スポンサードリンク

全米映画興行収入ランキング2月3日~5日は貞子が全米上陸!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

全米映画ランキングはM・ナイト・シャマラン監督の「スプリット」が3週連続首位を記録し、Jホラーの「リング」のリメイク第3弾「Rings」が初登場2位。そしてついに「ローグ・ワン」が…

 

 

  • スプリット
  • Rings(原題)
  • A Dog's Purpose(原題)
  • Hidden Figures(原題)
  • ラ・ラ・ランド

 

 

前週比-30%となった低調なランキング

 

 

M・ナイト・シャマラン監督の「スプリット」がV3達成。
累計興行収入1億ドル突破まであと150万ドル。
余裕でクリアするところまで来ました。

 

 

しかし、前週比-43.8%で1,440万ドルまで落ち込みました。

さすがにV4は厳しくなったかな。

 

 

「Rings」は初登場2位。

 

 

貞子の全米初上陸から17年。
日本映画史上最も怖いとされる「リング」のハリウッドリメイクで、
こちらもついにシリーズ3作目となりました。

 

 

前作から12年ぶりですが、この間、いろいろとあったようですね。
少なくとも昨年公開されてるはずがここまで延期になったのは大人の事情でしょう。

 

 

過去2作はドリームワークス配給でしたが、
今回はパラマウント配給なので、
シリーズ作品なのにスタジオが違いますからね。

 

 

1300万ドルという数字はまずまずながら、
前作より6割減のオープニングはかなり寂しいところ。

 

 

 

  • 1作目「ザ・リング」(2002年/オープニング興収1,500万ドル)
  • 2作目「ザ・リング2」(2005年/オープニング興収3,500万ドル)

 

 

1作目は1,981館で公開なので、
今回よりも1,000館近く少ないことを考えると物足りない。

 

 

最終興収も1作目こそ1億2,900万ドルを記録しましたが、
2作目は7,600万ドルと大きく数字を落とし、
今回は頑張ってその半分あたりか。

 

 

ちなみにハリウッド版では貞子はサマラという名前で、
怨念というより超常現象的な感じでした。

 

 

今回は予告篇の印象では日本寄りの作風のような気がして、
過去2作よりも期待が持てそうです。

 

 

 

Rings

 

 

 

アカデミー賞で作品賞を争う2本

 

 

僕の本命「Hidden Figures」は相変わらず堅調な推移。

 

 

前週比-27.2%という少ない落ち込みで、
1,010万ドル上乗せし、1億2,000万ドルまであと少し。

 

 

 

Hidden Figures

 

 

過去最多タイとなった14ノミネートの「ラ・ラ・ランド」は730万ドル。
こちらも1億2,000万ドルには手が届きそうです。

 

 

 

lalaland

 

 

 

 

6位以下は…

 

 

 

6位:バイオハザード:ザ・ファイナル
7位:Sing/シング
8位:トリプルX 再起動
9位:The Space Between Us(原題)
10位:LION ライオン 25年目のただいま

 

 

 

「バイオハザード」は全米ではパッとしないんだけど、
海外で8割以上の興行収入を記録し、
ついにシリーズ累計興収が全世界で10億ドルを突破しました。

 

 

これはゲーム原作からの映画化シリーズとしては歴代最高の記録となります。

 

 

ま、それにしたって、
この最終章が全米では過去6作の最低興収になりそうですけどね。

 

 

 

バイオハザードザ・ファイナル

 

 

 

多くの賞レースを賑わせてる「LION ライオン 25年目のただいま」が11週目で初のランクイン。
前週14位からスクリーン数が830館増えて前週比+60.1%の伸び。
累計興収2,400万ドルまで伸ばしてきました。

 

 

 

圏外にさようなら~

 

 

 

8位→11位:ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー
9位→12位:Monster Trucks(原題)
10位→14位:GOLD(原題)

 

 

「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」がとうとうTOP10から引きずり下ろされましたが、
全世界興行収入ランキングでは歴代20位との差は400万ドル。
今週中に抜き去るのはほぼ確実かな。

 

 

 

Rogue One A Star Wars Story

 

 

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

 

え?またやるん?
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編が公開。

 

 

「Fifty Shades Darker」が3,700館で公開。

 

 

E・L・ジェイムズによるイギリスの官能小説三部作なので、
2018年には「Fifty Shades Freed(原題)」の公開も決まってるとか。

 

 

日本では前作は4億円程度だっただけに、
公開見送りもあるかも…

 

 

 

Fifty Shades Darker

 

 

 

え?またやるん?
「The LEGO Movie」は全米では2億5,700万ドルの大ヒットを記録したので、
次なるレゴムービー製作の噂は以前からありましたが、

 

 

「The LEGO Batman Movie」が4,000館以上で公開。

 

 

9月には「The LEGO Ninjago Movie」が公開され、
2019年には「The LEGO Movie 2」の公開も予定されています。
日本ではまったく振るわなかったけど、アメリカでのLego人気はすごいね。

 

 

 

The LEGO Batman Movie

 

 

 

え?ついにやりますか?
キアヌ・リープスの「ジョン・ウィック」の続編、

 

 

「John Wick:Chapter Two」が2900館で公開。

 

 

 

John-Wick-2

 

 

これは楽しみです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。