スポンサードリンク

Mr.Childrenの新曲「himawari」が7月28日公開の映画「君の膵臓をたべたい」主題歌に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

2016年の本屋大賞で第2位となった住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した「君の膵臓をたべたい」は“キミスイ”と略される現象を巻き起こすほどの話題作ですが、主題歌がMr.Childrenの新曲「himawari」に決定しました!

 

 

Mr.Childrenの新曲「himawari」が映画主題歌に!

 

 

当ブログの過去記事⇒映画「君の膵臓をたべたい」の特報!
当ブログの過去記事⇒「君の膵臓をたべたい」実写映画化決定!

 

 

 

himawari

 

 

 

“僕”(北村匠海)は高校時代のクラスメイトで、
膵臓に重篤な病がある山内桜良(浜辺美波)が記録していた闘病日記を偶然見つけたことがきっかけとなって、
桜良とともに同じ時間を過ごすようになるんだけど、

 

 

そんな青春の日々は桜良の死によって突然終わりを迎えてしまう…という、
切なくて儚くて美しいラブストーリー。

 

 

12年の歳月が流れて高校教師となった“僕”は今、何を思うのか?
どのようにして彼女と過ごしたかけがえのない時間を振り返るのか?

 

 

そんな心境を歌で表現するとしたら…というところで、
Mr.Childrenの主題歌が実現したとか。

 

 

 

kimisui movie

 

 

映画「君の膵臓をたべたい」コメント

 

 

桜井和寿(Mr.Children)コメント
この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ、それらを包み込みながらも、更に拡がりを持って押し出していける、そんな音を探して探して、やっとのこと辿り着いた曲は、自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。
この映画に、物語に感謝です。

 

住野よる(原作者)コメント
自分や自分の書いたお話が Mr.Children さんと関わる日が来るなんて思ってもみませんでした。映画にとって主題歌はもの凄く大事なものだと思います。たとえば映画に対する評価をひっくり返してしまうような重要性を持っているものではないかと。そんな主題歌に、今回 Mr.Children さんが映画全体を包み込むようなスケールの楽曲を提供してくださったこと、本当に「君の膵臓をたべたい」は幸せだなと思っています。楽曲のタイトルが「himawari」、桜良(さくら)をヒロインとしたこのお話の主題歌に夏の花のタイトルがついていたことに想像を悠々と超えられた感覚があったのですが、それ以上に、桜が散ってもその先に足を踏み出さなくてはならない、主人公やこの映画を観た全ての人にとってとても重要な曲になると感じています。

 

 

 

映画「君の膵臓をたべたい」作品概要

 

 

公開日:7月28日(金)
原作:住野よる「君の膵臓をたべたい」
監督:月川翔
脚本:吉田智子

主題歌:Mr.Children「himawari」
音楽:松谷卓
出演者:
浜辺美波/北村匠海
大友花恋
矢本悠馬
桜田通
森下大地
北川景子
小栗旬

 

 

 

HIRO
公開が近づくにつれてどんどん新たな情報が出てくるだけに楽しみで待ち遠しいです。

 

 

 

映画「君の膵臓をたべたい」最新予告篇

 

 

 

映画「君の膵臓をたべたい」最新予告篇

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。