スポンサードリンク

映画ランキングは藤原竜也の殺人告白が2週連続首位!(6月17日~18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

映画ランキングは藤原竜也のクズっぷりが話題の「22年目の告白−私が殺人犯です−」が2週連続首位。新作ではライトノベル「魔法科高校の劣等生」の劇場版が小規模公開ながら5位にランクインするという快挙も…

 

  • 22年目の告白 −私が殺人犯です−
  • 美女と野獣
  • 昼顔
  • こどもつかい
  • 劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

 

 

映画ランキングは藤原竜也の殺人告白が2週連続首位!

 

 

「22年目の告白 −私が殺人犯です−」の評判がすこぶる良い!

 

 

「美女と野獣」の連続首位に待ったをかけたのがフロックではなく、
確たる人気を証明した「22年目の告白−私が殺人犯です−」が2週連続首位。

 

 

時効を迎えた連続殺人事件の犯人を演じる藤原竜也と、
身柄確保寸前のところで捕まえ損ねた刑事を演じる伊藤英明の共演が見事で、
二人の熱量によって目も心もスクリーンに釘付けとなります。

 

 

そのうえ、リピートしたくなるような構成が巧みで、
二転三転するストーリーは見るたびに新たな発見があるんですよね。

 

 

週末2日間で興行収入2億6200万円を記録し、
公開から9日間で早くも累計興行収入9億2000万円を超えてきました。
今週中には10億円を突破してくるでしょう。

 

 

 

memories of murder 04

 

 

「美女と野獣」が2位に再浮上。

 

 

相変わらず2億円を下回ることなく興行収入2億2000万円を記録。
累計興行収入は114億円を超え、
歴代ランキングでも21位まで上がってきました。

 

 

依然として字幕版と吹き替え版の動員はいずれも好調なので、
この持続力はまだまだ続きそうです。

 

 

「昼顔」は3位にダウン。

 

 

平日のランキングではトップに立ってますが、
さすがに週末は少し落ちるようで、
興行収入も1億9400万と前週より下がりました。

 

 

心なしか平日の映画館は週末に比べて主婦らしき女性客が多いような気がして、
その多くが「昼顔」に向かってるような気がしてなりません。

 

 

 

hirugao

 

 

「こどもつかい」が初登場4位。

 

 

滝沢秀明の17年ぶり映画出演となる話題作で、
「呪怨」シリーズの清水崇監督が手がけるオリジナルのホラー。

 

 

週末2日間のオープニング興行収入1億5,000万円は及第点といったところ。
オープニングで2億円を超えてこないと、
ヒットの目安となる10億円まで到達するのは厳しいか。
時期的に夏頃公開すればもっと話題になったような気もします。

 

 

 

kodomotsukai

 

 

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」がすさまじい!

 

 

5位に「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」が初登場。

 

 

シリーズ累計発行部数770万部を突破する佐島勤の人気ライトノベルが原作で、
これまでにテレビアニメ化やゲーム化、コミカライズもされましたが、
原作者が新たに書き下ろした完全オリジナルストーリーで劇場アニメ化したのが本作。

 

 

魔法を扱う職業“魔法技能師”を養成する教育機関「魔法科高校」が舞台で、
この学校の補欠である劣等生の兄と将来を約束されたエリートの妹が主人公ですが、
そこに海軍基地から脱走してきたというミステリアスな少女が絡む物語。

 

 

“魔法科”とありますが、雰囲気的には超能力で、
ジャンル的にも近未来のSFファンタジーというような内容です。

 

 

 

Irregular at Magic High School

 

 

 

わずか59館での公開ながら興行収入1億6300万円を記録。
興行収入ランキングでは「こどもつかい」を上回る4位となりますが、
小規模ゆえに観客動員数では圧倒されちゃいます。

 

 

しかし、1館あたりのアベレージでは276万円というダントツのトップ。
中村悠一や早見沙織、日笠陽子、花沢香菜ら人気声優がキャストに名を連ね、
テレビアニメ版でも演出を手がけた吉田りさこが監督。

 

 

 

the Irregular at Magic High School trailer Japanese animation

 

 

映画ランキング6位以下は…

 

 

6位:キングアーサー
7位:花戦さ
8位:ちょっと今から仕事やめてくる
9位:LOGAN/ローガン
10位:名探偵コナン から紅の恋歌

 

 

「キングアーサー」が初登場6位。

 

 

アーサー王伝説をモチーフにしたソードアクションですが、
当初の邦題「キングアーサー/聖剣無双」ならもっとヒットしたかも…

 

 

監督は「シャーロック・ホームズ」のガイ・リッチー。
非道な暴君ヴォーティガンを演じるジュード・ロウの方が注目度高いです。

 

 

 

King Arthur Japanese poster

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

ハクソー・リッジ

 

第2次世界大戦の激戦地である沖縄の前田高地(断崖絶壁のハクソーリッジ)で、
戦闘兵ではなく衛生兵として参加し、
敵味方関係なく75人の命を救った実在の米軍衛生兵、
デズモンド・ドスの半生を描いた戦争ドラマ。

 

 

徹底的にリアリティーを追求した映像は臨場感たっぷりで、
戦場さながらに人が火だるまとなって炎上し、
爆発によって吹き飛ばされたりする姿はCGでは出せません。

 

 

接近戦における緊迫感はまさに戦場に放り込まれたような気分で、
戦闘シーンは「プライベート・ライアン」を超えるとも評されるほどリアル。

 

 

「アポカリプト」以来10年ぶりとなるメル・ギブソン監督作ですが、
さすがはオスカー監督だけあって、
今年のアカデミー賞でも編集賞と録音賞の2部門を受賞。

 

 

壮絶な戦闘アクションと濃密なヒューマンドラマの融合した作品で、
全米でも大ヒットを記録しました。

 

 

主演は「沈黙 サイレンス」が記憶に新しいアンドリュー・ガーフィールド
2代目のスパイダーマンだったんですが、
「アメイジング・スパイダーマン」は2作目で打ち切られました。

 

 

 

Hacksaw Ridge

 

 

フィフティ・シェイズ・ダーカー

 

E・L・ジェイムズによるイギリスの官能小説三部作の第2作で、
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編。
2018年には「Fifty Shades Freed(原題)」の公開も決まってます。

 

 

日本では前作の興行収入がわずか4億円しかなかったので、
散々話題を振り撒いたわりに興行的には大コケちゃいましたが、
しっかり公開するところはエライ。

 

 

大富豪グレイの歪んだ愛を受け入れられずに彼の元を去った女子大生のアナ、
しかし、彼は自分が思う以上にアナを愛する自分に気づく。
アナもまた彼のことが頭から離れず、再び二人は復縁するようになるが…

 

 

全米でも前作から大幅に成績を落としましたが、
もともとヒットしてない日本ではランクインできずに圏外が濃厚かな。

 

 

グレイをSMの世界に引き込んだ女性エレナ役でキム・ベイシンガーが新たに参加。
「パーフェクト・ストレンジャー」のジェームズ・フォーリー監督作品。

 

 

 

Fifty Shades Darker Japanese poster

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。