしても、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の尾野真千子は出番が少ない。

 

 

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の薬師丸ひろ子は普通のお母さん。
そう考えると役所広司と福山雅治に圧倒されて影が薄くなっちゃったけど、

 

 

「三度目の殺人」の広瀬すずが最優秀に決定!

 

 

 

third murder visual

 

 

 

日本一早い最優秀監督賞予想!

 

 

主な製作会社で振り分けてみたら、
作品賞=東宝、監督賞=その他という気がしないでもないのですが、
日本アカデミー賞会員数3,867名のうち、松竹は286名が所属。
(東宝は273名、東映は249名という僅差でしかない)

 

 

日活とKADOKAWAではKADOKAWAがやや有利?
そう考えると「ナミヤ雑貨店の奇蹟」にも思えてきますが、
廣木隆一監督の演出はこの作品には全然合ってなかったのが残念すぎたので、
「三度目の殺人」での身震いするゾクゾク感の方が素晴らしかった。

 

 

でも、やっぱり映画的な迫力で圧倒する戦国時代最大にして空前絶後の“関ヶ原の合戦”を再現してみせた映画マジックはこれぞスクリーンでこそのスケールとしか形容できない。

 

 

「関ヶ原」の原田眞人監督に決定!

 

 

 

新人俳優賞は決定!

 

 

浜辺美波「君の膵臓をたべたい」
北村匠海「君の膵臓をたべたい」
竹内涼真「帝一の國」
中条あやみ「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」

 

 

新人俳優賞には最優秀賞はないので、
受賞した4名でそのまま決まりとなるのですが、
竹内涼真の対象作品は昨年の「帝一の國」となってます。

 

 

でも、一昨年の「青空エール」以外は全部仮面ライダーやん。
俳優に“ハク“をつけたい気持ちの表れでしょうね。

 

 

中条あやみの「覆面系ノイズ」と浜辺美波の「咲」はそのまま黒歴史なのか!?

 

 

 

過去記事⇒覆面系ノイズ/あらすじと感想
過去記事⇒ナミヤ雑貨店の奇蹟/あらすじと感想
過去記事⇒三度目の殺人/あらすじと感想
過去記事⇒打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?/あらすじと感想

 

 

 

第41回日本アカデミー賞主要部門の優秀賞

 

 

■優秀作品賞

「君の膵臓をたべたい」
「三度目の殺人」
「関ヶ原」
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
「花戦さ」

 

 

 

■優秀アニメーション作品賞

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
「メアリと魔女の花」
「名探偵コナン から紅の恋歌」
「夜は短し歩けよ乙女」

 

 

 

■優秀監督賞

黒沢清「散歩する侵略者」(松竹/日活)
是枝裕和「三度目の殺人」(フジテレビ/アミューズ/GAGA)
篠原哲雄「花戦さ」(東映)
原田眞人「関ヶ原」(東宝)
廣木隆一「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(KADOKAWA/松竹)

 

 

 

■優秀主演男優賞

大泉洋「探偵はBARにいる3」
岡田准一「関ヶ原」
佐藤健「8年越しの花嫁 奇跡の実話」
菅田将暉「あゝ、荒野 前編」
藤原竜也「22年目の告白―私が殺人犯です―」

 

 

 

■優秀主演女優賞

蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」
新垣結衣「ミックス。」
土屋太鳳「8年越しの花嫁 奇跡の実話」
長澤まさみ「散歩する侵略者」
吉高由里子「ユリゴコロ」

 

 

 

■優秀助演男優賞

西田敏行「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
西村雅彦「家族はつらいよ2」
松田龍平「探偵はBARにいる3」
村上虹郎「武曲 MUKOKU」
役所広司「三度目の殺人」
役所広司「関ヶ原」

 

 

 

■優秀助演女優賞

尾野真千子「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
北川景子「探偵はBARにいる3」
夏川結衣「家族はつらいよ2」
広瀬すず「三度目の殺人」
薬師丸ひろ子「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

 

 

 

■新人俳優賞

中条あやみ「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」
浜辺美波「君の膵臓をたべたい」
北村匠海「君の膵臓をたべたい」
竹内涼真「帝一の國」

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

管理者プロフィール

HIRO


興行ウォッチャーHIRO

映画の興行成績を分析しながらヒットの傾向を探るのが好きな粉もん大好き関西人。マイナーな邦画をこよなく愛し、ラブストーリーからホラーまでジャンルを問わずレビューしてます。

もっと詳しく

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
ソーシャル
人気の投稿
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
スポンサードリンク
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク
タグ
プライバシーポリシー
お問い合わせ

ページの先頭へ