スポンサードリンク

全米映画ランキングはオプティマスの裏切り!(6月23日~25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

先週末の全米映画ランキングは期待された「トランスフォーマー/最後の騎士王」が初登場1位を飾るもシリーズ過去最低のオープニングにガッカリ感が大きく、「カーズ」は早くも1億ドルが目前!

 

  • トランスフォーマー/最後の騎士王
  • Cars 3(カーズ/クロスロード)
  • Wonder Woman(ワンダーウーマン)
  • 47 Meters Down(海底47m)
  • All Eyez on Me(原題)

 

 

全米映画ランキングはオプティマスの裏切り!

 

 

「トランスフォーマー/最後の騎士王」が初登場1位。

 

 

順当な結果なんですが、
オープニング興行収入はシリーズ過去最低の4,530万ドル。
2014年公開の前作「トランスフォーマー/ロストエイジ」が1億ドルですから、

 

 

まさかの半分以下!

 

 

Transformers-5-The-Last-Knight

 

 

トランスフォーマーのオープニング興行収入ランキング

 

 

トランスフォーマー/リベンジ(2009年/1億800万ドル)
トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年/1億ドル)
トランスフォーマー/ダークサイドムーン(2011年/9,780万ドル)
トランスフォーマー(2007年/7,050万ドル)
トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年/4,530万ドル)

 

 

最終成績は2作目のリベンジで4億ドルになりますが、
オープニングが良かったロストエイジは2週目で-63.0%のダウンを記録。
最終的には2億4,500万ドルに止まりました。

 

 

ダークサイドムーンの3億5,200万ドルから1億ドル以上のダウン。
最後の騎士王はまた1億ドル近く落ち込みそうな気が…

 

 

金曜日ではなく水曜日公開だったので、
公開から5日間の累計興行収入では6,900万ドルでした。

 

 

2位は「カーズ/クロスロード」が1ランクダウン。

 

 

前週から-53.1%落として2,510万ドル。
累計興行収入は9,988万ドルで1億ドル目前ですが、
ピクサーは確実に1億ドルを超えますね。

 

 

前作の最終興行収入1億9,000万ドルを超えるのは厳しいですが、
ブライアン・フィーの監督デビュー作としてはノルマ達成といったところ。
さすがに前2作や「トイストーリー」のジョン・ラセター監督を超えるのは至難の業。

 

 

日本だけ「3」を取り払って「クロスロード」にしたのはなぜなんだろ?
他と違って続編であることをもっと強調してもいいくらい、
世代交代に待ったをかけるべく奮起するベテランの姿がいいのにな。

 

 

 

イツナロウバ(It's not over)ってところがね。

 

 

 

カーズ/クロスロード

 

 

「ワンダーウーマン」が3位。

 

 

あまり落ち込みのないままに数字がどんどん伸びてきて、
気がつけばDCエクステンデッドユニバース史上3位となりました。
でも、上位作品との差はわずか。

 

 

このまま推移すれば「バットマンvsスーパーマン」を抜いて、
トップに立つことはほぼ確実でしょう。

 

 

アクションヒロインとしてはスターウォーズの近2作、
ハンガーゲームの3作に次ぐ6位で、

 

 

スーパーヒーローの起源を描いた作品としても6位。
こちらはすぐにでも「スーサイド・スクワッド」を抜いて4位までいきそう。

 

 

女性が監督した作品としては歴代1位の興行収入を記録したことで、
パティ・ジェンキンス監督は今最も注目される映画人です。

 

 

 

ワンダーウーマン

 

 

4位以下は一気に数字が落ちて、
「海底47m」で740万ドル、
「All Eyez on Me」で580万ドルという残念な成績。

 

 

昨年夏の「ロストバケーション」再び、
今度は浅瀬から海底に舞台を移したシャークパニックムービーです。

 

 

 

47 METERS DOWN

 

 

全米映画ランキング6位以下は…

 

 

