スポンサードリンク

全米映画興行収入ランキング3月17日~19日は美女と野獣が大騒ぎ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

先週末の全米映画興行収入ランキングは「美女と野獣」がぶっちぎりの初登場1位。3月のオープニング興行収入では歴代トップを記録し、オールタイムでも歴代7位の記録を打ち出しました。

 

  • Beauty and the Beast(美女と野獣)
  • Kong: Skull Island(キングコング:髑髏島の巨神)
  • Logan(ローガン)
  • Get Out(原題)
  • The Shack(原題)

 

 

美女と野獣が大騒ぎ!

 

 

 

「美女と野獣」がケタ違いで初登場1位。

 

 

オープニング興行収入1億7,000万ドルときたらどうしようもない。
1館中アベレージでも4万ドルを記録してるんだから、
他を圧倒してます。

 

 

 

Beauty and the Beast

 

 

 

不朽の名作をディズニーが自ら実写リメイクするわけだから、
興行的には公開前から大成功間違いなしでしたが、
注目はキャストだけでなく、音楽。

 

 

アニメ版ではセリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンが歌った主題歌はそのまま、
アリアナ・グランデとジョン・レジェンドがデュエットするというのも見どころ。
なにしろアカデミー賞だけでなくグラミー賞にも輝いた名曲ですからね。

 

 

そして、待ち望む声が大爆発したオープニング。
参考までに過去のランキングです。

 

 

 

歴代オープニング興行収入ランキング

 

 

1位:スターウォーズ フォースの覚醒(2億4,790万ドル)
2位:ジュラシックワールド(2億880万ドル)
3位:アベンジャーズ(2億740万ドル)
4位:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(1億9,120万ドル)
5位:キャプテンアメリカ/シビルウォー(1億7,910万ドル)
6位:アイアンマン3(1億7,410万ドル)
7位:美女と野獣(1億7,000万ドル)
8位:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2(1億6,910万ドル)
9位:バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(1億6,600万ドル)
10位:ダークナイト ライジング(1億6,080万ドル)

 

 

 

オープニングで1億ドルを超えた作品はこれまでに43本。
全体的にはやはりアメコミが強いですが、
日本では人気ない「ハンガーゲーム」シリーズが強いですね。

 

 

 

3月の歴代オープニング興行収入ランキング

 

 

1位:美女と野獣(1億7,000万ドル)
2位:バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(1億6,600万ドル)
3位:ハンガーゲーム(1億5,250万ドル)

 

 

 

この勢いはしばらく続くでしょうね。

 

最初に止めるのは「ゴースト・イン・ザ・シェル」あたりか。

実写版「攻殻機動隊」がハリウッドでどれだけウケるのか?
興味津々です。

 

 

日本でも大ヒットするのは確実だから、
全世界興行収入でも上位にランクインしてきそうですね。

 

 

 

「キングコング:髑髏島の巨神」は2位に陥落。

 

 

 

キングコング

 

 

 

 

それでも2週目で余裕綽々と累計興行収入1億ドル突破。
前週比-52.7%の落ち込みで2,880万ドル。

 

 

超大型モンスターのビジュアルが次々とお披露目されてますが、
見れば見るほどB級作品のように思えてくるんです。

 

 

 

Kong monster

 

 

モンスターバースとして今後はゴジラとの対戦が控えてますが、
キングコングには強力な腕力という以外に武器らしい武器はないので、
ゴジラから光線を出されたら一環の終わりのような気もします。

 

 

 

Kong monster2

 

 

3位の「ローガン」も同じくらいの落ち込みで3位。

 

 

今週末にはギリギリで2億ドルは超えてくるだろうけど、
このあたりが限界かもしれません。

 

 

一方、4位の「Get Out」は6億円の予算で140億円近く稼いでるから、
おそらく監督は今後、ハリウッドの各会社から引っ張りだこになるでしょうね。

 

 

「The Shack」は神とか宗教とかを扱ったスピリチュアル作品ですが、
近年、このタイプの作品は需要がしっかりとあるんですね。

 

 

 

 全米映画興行収入ランキング6位以下は…

 

 

 

6位:The LEGO Batman Movie(レゴ バットマン・ザ・ムービー)
7位:The Belko Experiment(原題)
8位:Hidden Figures(原題)
9位:John Wick: Chapter Two(ジョン・ウィック 2)
10位:Before I Fall(原題)

 

 

 

新作がもう1本「The Belko Experiment」が初登場7位。

 

 

1,341館で約400万ドルというのはこんなもんでしょう。
約7億円の低予算で作られたサスペンスだけど、
今週末には予算回収できるかな。

 

 

オフィス版「バトルロワイアル」と称されるほど理不尽で、
会社の同僚を殺して殺して自分は生き延びるという呼ばれるサバイバル。

 

 

ま、生き延びたければ殺さなきゃいけないという、
会社からの命令が下るんだけどね。

 

 

 

The Belko Experiment

 

 

「Before I Fall」はようやく累計1,000万ドルを超えてきました。

 

 

14位の「ローグワン」は前週比+139.9%を記録。

 

 

全米歴代興行収入ランキングでは7位以上は難しいと思われましたが、
6位の「ダークナイト」まであと480万ドル。
でも、今週末で50万ドルだから、さすがにちょっと厳しいかな。

 

 

 

今週末公開予定の注目作品

 

 

 

Life

 

 

ジェイク・ギレンホール主演のSF作品。

 

 

火星探査機の回収に成功した国際宇宙ステーション(ISS)のクルー。
探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、

 

 

地球外生命体の存在を示すものである

 

 

ということが判明した。
しかし、実験の過程でサンプルが知性を持つようになったことで、
急速に成長するサンプルによってクルーはISSに閉じ込められてしまう。
地球を守るために孤立無援の状況下で戦うことになるが…という物語。

 

 

監督はスウェーデンのダニエル・エスピノーサで、
最近では「チャイルド44 森に消えた子供たち」を手がけました。

 

 

ライアン・レイノルズの他に真田広之も出演。
日本では7月8日に公開されます。

 

 

 

life

 

 

 

Power Rangers

 

 

ご存知日本の特撮戦隊ヒーローのハリウッド版。

 

 

平凡な高校生がエイリアン軍団の襲撃に立ち向かい。
世界を滅亡の危機から救うために、
パワーレンジャーとして団結するというヒーローものSF作品。

 

 

日本での公開は7月15日。
主人公のジェイソン/レッドレンジャーの吹き替えは勝地涼が務め、
その他ではキンバリー/ピンクレンジャーの広瀬アリスのみ発表されています。

 

 

 

Power Rangers

 

 

 

 

CHiPs

 

 

「CHiPs」はダックス・シェパード監督のアクションコメディ。

 

 

「ジャッジ 裁かれる判事」などで俳優としても活躍するダックス・シェパードですが、
本作品では監督と主演を務めました。
他に出演はアダム・ブロディとマイケル・ペーニャです。

 

 

さすがに日本公開はなさそうなタイプ。
ワーナーブラザーズ配給で2,400館以上の公開となります。

 

 

 

CHiPs

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。