スポンサードリンク

全米映画ランキングは帰ってきたアウトローなトム・クルーズ(10月21日~23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

10月21日~23日の全米興行収入ランキングはベストテンに新作4本がランクイン。トップに立ったのは日本ではほとんどなじみがないけど、アメリカでは超人気のタイラー・ペリー監督出演作「Tyler Perry's Boo! A Madea Halloween」でした。気になるトム・クルーズの新作は…

 

全米興行収入ランキング10月21日~23日

 

  • Tyler Perry's Boo! A Madea Halloween
  • ジャック・リーチャー Never Go Back
  • Ouija: Origin of Evil
  • ザ・コンサルタント
  • ガール・オン・ザ・トレイン

 

(全米BOX OFFICEより)

 

 

タイラー・ペリーのコメディが初登場首位

 

 

日本ではほとんどなじみがない監督ですが、
それもそのはず。

 

 
日本で公開された作品はありません。

 

 
製作総指揮を務めた「プレシャス」くらいでしょうか。
他は脇役で出演した「スタートレック」と「ゴーオンガール」かな。

 

 
しかし、アメリカの黒人女性層からの支持がすごいんです。

 

 
タイラー・ペリーが監督として扱うのは黒人文化や黒人社会の問題をテーマにしたものがほとんどで、

 
その中でも本人が女装して演じる黒人女性のMadea(マディアおばさん)が主人公のシリーズはアメリカでは大人気。

 
今回はその一連の作品の新作で、
ハロウィンの時期に合わせたコメディホラーなのですが、

 
ホラー映画のパロディが満載。

 
2260館で公開されて2850万ドルを記録しました。

 
アメリカ人ってこういうホラー映画のパロディ大好きですよね。
「Scary Movie」(最終絶叫計画など)シリーズは日本では全然ウケないけど…

 

 

 

boo

 

 

アウトローなトム・クルーズ及ばず

 

 

「ジャック・リーチャー Never Go Back」は2位スタート。

 

 

 
2012年に公開された「アウトロー」の続編ですが、
前作のオープニング興行収入1520万ドルを大きく上回る2280万ドルを記録しました。

 

 

 
ま、ただ、前作でも初登場2位だったのですが、
何気に予告篇の内容も前作以上に面白そうな予感がするだけに、

 

 

 
トム・クルーズのアウトローっぷりが楽しみ。

 

 

監督は「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック。
1億ドルを突破したこの作品に次ぐオープニング興行収入なので、
興行的にもかなり数字を伸ばしてきそうな感じ。
新作の中では最大規模となる3780館で公開されました。

 

 

 
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 予告篇 トム・クルーズ主演

 

 

「呪い襲い殺す」のプリクエル「Ouija: Origin of Evil」が初登場3位。
意味的には「悪の起源」って感じ?

 

 

 
3168館で公開されて1400万ドルのオープニング興行収入。
前作「Ouija」が1,980万ドルですから、
上映館数は増えたのにオープニング興行収入は下がりました。

 

 

 
批評家の評判は前作よりもいいんですけどね。
意外なことに、マイケル・ベイがプロデューサーを務めてます。

 

 

 
監督はこれが長編2作目となる「オキュラス 怨霊鏡」のマイク・フラナガン。
何でもかんでも「怨念」とか「呪怨」みたいなサブタイトルつけちゃうのは日本らしい。

 

 

ouija

 

 
「ザ・コンサルタント」が3本の新作に追い抜かれた4位。
1,400万ドルを上積みし、10日間の累計興行収入は4,700万ドルとなりました。

 

 

 
5位も同じく順位を落とした「ガール・オン・ザ・トレイン」で、
730万ドル上積みして、17日間の累計興行収入は5,800万ドルまで伸ばしてきました。

 

 

 
先週末に公開されたもう1本の新作「Keeping Up with the Joneses」は540万ドルとふるわず7位。
3022館という規模でこの数字はさすがに厳しい。
監督は「宇宙人ポール」がプチヒットとなったグレッグ・モットーラ。

 

 
ティム・バートン監督作品の「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」は6位。
4週目で累計興行収入7,400万ドルまで到達。

 

 

 
「マグニフィセント・セブン」は5週目で圏外の11位。
「ハドソン川の奇跡」は7週目にして圏外の13位となりました。

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

今週末はなんといっても「インフェルノ」でしょう。

 

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%8e

 

 
宗教学者ロバート・ラングドン教授の活躍を描いたサスペンスで、
「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」の続編。

 
主演はもちろんトム・ハンクスで、
監督も同じくロン・ハワード。

 

 

「ダ・ヴィンチ・コード」のオープニング興行収入は7,700万ドルで、
最終興行収入は2億5,000万ドル。

 
「天使と悪魔」のオープニング興行収入は4,600万ドルで、
最終興行収入は1億3,300万ドル。

 

2作目で約半分近く下回ったのは気になるところですが、
今週末の新作はこの1本のみ。

 

 

 
3,400館で公開されることを考えても。
久しぶりに4,000万ドルを超えるようなオープニングに期待します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。