スポンサードリンク

全米映画興行収入ランキング12月16日~18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

「ローグ・ワン」が順調なスタートを切る中で、主演作の平均興行収入が1億ドルを超えるウィル・スミスの最新作がまさかの自身ワーストとなるオープニング記録。一方、賞レースの駆け込みで限定公開が続々と…

 

 

  • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
  • モアナと伝説の海
  • Office Christmas Party(原題)
  • 素晴らしきかな、人生
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

 

 

 

「ローグ・ワン」圧勝!

 

 

 

「ローグ・ワン」の初登場1位は予想通りといえば予想通りなんだけど、
当然あるべきポジションなので驚きもありません。

 

 

ただ、4,157館という大規模で公開されながら、
オープニング興収1億5500万ドルというのは物足りない。

 

 

 

この数字は今年公開作品の中で第3位。

 

 

 

1位:キャプテン・アメリカ シビル・ウォー/1億7900万ドル
2位:バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生/1億6600万ドル

 

 

昨年の同時期に公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のオープニング興収が2億4700万ドルで歴代1位を記録したことを考えると、
最終的には5億ドルに届くかどうかといったあたりか。

 

 

ま、でも、「エピソード3/シスの復讐」の1億ドルを超えて、
スターウォーズ史上2位のオープニングでした。

 

 

2017年12月15日公開の「エピソード8」に記録更新を期待しましょう。

 

 

物語的にはエピソード4の直前まで描かれているので、
強いていえば「エピソード3.9」的な時間軸。

 

 

 

Rogue One A Star Wars Story

 

 

「モアナと伝説の海」が首位陥落。

 

 

ゆるやかに数字を落としながら先週末は1,270万ドル。
累計で1億6200万ドルを超えてきました。

 

 

3位は850万ドルで「Office Christmas Party」が1ランクダウン。

 

 

 

「素晴らしきかな、人生」が初登場4位。

 

 

3,028館で公開されながら、
710万ドルというオープニング興収は全然すばらしくない。
主演のウィル・スミスにとっても最悪の人生。

 

 

全国規模の公開で過去最低のオープニングは2015年の「コンカッション」でしたが、
それでもギリギリ1,000万ドルを割ることなく1,050万ドルでした。

 

 

今回はついに…とうとう!

 

 

 

ウィル・スミス史上ワーストの不名誉な記録。

 

 

 

アンビリーバボーです。

 

 

監督は「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル。
ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレンという共演陣も申し分ないのですが、
批評家の評価も厳しい。

 

 

 

素晴らしきかな、人生

 

 

 

5位の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は5週目で累計2億ドル突破。

 

 

週末ごとに約半分の落ち幅だけど、
まだまだランクインは続きそうな気がします。

 

 

 

6位以下は…

 

 

 

6位:Manchester by the Sea(原題)
7位:ラ・ラ・ランド
8位:メッセージ
9位:ドクター・ストレンジ
10位:Nocturnal Animals(原題)

 

 

ほぼ横ばいですが、
拡大公開した2本が数字を上げてきました。

 

 

「ラ・ラ・ランド」の公開規模が5館から200館に増えたことで、

 

 

1館あたりのアベレージ17万ドルという歴代1位の記録から、

 

先週末は1館あたり2万ドルに下がりました。

 

 

それでも十分すごいんだけど、
先週末のアベレージ1位は「ローグ・ワン」の3万7,000ドルでした。

 

 

「Manchester by the Sea」も1,206館に拡大。
賞レースのフロントランナーは強い。

 

 

25位に初登場の「Fences(原題)」も賞レースを賑わせていて、

1館あたりのアベレージは3万2,000ドルなんです。

 

デンゼルワシントン監督主演の意欲作。
今週末から拡大公開になるので要チェックです。

 

 

 

Fences

 

 

 

 

圏外にさようなら~

 

 

 

9位→11位:Trolls(原題)
6位→12位:マリアンヌ
10位→13位:Hacksaw Ridge(原題)

 

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

 

クリスマス週末となる今週末は全国規模の新作が4本。

 

 

最大規模の4,000館以上で公開される「SING シング」はマシュー・マコノヒーやリース・ウィザースプーンが吹き替えをするイルミネーション×ユニバーサルのミュージカルアニメ。

 

 

 

SING

 

 

「アサシン・クリード」はゲームが原作で、
2,902館で公開予定のマイケル・ファスベンダー主演のアクション大作。

 

 

 

アサシンクリード

 

 

「パッセンジャーズ」はジェニファー・ローレンスとクリス・プラット主演のSFアドベンチャーで3,478館で公開予定。
監督は「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」でアカデミー賞作品賞や監督賞にノミネートされたノルウェーのモルテン・ティルドゥム。

 

 

Passengers

 

 

ジェームズ・フランコ主演の「Why Him?」は2,800館で公開予定のファミリーコメディ。

 

 

 

Why Him

 

 

 

 

限定公開の注目作品

 

 

巨匠マーティン・スコセッシ監督が日本人キャストも起用した話題作「沈黙 サイレンス」が賞レースを狙っての4館限定公開。

 

 

「トーク・トゥ・ハー」や 「ボルベール〈帰郷〉」で知られ、

「オール・アバウト・マイ・マザー」ではアカデミー賞外国語映画賞を受賞したスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督のドラマ「ジュリエッタ」が限定公開。

 

 

「インポンッシブル」や「永遠のこどもたち」で知られるスペイン人のフアン・アントニオ・バヨナ監督のファンタジー「A Monster Calls」も4館で限定公開。

 

 

 

A Monster Calls

 

 

 

「Patriot’s Day(原題)」は2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件を描いたスリラー。
爆弾テロ事件後の犯人捜査に当たった実在のFBI特別捜査官リチャード・デラウライヤーをケヴィン・ベーコンが演じるほか、

 

 

マーク・ウォールバーグ、ジョン・グッドマン、ミシェル・モナハン、メリッサ・ブノワ、J・K・シモンズが出演。

 

 

「ベリー・バッド・ウェディング」のピーター・バーグ監督作品だけに早く見たい。
とりあえずは7館で限定公開。

 

 

 

Patriots Day

 

 

賞レースの参加条件を満たすための駆け込み限定公開が続々と出てきました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。