6位:The Mummy(ザ・マミー/呪われた砂漠の王女)
7位:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
8位:Rough Night(原題)
9位:Captain Underpants: The First Epic(原題)
10位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

 

 

上位と同じく6位以下も安泰ですが、
注目したいのは17位に初登場した「The Big Sick」です。

 

 

わずか5館での限定公開ですが、
1館あたりのアベレージは8万7,000ドル。
7月14日の拡大公開に向けて大きな弾みがつきました。

 

 

両親が保守的なムスリム(イスラム教の教徒)のために、
息子がアメリカ人女性と恋愛することに猛反対。

 

 

ある日、突然彼女が謎の病に倒れたことで闘病生活が始まるが、
宗教や文化の違いを乗り越えながら二人は成長していくという、
クメイル・ナンジアニとゾーイ・カザン共演のロマンティックコメディ。

 

 

クメイル・ナンジアニはパキスタン出身のコメディアンなんですが、
彼自身がアメリカ人の大学院生と恋に落ちた体験談に基づく実話なんです。

 

 

監督は「ドリスの恋愛妄想適齢期」のマイケル・ショウォルター。
サンダンス映画祭で話題となり、
サウス・バイ・サウスウエスト映画祭では観客賞を受賞。
Rotten Tomatoesでも97%という高評価。

 

 

 

The Big Sick

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

Despicable Me 3

 

パっとタイトルを見ただけでは分かりませんが、
「怪盗グルーの月泥棒」と言われても、まだ浮かばないかもしれません。

 

 

シリーズ第2作の邦題が「怪盗グルーのミニオン危機一発」です。
ここでようやくタイトルにミニオンを入れてきました。

 

 

「Despicable Me 3」はシリーズ第3作で、
邦題は「怪盗グルーのミニオン大脱走」になりましたが、
日本では「ミニオンズ」というスピンオフだけが異常に大ヒットしました。

 

 

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は異常人気した後の最初の作品となるだけに、
主人公の声を務める笑福亭鶴瓶も笑っていられないでしょう。

 

 

「ペット」や「シング」でお馴染みのイルミネーションスタジオ製作。

 

 

ちなみに、これらの作品も続編の公開がすでに決定していて、
「ミニオンズ」は「ミニオンズ アルバイト大作戦」という邦題で2020年7月6日公開

 

 

「シング」は2020年12月25日公開予定(タイトル未定)
「ペット」は2019年7月3日公開予定(タイトル未定)

 

 

来年にも「How the Grinch Stole Christmas」という新作が公開予定なので、
まだまだイルミネーションスタジオから目が離せません。

 

 

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は4,350館以上で公開予定。
これで今週末のランキングで1位になれはなかったら、
それこそ異常事態でみんなが大暴れするかな。

 

Despicable Me 3

 

 

Baby Driver

 

 

2004年公開の「ショーン・オブ・ザ・デッド」
2007年公開の「ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!」
2013年公開の「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う」

 

 

…といえばエドガー・ライト監督作品ですが、
最新作はロッケンロールカーチェイスムービーと称されるロマンティックアクション。

 

 

 

音楽さえあれば犯罪者の逃走を手助けする凄腕ドライバーがある日、
運命の恋に落ちたことでそんな裏稼業から足を洗おうとするが、

 

 

交換条件として冷酷なボスに依頼された最後の仕事は…
失敗する確率が高い強盗の手伝いだった。

 

 

アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ主演、
ボス役にはケヴィン・スペイシーですが、
なんたってエドガー・ライト監督作品だけに、

 

 

おもしろくないわけがない!

 

 

 

Baby Driver

 

 

The House

 

 

娘を大学に行かせる費用を稼ぐために自宅地下を改修して、
闇カジノを運営する両親の奮闘ぶりを描いたアメリカ的コメディ。

 

 

ウィル・フェレルとエイミー・ポーラーが夫婦を演じます。

アンドリュー・J・コーエン監督作品。

 

 

 

The House

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。