スポンサードリンク

映画興行収入ランキング2月18日~19日はラノベ原作のソードアート・オンラインが驚異的な記録達成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

先週末のランキングはまさに狙いすました「劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−」の奥義炸裂。今週末は注目作品が多くてランキングも大きく変動しそうですが…

 

  • 劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−
  • 相棒−劇場版IV− 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断
  • 一週間フレンズ。
  • サバイバルファミリー
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

 

  • キセキ −あの日のソビト−
  • ドクター・ストレンジ

 

  • 君の名は。
  • この世界の片隅に
  • マリアンヌ

 

 

オーディナル・スケール起動!

 

 

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」が初登場1位。

 

公開前から「やるだろう」とは思ってましたが、
まさか配給会社のアニプレックス史上最高記録を樹立するくらい、
驚異的なロケットスタートになるとは思いませんでした。

 

 

 

sword art online ordinal scale

 

 

全世界でシリーズ累計1900万部発行を誇る川原礫によるライトノベルが原作で、
今回の劇場版は原作者自ら新たに書き下ろした完全新作ストーリー。

 

 

その界隈では話題になっていたので、
ランキングの10位あたりには食い込んでくるだろうと予想してました。

 

 

 

注目作品の「ソードアート・オンライン」とは…今週末公開の注目作品

 

 

 

前週1位の「相棒」は興行収入4億200万円でしたから、
週末2日間のオープニング興行収入4億2500万円は今年トップの出足となります。

 

 

しかも、全国でたったの151スクリーンでの公開ながら、
1館あたりの興収アベレージが280万円を超えるという高稼働を記録していて、

 

 

配給会社のアニプレックス史上最高のオープニング成績となりました。

 

 

 

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語」のオープニング興収は1億7,100万円でしたが、1館あたりの興収アベレージは399万円という驚異的な数字でした。
もっとすごかったのは「魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」の興収4億3,600万円ですが、この「新編」だけ配給がアニプレックスではなくワーナーブラザーズだったんですよね。

 

 

 

今後、全国各地で出演者や監督による舞台挨拶の予定があり、
週替りで全8週、来場者特典が配布されることも決まり、
3月10日からは4D版の上映が4DX/MX4Dの設備がある国内の全劇場66館でも上映されるとか。

 

 

観客層もゲームファンからラノベのファン、アニメファンまで幅広く、
時間帯によっては満席のところもあるとかないとか。

 

 

アニメ作品では「君の名は。」以来となる観客動員数と興行収入のダブルでランキング制覇したとあって、
今後もプレゼント大作戦(いわゆるAKB商法)の継続で20億円を超えてくる勢いです。

 

 

 

アニプレックスとは…?

アニメーションを主とした映像作品の企画・製作および販売・映画配給を主な事業内容とする企業。
これまでに製作または配給した代表的なテレビアニメと劇場版は…

 

  • 銀魂
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • 甲鉄城のカバネリ
  • GTO
  • 四月は君の嘘
  • NARUTO -ナルト-
  • 鋼の錬金術師
  • BLEACH
  • 魔法少女まどか☆マギカ
  • 〈物語〉シリーズ
  • 告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜

 

 

 

 

ソードアート・オンライン オーディナル・スケール

 

 

 

相棒−劇場版IV−首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」は1ランクダウン。

 

 

ライバルが少ないので2週連続首位は確実かと思われましたが、
意外なところに刺客が潜んでました。

 

興行収入は約半分落ちて2億2700万円となっただけでなく、
もともとスポンサー絡みのタダ券が多く出回ってることから、

 

観客動員数はどんどん少なくなっていくと思われます。
強力なタイアップ効果も薄れていくしね。
やはりこのペースでは1作目の44億円を超えるのは難しくなりました。

 

 

 

aibou-4

 

 

 

「一週間フレンズ。」が初登場3位。

 

 

土日2日間のオープニング興行収入1億5300万円では最終10億円を超えるのがやっと。
少女漫画原作としては及第点ギリギリの最低ラインです。

 

 

同じ山崎賢人主演の「四月は君の嘘」との興収比62.4%ですから、
川口春奈の魅力をもってしても上積みは厳しいかな。

 

 

しかも、天下の東宝ではなく、松竹配給。
スクリーンアドバンテージもあまり得られそうにないから、
このまま3月になればランキングから姿を消しそう。

 

