スポンサードリンク

全米映画興行収入ランキング12月9日~11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

アカデミー賞を獲るためにとりあえずの限定公開からの拡大公開が目立つ12月興行。興行的にはイマイチ盛り上がりませんが、年内はあと3週、イベントムービーとして、いよいよあの星戦争番外編が…

 

 

「モアナと伝説の海」が3週連続首位!

 

 

  • モアナと伝説の海
  • Office Christmas Party(原題)
  • ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
  • メッセージ
  • ドクター・ストレンジ

 

 

下がり幅を前週比-33.4%に止めることができて、
週末に1,880万ドルを記録した「モアナと伝説の海」が首位キープ。

 

 

一方、「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」は-40.5%落として3位。
1,000万ドルの上積みがあって累計2億ドルに手が届くところにきました。

 

 

「Office Christmas Party」が初登場2位。
主演のジェニファー・アニストンはコメディが定着してきたかな。
3,210館で1,750万ドルなら物足りないですが…。

 

 

 

Office-Christmas-Party

 

 

4位の「メッセージ」で560万ドル。

予想を遥かに上回る累計8,140万ドルを記録。

 

 

 

メッセージ

 

以下、10位の「Hacksaw Ridge」で230万ドルだから、
上位作品が引っ張るだけの力はなさそう。

 

 

 

6位以下は…

 

 

 

6位:マリアンヌ
7位:Nocturnal Animals(原題)
8位:Manchester by the Sea(原題)
9位:Trolls(原題)
10位:Hacksaw Ridge(原題)

 

 

 

7位の「Nocturnal Animals」は11月18日からの限定公開なので、
すでに4週目ですが、

 

オープニングは37館で興収49万ドルからスタートし、
18位→18位→16位→7位と推移。

 

先週末の127館から1,262館に拡大公開でTOP10にランクインしました。
それでも興行収入は310万ドル。

 

原題カタカナなら「ノクターナル・アニマルズ」になるかな。
「シングルマン」のトム・フォード監督作品。

 

主演は「アメリカン・ハッスル」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたエイミー・アダムス。
4位の「メッセージ」にも主演してます。

 

 

 

Nocturnal-Animals

 

 

 

「Manchester by the Sea」も実は11月18日に限定公開され、
4週目で8位にランクインしてきました。

 

21位→13位→11位→8位という推移。
でも、こちらは上映館数はたったの366館なんで、

 

1館あたりのアベレージは「Nocturnal Animals」の約2,500ドルより、
「Manchester by the Sea」の約8,600ドルの方が上で、

 

 

TOP10の中では最上位になるんです。

 

 

「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレック主演。

 

 

国内外のいくつかの賞を受賞したので、
いよいよ本気でアカデミー賞を狙いにきた感じかな。

 

 

今週末から1,200館に拡大公開となります。

 

 

 

 

Manchester-by-the-Sea

 

 

 

限定公開で「La La Land」が初登場15位。

 

 

こちらもアカデミー賞狙いだけど、

1館あたりのアベレージでは17万ドルとダントツでトップなんですよね。

 

 

たったの5館で公開され、興収85万ドル。

 

 

 

La La Land

 

 

1,648館に拡大公開の「Miss Sloane」は11位でランクインならず。

興収190万ドルではさすがに蚊帳の外ですね。

 

 

Miss Sloane

 

 

6週目の「Trolls」は累計で1億4,500万ドル。
これは3週目の「モアナと伝説の海」の累計とほぼ同じ数字です。

 

 

 

オスカーの対象になるには?

アカデミー賞は原則として前年の1年間にノミネート条件を満たした映画作品が受賞対象として扱われます。

 

 

 

ロサンゼルス郡内の映画館で連続7日以上の期間、
有料で公開された40分以上の長さの作品で、
劇場公開以前にテレビ放送やネット配信またはビデオ発売などで公開されている作品を除いたもの。

 

 

 

HIRO
日本映画が受賞できる可能性があるとしたら…

 

 

 

  • 外国語映画部門
  • 長編アニメーション部門

 

 

この2部門が最も近いと思いますが、

 

過去には「千と千尋の神隠し」が見事受賞しました。

 

 

 

HIRO
ノミネートされた作品は…

 

 

 

  • ハウルの動く城(2005年/宮崎駿監督)
  • 風立ちぬ(2013年/宮崎駿監督)
  • かぐや姫の物語(2014年/高畑勲監督)
  • 思い出のマーニー(2015年/米林宏昌監督)

 

 

スタジオジブリの作品ばかりですが、

 

その一方で、
個人的にすごいと思うのは「幸福の科学」の大川隆法の作品。

 

「神秘の法」とか「UFO学園の秘密」とか、
きっちり条件を満たしてエントリーだけはしてるもんなー。

 

 

押井守、大友克洋、今敏、細田守の作品も名を連ねてるあたりはやっぱ意識高いよね。

 

 

 

そして、2016年は…

 

「君の名は。」がロサンゼルスで1週間限定公開してクリア。
「レッドタートル ある島の物語」
「百日紅 Miss HOKUSAI」もクリアしてます。

 

 

今年はこれらの作品vsディズニーになるような気がします。

 

 

「ファインディング・ドリー」
「ズートピア」
あるいはユニバーサルの「ペット」

 

 

「聲の形」の山田尚子監督にも出品してほしかったなー。

 

 

 

 

圏外にさようなら~

 

 

 

8位→13位:Bad Santa 2
9位→14位:Incarnate
10位→12位:Almost Christmas

 

 

先週末と同様、
日本で公開されなさそうな作品ばかりです。

 

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

 

いよいよ公開となる「Rogue One: A Star Wars Story」に尽きるかな。

 

 

すでに4,000館以上での規模が決まってるだけに、
スピンオフとはいえ、
どれだけの数字をオープニングで記録するのか?

 

 

興味は尽きません。

 

 

昨年の同時期に公開された「フォースの覚醒」と公開規模はほぼ同じ。
2億4,790万ドルにどこまで迫るのか?

 

 

 

Rogue One A Star Wars Story

 

 

 

「Collateral Beauty」はウィル・スミスとケイト・ウィンスレットが主演を務める人間ドラマ。

 

 

邦題「素晴らしきかな、人生」ってマジ?

 

 

なんでわざわざフランク・キャプラ監督の名作をタイトルにするんだ?

 

 

It's a Wonderful Life
Collateral Beauty

 

 

原題は違うわけだから、
そのまま原題カタカナでもいいし、
内容にピッタリな邦題にしてもいいのに、

 

 

一番あかんやつやん。

 

 

そら、挫折とか絶望感から立ち直って人生を再生する…
そんなお話にはこのシンプルかつストレートなタイトルをつけたくなるけど、

 

 

名作中の名作を邦題にするのはいかがなものか。

 

 

2,900館以上での公開になるので、
今週末はこの2本が上位になりそうな気がします。

 

 

 

Collateral Beauty

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。