スポンサードリンク

雷神ソーが暴れる「マイティ・ソー」がヒーローの力を見せつけるも興行収入は振るわず(11月4日~5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

全米映画興行収入ランキングで「エクソシスト」を超える大ヒットを記録し、ホラー映画の歴史を塗り替えたスティーブン・キング原作の「IT イット“それ”が見えたら、終わり。」は予想通り日本ではややウケに終わりそうですが、「マイティ・ソー」は初登場1位でも興行収入は振るわず。

 

  • マイティ・ソー バトルロイヤル
  • IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
  • ラストレシピ -麒麟の舌の記憶-
  • 映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!
  • ミックス。

 

 

雷神ソーでも物足りない「マイティ・ソー」は振るわず

 

 

「マイティ・ソー バトルロイヤル」が初登場首位。

 

 

週末2日間のオープニング興行収入は2億3,100万円。
これは2014年の前作「マイティ・ソー ダークワールド」と比較して123.3%。
上回ってきたことも自慢にならないくらい低調なレベルです。

 

 

さほど対抗馬がいなかったことで首位を勝ち取りましたが、
オープニングでこの成績なら前作の興行収入6億3,500万円は余裕で越えるとしても、
せいぜいその倍近くを越えるあたりまでいったらいいところかな。

 

 

それにしても「バトルロイヤル」というサブタイトルが悲しくて泣ける。
原題のサブタイトル「ラグナロク」は「神々の運命」という意味で、
北欧神話における「世界の終末」を意味してます。

 

 

雷神ソー、超人ハルク、宿敵ロキが“リベンジャーズ”を結成し、
世界征服を企む最強の“死の女神”ことヘラを相手に戦う物語とはいえ、
バトルロイヤルって違和感ありあり。

 

 

「マイティ・ソー」シリーズとしては3作目。
マーベルコミックのヒーローが同一の世界観でクロスオーバーする、
MCU(マーベルシネマティックユニバース)としては17作目。

 

 

「ドクターストレンジ」も出てきますし、

ホーガン(浅野忠信)やブラック・ウィドウ(VC:米倉涼子)も少し登場します。

 

 

過去記事⇒異色のマーベルヒーロー「ドクターストレンジ」見参!

 

 

 

thorragnarok

 

 

「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」が2位。

 

 

まだ見ていないだけに何とも言えないけど、
スティーブン・キング原作というだけで“ハズレ臭”がぷんぷん漂うし、
しかも、この作品はホラー系の代表作なんですよね。

 

 

過去記事⇒ハズレ臭が大的中したスティーブン・キングの「セル」の感想(ネタバレ)

 

全米興行収入では「エクソシスト」を抜いてホラー映画の歴代トップ。
上半期の話題をさらった「Get Out」も余裕で追い越しましたが、
日本でもヒットした「ブレアウィッチプロジェクト」ほどには爆発しないかな。

 

 

R指定ホラー映画全米興行収入ランキングTOP 5

 

 

1位:IT イット/興行収入3億2,500万ドル
2位:エクソシスト/興行収入2億3,200万ドル
3位:Get Out/興行収入1億7,500万ドル
4位:ブレアウィッチプロジェクト/興行収入1億4,000万ドル
5位:死霊館/興行収入1億3,700万ドル

 

 

週末2日間のオープニング興行収入は1億8,400万円。
ギレルモ・デル・トロ製作総指揮のホラー映画「MAMA」で注目を集めたアンディ・ムスキエティ監督作品だけに期待値も高い。
とりあえずは10億円のラインかな。

 

 

「エクソシスト」は現在のインフレで料金換算すればダントツでトップ!

 

 

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」は3位。

 

 

かなり以前から宣伝していたわりに数字はいまひとつで、
これが松竹とか東映ならまだしも、
東宝配給だけにオープニング興行収入1億3800万円は大失敗。

 

 

意外に映画主演作は少ない二宮和也ですが、
これまで「GANTZ」2部作や「プラチナデータ」で大ヒットを記録していて、
アベレージを考えても20億円を超える予測があったと思われますが、
このままでは10億円さえ厳しいところ。

 

 

原作は「料理の鉄人」の演出を務めていた田中経一のデビュー小説。
「おくりびと」の滝田洋二郎監督作品。

 

 

「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」は4位。
2週目で急降下ながら累計興行収入4億5000万円を超えてきました。

 

 

映画ランキング6位以下は…

 

 

6位:ブレードランナー 2049
7位:斉木楠雄のΨ難
8位:先生!、、、好きになってもいいですか?
9位:劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower
10位:バリー・シール/アメリカをはめた男

 

 

「ブレードランナー 2049」の累計興行収入は6億9500万円。
「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower」の累計興行収入は11億円を突破。

 

 

その他の数字は週末に更新予定。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。