スポンサードリンク

映画「メラニーは行く!」は女性の共感度大!あなたにとって幸せとは何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

ニューヨークで大成功を収めたヒロインは大富豪の息子からプロポーズもされて有頂天だったが、しかし、そんな彼女がこのまま幸せを手にするためには故郷に戻って清算しなければならない“ナイショの過去”があった…。

 

 

明日も地球はワタシのためにまわる。

 

 

「SWEET HOME ALABAMA」という原題から結末は読めるんですが…

 

ハッピーエンドがお約束のラブコメはそこに到るまでの過程でどれだけ楽しませてくれるか?
そこで面白いかどうかが別れるところ。

 

 

メラニーは行く!

 

 

この映画は十分合格点。

 

 

ヒロインのメラニーは…

 

 

「明日も地球はワタシのためにまわる」

 

 

という、
自己チューでワガママでタカビーな女なんですが、

 

100%本音で生きる彼女は何も悪くない。

 

 

「自分の人生の主役は私」

 

 

というのはごもっともです、はい。

 

離婚届になかなかサインしてくれない夫をあの手この手で困らせようが、
故郷の友達を傷つけようが、

 

 

自分の幸せのために突っ走るヒロインの姿はある意味サラっとしていて気持ちがいい。

 

 

ま、それ以上に傷つけられても寛大な友達たちの存在が温かいけどね。

同級生とか幼馴染っていいよね。

 

 

ラブコメの女王、リース・ウィザースプーンのキュートな魅力がたまりません。

 

 

 

女性の共感度120%

 

 

メラニーを愛する二人の男がまたいいヤツなんだ。

 

 

 

  • ジェイクの場合

 

 

「安らげる場所は1つじゃない」
「君には根と翼がある」

 

 

という夫ジェイク(ジョシュ・ルーカス)の言葉がいい。

 

ニューヨークは彼女にとって幸せな場所。
一方、故郷のアラバマは大都会で成功した彼女にとって、

 

 

「南部の田舎町」

 

 

というだけで、
消したい過去…だった。

 

 

ところが、久しぶりに帰ってきたら、
街中どこにいても顔見知りの人たちばかりで、
自分にとって落ち着ける場所だということに気付くんです。

 

 

アラバマに根を下ろし、
ニューヨークで飛び回るのもいい。
どちらでも彼女には幸せなんだからね。

 

 

 

  • アンドリューの場合

 

 

「昔はどうでもいい」
「君の未来に僕の場所はあるかな?」

 

What I need to know is if there is a place for me in your future.

 

 

という恋人アンドリュー(パトリック・デンプシー)の言葉もいい。

 

彼女が過去を偽っていたことを知った瞬間は失望して冷たく突き放したけど、
好きな気持ちには変わりはないから受け入れようとする。

 

 

ティファニーを借り切って、

 

 

「どれでも選んで」

 

 

…なんて、洒落っ気もなくプロポーズするような、
いかにもボンボンだけど、嫌味はない。

 

 

 

ハイセンスな都会の男vs野暮ったい田舎男

 

 

こんなに優しくてステキないい男が二人いたら、
メラニーでなくても迷うでしょうね(笑)

 

 

どちらを選んでも彼女にとっては幸せになれるでしょう。

 

ただ、それぞれ幸せの本質は違うかな。

 

 

ニューヨークで暮らせば自分のやりたい仕事もできて、
セレブたちと優雅な時間を過ごすことができる。

 

 

 

それが幸せ!?

 

 

アラバマで暮らせば何もないけれど、
まわりには気心の知れた付き合いの長い人たちがいる。

 

 

 

それが幸せ!?

 

 

どちらも愛情と優しさに包まれた生活。

 

 

 

本当は今でも好き。
だからこそ離婚届にサインしない。

 

いつか彼女が改心して、
自分のもとに戻ってくると信じてるジェイク。

 

 

夫がいると知って動揺したけどやっぱり好き。
だからこそアラバマまで追いかけた。

 

ど田舎よりも都会の暮らしが彼女には似合ってる。
そう思いながらも夫には勝てないと弱気なアンドリュー。

 

 

 

さて、メラニーの答えは…?

 

 

 

 

メラニーは行く!

 

 

メラニーを「メヤニ」と嫌みで言うアンドリューの母親(キャンディス・バーゲン)もナイスキャラ。

 

とても楽しく、ちょっと「えぇ」な作品でした。

 

 

 

メラニーの幼少期を演じてるのはダコタ・ファニングなんです。

 

 

 

作品概要

 

タイトル:メラニーは行く!
原題:「SWEET HOME ALABAMA」(=アラバマは幸せな我が家)
監督:アンディ・テナント「アンナと王様」「エバーアフター」
出演:リース・ウィザースプーン/ジョシュ・ルーカス/パトリック・デンプシー
製作国:2002年アメリカ
日本公開日:2003年6月14日
上映時間:108分

 

 

 

あらすじ

 

 

ニューヨークでファッションデザイナーとして成功したメラニー(リース・ウィザースプーン)は大富豪でニューヨーク市長の息子である恋人のアンドリュー(パトリック・デンプシー)から貸切のティファニーでプロポーズされて有頂天になるが、しかし、彼女には高校時代に故郷アラバマで結婚した夫ジェイク(ジョシュ・ルーカス)がいた。離婚届にサインしてもらうために彼女はアンドリューに内緒で7年ぶりに故郷アラバマに向かうが…。

 

 

 

YUKI
女子はジェイクのギャップに萌えるわよ♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。