スポンサードリンク

全米映画ランキングは銀河を守るヤツらが大暴れ!(5月5日~7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

5月5日~7日の全米映画ランキングはマーベルの最新作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」が問答無用の大差でボックスオフィスを制圧。TOP10にランクインした作品の興行収入合計の7割以上がGoG2という異常事態に…

 

  • Guardians of the Galaxy Vol. 2(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス)
  • The Fate of the Furious(ワイルドスピード ICE BREAK)
  • The Boss Baby(原題)
  • How to be a Latin Lover(原題)
  • Beauty and the Beast(美女と野獣)

 

 

全米映画ランキングは銀河を守るヤツらが大暴れ!

 

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」が初登場1位

 

 

やってきました!
ヤツらがノリで銀河に帰ってきました。
オープニング興行収入1億4,500万ドルという記録を引っ提げて…。

 

 

これは2014年8月に公開された前作のオープニング9,400万ドルを大きく超え、

 

 

5月公開の作品としては歴代6位
夏公開の作品としては歴代10位

 

 

マーベルシネマティックユニヴァース史上10位の記録で、
このまま推移すれば4億ドルの少し手前までは手が届きそうです。

 

 

4,347館で公開されて1館あたりのアベレージは33,368ドル。
しばらくは安泰ですね。

 

 

 

Guardians_Of_The_Galaxy_Vol_2_Official_Poster

 

 

「ワイルドスピード ICE BREAK」が2位に陥落

 

 

気持ちいいくらいに毎週毎週50%ずつ落ちていく作品で、
4週目でついに850万ドルまで落ちて、
あとはもうどんどんどんどん追い抜かれていく一方。

 

 

累計興行収入は2億ドルを超えましたし、
全世界興行収入ランキングも歴代13位となる11億ドルに到達したので、
とりあえずは歴代12位の「ミニオンズ」を交わしたところでフィニッシュか!

 

 

それにしても海外の興行収入が全体の82.1%というのは驚異的。
TOP100で80%を超える作品は2本だけなんですよね。

 

 

2012年公開の歴代49位「アイスエイジ4/パイレーツ大冒険」の81.6%ですが、
残念ながら、この作品は日本未公開のDVDスルーとなりました。
その次となると酷評だったローランド・エメリッヒ監督の「2012」の78.4%です。

 

 

  • ワイルドスピード SKY MISSIONで76.7%
  • ワイルドスピード EURO MISSIONで69.7%

 

 

ワイルドスピードICE BREAK予告篇

 

 

 

「The Boss Baby」は6週目ながら3位に浮上

 

 

1,000万ドルを割るレベルでの戦いなら、
すでに累計で1億5,000万ドルを超えてるような作品はなかなか渋太い。
そう簡単にはリング外に引きずり落とされることはない。

 

 

 

boss baby

 

 

「美女と野獣」も5位に浮上

 

 

前週比-27.6%で490万ドルしか稼いでいないのですが、
このレベルではまだまだランクインできそう。

 

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に一極集中。
2位以下は1,000万ドルを割るという異常事態なだけに、
余計に目立ってしまうのが…

 

 

 

全米映画ランキング6位以下は…

 

 

6位:The Circle(原題)
7位:Baahubali 2: The Conclusion(原題)
8位:Gifted(原題)
9位:Going in Style(ジーサンズ はじめての強盗)
10位:Smurfs: The Lost Village(スマーフ:ロストビレッジ)

 

 

 

「The Circle」の惨敗ぶりが際立ちます。

 

 

順位こそ6位だけど、たったの400万ドルしか記録しなくて、
累計興行収入でも2週目なのにまだ1,500万ドル。
Rotten Tomatoesでもわずか16%の評価。

 

 

主演はエマ・ワトソンという扱いだけど、
1,000館以上の規模で公開された彼女の出演作の中ではダントツのワースト1位。

 

 

ダーレン・アロノフスキー監督の「ノア 約束の舟」は主演扱いではないけど、
最終興行収入は1億ドルを突破してますし、

 

 

745館の「ウォールフラワー」で最終興行収入は1,770万ドル。
630館の「マリリン 7日間の恋」で最終興行収入は1,460万ドル。

 

 

「The Circle」は「ノア 約束の舟」より少し少ない3,163館でのものなので、
同じランキングにエマ・ワトソン主演作として、

 

 

5位:「美女と野獣」
6位:「The Circle」

 

 

と並んでるのは気の毒でなりません。
作品としてはSNS時代の個人情報管理社会を描いてるだけに、
かなり現代的で面白そうなスリラーですけどね。

 

 

 

The Circle

 

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

King Arthur:Legend of the Sword

 

 

「アーサー王物語」を基にした新たな物語で、
選ばれし者だけに与えられる伝説の聖剣“エクスカリバー”を手にした青年アーサーがスラム街を抜け出し、
王国に君臨する暴君ヴォーティガンから王座を奪うというソードアクション。

 

 

青年アーサーを演じるのは「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナム、
暴君ヴォーティガンを演じるのは「シャーロック・ホームズ」のジュード・ロウ、
「シャーロックホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督作品。

 

 

 

余談ですが…
ガイ・リッチー監督の「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」は超オススメ!

 

 

もう一つ余談ですが…

 

 

当初発表された邦題は「キング・アーサー 聖剣無双」でしたが、
大人の事情で「聖剣無双」の4文字がカットされ、
「キング・アーサー」に決まりました。

 

 

「聖剣伝説」シリーズの新作?
「無双」シリーズの新作?
あるいは「聖剣伝説」と「無双」のコラボ?

 

 

そんな勘違いを招いたせいでネット上ではたちまち炎上騒動になりまして、
Twitterのトレンドに「聖剣伝説」が上がったことがキッカケ。
日本公開は6月。

 

 

 

King Arthur:Legend of the Sword

 

 

 

Snatched

 

 

エキゾチックな休暇の前夜に突然彼にフラれたエミリー、
仕方なく口やかましい母親のリンダを連れて楽園に行くことにするが、
その先々で予期せぬトラブルに見舞われるというコメディー。

 

 

ゴールディ・ホーンとエイミー・シューマー共演。
「ウォーム・ボディーズ」のジョナサン・レヴィン監督作品。

 

 

 

Snatched

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。