スポンサードリンク

映画ランキングは全員悪人が全員暴走する「アウトレイジ 最終章」がシリーズ最高のオープニングを記録!(10月7日~8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

映画ランキングは迷続く映画興行を嘲笑うかのごとく北野武監督最新作の「アウトレイジ 最終章」がシリーズ歴代最高のオープニングは録を樹立し、2位以下を大きくを突き放すロケットスタートを切りました。「あさひなぐ」の乃木坂46が真っ青になる「亜人」は…

 

  • アウトレイジ 最終章
  • ナラタージュ
  • 亜人
  • 僕のワンダフル・ライフ
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟

 

 

 映画ランキングは「アウトレイジ 最終章」が圧勝!

 

 

「アウトレイジ 最終章」が初登場首位!

 

 

週末2日間のオープニング興行収入は3億5200万円を記録し、
久しぶりに3億円を突破する週末興行でしたが、
これはシリーズ三部作の中では最高のオープニングとなりました。

 

 

  • アウトレイジ(2010年/1億4,500万円/最終興行収入8億円)
  • アウトレイジ ビヨンド(2012年/2億7,900万円/最終興行収入14億5,000万円)

(左から公開年/週末2日間のオープニング興行収入/最終的な興行収入)

 

 

意外にも前作で初めて初登場1位を記録した北野武監督作品ですが、
5年ぶりとなる続編はさらに前作を上回ってきました。
前作との興行収入比は126.1%という成績。

 

 

ちなみに、2作目は土日月の3日間のオープニング興行収入では3億9,500万円を記録。
R-15指定のバイオレンス映画としては異例の大ヒットでしたが、
この「最終章」も過去最高の15億円突破は確実かな。

 

 

なんたって全員強面の悪役が全員暴走して全面戦争になるんだから、
裏社会の血で血を洗う抗争は止まりません。
ほんまに今回で終わるかどうかもわかりませんしね。

 

 

 

OUTRAGE

 

 

「ナラタージュ」が初登場2位。

 

 

週末2日間のオープニング興行収入は2億1,600万円を記録し、
観客動員数でも「アウトレイジ」に10万人近く差をつけられた15万3000人止まり。

 

 

原作はかつて「この恋愛小説がすごい」で第1位にも選ばれた島本理生の同名小説。
松本潤と有村架純のダブル主演で実写映画化したわけだから、
もっと爆発的なヒットが期待できるラブストーリーだったんですが、

 

 

高校教師と元生徒という使い古されたテーマが悪かったか?
それとも、高校教師と現役女子高生の恋愛を描いた「先生」が控えてるせいか?

(生田斗真と広瀬すず共演「先生!、、、好きになってもいいですか?」は10月28日公開)

過去記事⇒河原和音の人気漫画「先生!」が実写映画化

 

 

いずれにしても少し期待外れで、
最終的に興行収入10億円に届くかどうかが成否の分かれ目。
客層の男女比は5:95という極端な結果から、
デートムービーにもなってないところが伸びあぐねた最大の要因かな。

 

 

 

「亜人」は新作2本に圧されて3位。
前週から31.9%の落ち込みで1億8,400万円を上積みし、
累計興行収入は6億8,600万円となりました。

 

 

「僕のワンダフルライフ」は1億円を上積み。
累計興行収入は4億9,500万円まで伸ばしてきました。

 

 

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は早くも週末1億円を割る8,200万円。
3週目なのに「亜人」に追い越されそうな累計興行収入は7億3,300万円。

 

 

 

過去記事⇒山田涼介だけが光る「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の感想

 

 

 

映画ランキング6位以下は…

 

 

6位:ドリーム
7位:ダンケルク
8位:三度目の殺人
9位:あさひなぐ
10位:怪盗グルーのミニオン大脱走

 

 

前週初登場7位だった「ドリーム」が6位に浮上。
全米ランキングでも落ち込みが少なくてTOP10に長く粘り込みましたが、
日本でも口コミによる作品の評価が高く、ロングランヒットになりそうです。

 

 

週末は4,700万円で、2週目の累計興行収入は1億7,400万円。
地味ながらもコツコツと稼いでいけば…

 

 

「ダンケルク」は累計興行収入15億円が目前。
「三度目の殺人」は累計興行収入13億円を突破しました。
いずれも累計観客動員数は100万人超え。

 

 

 

「あさひなぐ」は週末3000万円。
累計興行収入は3億6,700万円という涼しい成績。

 

 

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は累計興行収入72億円。
累計観客動員数は615万人を超えて、
夏休みNO.1ヒットの座を不動のものにしました。

 

 

映画ランキングで今週末公開の注目作品

 

 

「恋と嘘」は人気漫画の実写映画化。
原作は2017年夏にテレビアニメされたムサオ原作の同名人気マンガで、
アプリの「マンガボックス」で連載されていたもの。

 

 

近未来の日本で自由恋愛が禁止となる「超少子化対策法」が施行され、
政府が決めた理想の相手としか結婚できないというルールが課せられたことで、
ヒロインは幼なじみと政府から通知された相手との狭間で揺れるという、
奇想天外なシチュエーションのラブコメ。

 

 

ヒロインの仁坂葵役に「おんなのこきらい」の森川葵
葵に思いを寄せる幼なじみの司馬優翔役に「君の膵臓をたべたい」の北村匠海
政府の通知相手である高千穂蒼佑役に「劇団EXILE」の佐藤寛太

 

 

 

過去記事⇒森川葵のかわいいが炸裂する「おんなのこきらい」

 

 

 

loveandlies

 

 

「猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)」はリブート。

 

 

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
…から続く「猿の惑星」新章のシリーズ第3弾。

 

 

 

War for the Planet of the Apes Japanese poster

 

 

「アナベル 死霊人形の誕生」「死霊館」シリーズのスピンオフ。

 

 

もともと「ソウ」シリーズの生みの親であるジェームズ・ワン監督が製作し、
驚異的な大ヒットを記録したことで続編とスピンオフが製作。

 

 

アナベルというのはいわばこのシリーズの恐怖アイコン的な存在で、
呪いの封印をかけられた人形なんですよね。

 

 

今回はタイトルにもあるように、その人形が生まれるまでの描いたホラーです。
監督は「ライト/オフ」のデビッド・F・サンドバーグ。

 

 

 

annabelle-creation Japanese poster

 

 

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower

 

 

ひょっとしたら今週末のランキングでTOP 5にランクインしても驚けない、
待望の劇場アニメ三部作の第1部がようやく公開となりました。

 

 

TYPE-MOONの人気ゲーム「Fate/stay night」のアニメ映画なんですが、

 

 

あらゆる願いをかなえる「聖杯」をめぐって、
魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)が争いを繰り広げた「聖杯戦争」のその後、再び聖杯戦争が勃発するという物語。

 

 

 

週替わりの来場者特典や映画館限定の概念礼装がダウンロードできるので、
リピーターが殺到すること間違いなしです。

 

 

 

Fate-stay

 

 

 

HIRO
ここ数週間の興行不振を考えると初登場首位もあり得るかも?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
ソーシャル
人気の投稿
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。