 

今週末には「きょうのキラ君」と入れ替わっていても不思議ない。

 

 

 

一週間フレンズ。

 

また順位を落とした「君の名は。」は8位。

 

4月の北米公開が始まれば字幕版の上映もされると思いますが、
すでにリリースされたRADWIMPSの英語版主題歌入りの本編が一部劇場で上映されてます。

 

 

「この世界の片隅に」が9位。

 

 

これで公開から15週連続のTOP10圏内ランクインですが、
上映スクリーン数も300を超えました。

 

ただ、個人的にはイオンとかTジョイのようなやや大きめのスクリーンより、
本来のミニシアターのサイズがこの作品にはピッタリ合うので、
可能であればミニシアターで見られることをオススメ。

 

累計観客動員数は166万人、
累計興行収入は21億6,000万円を超えてきました。

 

 

2016年の年間ランキングで言えば最終興収21.1億円を記録した、
「映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」を抜いて、
暫定25位まで上がってきました。

 

 

2016年年間ランキングTOP100

 

 

 

今週末公開の注目作品

 

 

 

全米の映画賞で大旋風を巻き起こし、
アカデミー賞における主要部門最有力の「ラ・ラ・ランド」がついに公開。

 

 

ジャズピアニストと売れない女優の最悪の出会いから始まるラブストーリーで、
ロマンチックな歌とダンスで描くミュージカル♪

 

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンはそれぞれ主演男優&主演女優として、
ゴールデングローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)をはじめ、
メジャーなタイトルや国際映画祭で受賞ラッシュ!

 

「セッション」で脚光を浴びたデイミアン・チャゼル監督も監督賞最有力。

 

 

 

LA LA LAND Japanese poster

 

 

 

 

「トリプルX 再起動」が再起動!

 

 

12年ぶりとなる「トリプルX」シリーズの第3作はヴィン・ディーゼルの復帰作。
ま、アイス・キューブ主演の2作目はなかったこと扱いですが…

 

 

そもそも1作目がヒットしたのはエクストリームスポーツを持ち込んだことで、
はみ出し者の男たちが国家安全保障局に召集されたスパイとして、

 

超危険で難易度の高いアクションを繰り広げながら戦うところにありましたが、
今となってはまったく目新しさはなくなりました。

 

 

それでもヴィン・ディーゼルのアクションなら見たくなりますし、
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のドニー・イェンが最強の敵役。

 

 

筋肉パワー系のモンスターと俊敏な少林寺系の拳士の戦いは必見。
「マッハ!」シリーズのトニー・ジャーまで出るしね。

 

 

しかし、この邦題もなんだかなー。
原題「xXx: Return of Xander Cage」そのまんまにして、
「トリプルX 帰ってきたザンダー・ケイジ」でよかったんちゃう(笑)

 

 

 

xxx

 

 

 

「素晴らしきかな、人生」は名作のリメイクではなく…
ウイル・スミス主演の人生やり直し系ドラマ。

 

ニューヨークで大成功して、誰もが羨む華やかな生活を送っていた主人公が一転、
最愛の人を失った喪失感から人生のどん底まで陥ってしまい、

 

立ち直れなくなっていたところ、
目の前に現れた3人の奇妙な人たちによって少しずつ変化していくお話。

 

 

「プラダを着た悪魔」で知られるデビッド・フランケル監督作品。
キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャら豪華キャストが共演。

 

原題はフランク・キャプラの名作とはまったく関係ない「Collateral Beauty」です。

 

 

 

素晴らしきかな人生

 

 

 

 

「きょうのキラ君」は青春胸キュンラブストーリー♪

 

 

山下智久主演の「近キョリ恋愛」の原作者で知られるみきもと凜の人気少女漫画の実写映画化。

 

クラスの人気者キラ(中川大志)に重大な秘密があることを知ったニノ(飯豊まりえ)は人知れず苦しむ彼を笑顔にするために、恋する自分に戸惑いながら日々奮闘するが…ってお話。

 

正直、秘密も結末も見なくても読めちゃいますが…

 

教室のカーテンにくるまれながらキスをする“カーテンの刑”はいいっすね。

 

 

「恋は五・七・五!」「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督の5年ぶりとなる作品。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。