スポンサードリンク

全米映画興行収入ランキング11月25日~27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

初登場の作品が意外に冴えなかった先週末のランキングですが、そんな中で1位の「モアナと伝説の海」だけは飛び抜けてました。スタジオ別のランキングでも今年はディズニーがぶっちぎりで1位になりそうですが…

 

 

  • モアナと伝説の海
  • ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
  • ドクター・ストレンジ
  • マリアンヌ
  • メッセージ

 

 

感謝祭はディズニーが制す!

 

 

「モアナと伝説の海」が初登場1位。
3,175館で5,500万ドルというオープニング興収はここ最近の、

 

 

「ドクターストレンジ」の8,500万ドル
「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の7,400万ドル

 

 

と比較すると劣りますが、
感謝祭の週末に公開されたディズニー作品との比較なら、

 

「塔の上のラプンツェル」を上回ってるだけに、
2億ドルを超えるくらいのラインでスタートを切ったから十分大ヒット。

 

 

ちなみに、感謝祭の5日間のオープニング興収では歴代2位なんですが、
歴代1位は「アナと雪の女王」の9,300万ドルになります。

 

 

 

歴代1位から6位まではディズニーが独占。

 

 

 

 

ディズニー、恐るべし。

 

 

日本ではまったく無名ながら、
2017年3月10日に公開が決まってます。

 

 

モアナと伝説の海

 

 

 

2週目の「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」が2位。

 

 

順位を落としたといっても4,500万ドルを記録していて、
余裕で累計1億5,000万ドルを突破してきました。

 

日本でも先週末爆発してますが、
世界中で“ファンビ”ブームが巻き起こってます。

 

 

fantastic-beasts-and-where-to-find-them

 

 

「ドクターストレンジ」もワンランクダウンの3位。

 

 

しかし、こちらも1,300万ドル上乗せして、
3週目にして早くも累計2億ドル突破。

 

 

ブラッド・ピット主演の「マリアンヌ」が初登場4位。

 

 

1,300万ドルというのはブラピ史上あまり記憶にないくらい悪いオープニング。
かなり過去にさかのぼって、

 

 

  • ファイトクラブ(オープニング1,100万ドル/最終3,700万ドル)
  • セブン・イヤーズ・イン・チベット(オープニング1,000万ドル/最終3,700万ドル)
  • ジョーブラックをよろしく(オープニング1,500万ドル/最終4,400万ドル)
  • デビル(オープニング1,400万ドル/最終4,200万ドル)

 

 

主演ではない「悪の法則」はもっと悪いですが…
(オープニング780万ドル/最終1,600万ドル)

 

 

3,160館という公開規模はほぼいつも通りなだけに、
今回の落ち込みぶりは何か要因がありそうです。

 

アンジーとの離婚調停か!?
それとも、前作がコケたロバート・ゼメキス監督が足を引っ張ったか?

 

製作費8,500万ドルの回収すら難しい状況ですが、
2017年6月全米公開予定の主演最新作「World War Z 2」に期待しましょう。

 

 

 

 

6位以下は…

 

 

6位:Trolls(原題)
7位:Almost Christmas(原題)
8位:Bad Santa 2(原題)
9位:Hacksaw Ridge(原題)
10位:The Edge of Seventeen(原題)

 

 

「Bad Santa 2」は初登場8位。

 

2003年公開の前作のオープニングと比較して約半分の610万ドル。
さすがに10年以上経過して、
いきなりの続編公開というのは厳しいか。

 

サンタといってもクリスマスで伸びるという作品でもないし、
日本をはじめ、海外でヒットするタイプでもない。

 

残念ながら日本ではDVDスルーが濃厚になっちゃったかな。

 

 

Bad Santa 2

 

 

他には「Rules Don't Apply」が2,382館で初登場12位。
今年ワイドな規模で公開された作品のオープニングとしてはワースト1位です。
往年の名スターであるウォーレン・ビーティーの18年ぶりの監督作というのに目も当てられない。

 

 

 

圏外にさようなら~

 

 

9位→16位:ザ・コンサルタント
8位→17位:Bleed for This(原題)
10位→22位:Shut In(原題)

 

 

いずれも落ち込み方がハンパない。

 

2週目の「Bleed for This」はアメリカ人が大好きそうなボクシングの実録ものだけに、
累計420万ドルというのはとても信じられません。

 

もっと粘り強い興行になるかと思いましたが、
これでは累計で1,000万ドルにも届かないかもしれません。

 

 

 

 

「Shut In」は極端に上映館数が減ったことが要因でしょうね。
1,729館で打ち切られて277館になりましたからね。

 

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

 

大規模で公開となるのは「Incarnate」1本のみ。

 

 

「カリフォルニア・ダウン(原題:San Andreas)」
「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(原題:Journey 2: The Mysterious Island)」
「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争(原題:Cats & Dogs: The Revenge of Kitty Galore)」

 

 

の3本を手がけたブラッド・ペイトン監督のホラーなんですが、
たった3本のキャリアとはいえ、
興行収入のアベレージは1億ドルという驚異的な数字。

 

日本での実績が全然ないけど、
ハリウッドでの爆発力は底知れません。

 

たったの1,500館前後ですから、
さすがに上位作品を脅かすまでには至らないでしょうね。

 

 

「インシディアス」のプロデューサーが製作するだけに、
怖い映画になることは保証済み。

 

 

 

Incarnate.

 

 

他では限定公開ながら、
ナタリー・ポートマン主演の「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」が話題。

 

今年出演した3本はいずれも小規模な公開でしたが、
今回は「ブラックスワン」で彼女にオスカーをもたらしたダーレン・アロノフスキー監督最新作。
否応なく期待が高まります。

 

 

日本では2017年春公開なので、
明らかにアカデミー賞の発表を意識してますね。

 

 

ジャッキー

ナタリー・ポートマン主演最新作は「ブラックスワン」のダーレン・アロノフスキー監督最新作

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。