スポンサードリンク

「パッセンジャー」は眠れる森の美女(ネタバレあり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

人類移住プロジェクトとして新たな居住地に120年後到着予定で出発した宇宙船の中で、冬眠装置の不具合によって予定より90年も早く目覚めてしまった男の孤独と絶望を描いたSF…だったはずが、そこに現れた美女が…

 

「パッセンジャー」ネタバレ注意!

 

 

 

乗客5000人を乗せた豪華宇宙船
人類の移民先となる目的地まで120年
しかし、冬眠装置の故障で90年も早く目覚めた男
その男の前に現れた美女
宇宙船内で2人だけが目覚めた理由は1つ

 

 

 

さて、その理由なんですが、
今回は最初からネタバレ全開なのでご注意ください。

 

 

 

passengers

 

 

 

「パッセンジャー」最初の衝撃

 

 

 

HIRO
映画冒頭の音楽が「LIKE A ROLLING STONES」でガッツリつかまれました。

 

 

 

人類が宇宙に移住するといったら、
例えば…

 

 

「パンデミックによってウィルスが蔓延した」
「核爆発によって荒廃した」

 

 

というような、
地球上に住めなくなった理由ありきで、
新たな居住地を宇宙に求めるSF作品は多いですが、

 

 

「パッセンジャー」では不要な説明や映像は極力省いてますから、
そういったことがこの作品の肝ではないことは明らか。

 

 

つまり、舞台は宇宙船内という密室ですが、
何も宇宙である理由はなく、地上でも成り立つお話ではあります。

 

 

でも、広大な宇宙空間だからこそ、
主人公の圧倒的な孤独と絶望感も際立つという効果はあるかな。

 

 

宇宙船に接近する物体があれば自動的にバリアを張って避けるのに、
避けきれなかった隕石がまともに衝突し、
絶対安全なはずの宇宙船に重大なエラーが生じてしまうんです。

 

 

修復不可能なこのエラーによって、
エンジニアのジム(クリス・プラット)が眠る冬眠装置が勝手に解除され、

 

 

地球を発ってからわずか30年、
予定より90年も早く目覚めちゃったんですよね。

 

 

このあたりの描写がSF的なリアリティーがあって、
豪華絢爛な宇宙船内はディテールまで徹底した近未来感が素晴らしい。
SF好きにはこの宇宙船だけでも見る価値は十分にあり。

 

 

 

Passengers

 

 

 

豪華すぎるがゆえに宇宙版「タイタニック」というキャプションもありますが、
この宇宙船の乗客にはタイタニックと同じく身分の違いもあって、

 

 

高い料金を支払った金持ちほどセレブな空間を利用できて、
一般の乗客は飲めるのもコーヒーだけ。

 

 

さらにはジムとオーロラ(ジェニファー・ローレンス)の客室もまったく違うんです。
身分違いの男女が沈没寸前という極限状態の豪華客船で繰り広げるロマンス。

 

 

そう考えると宇宙版「タイタニック」というのは間違いではない。

中身とスケールは全然違うけどね。

 

 

 

Passengers room

 

 

 

「パッセンジャー」は絶望に向かう片道切符

 

 

 

さて、目を覚ましたジムですが、
目的地まで到着するのに残り90年と聞いて愕然とします。
ま、当たり前だよね。

 

 

 

Passengers choice

 

 

5,000人の乗客はみんな到着の直前まで冬眠してるわけで、
これから90年間もの間、ジムは宇宙船内でたったひとりで過ごしながら、
しかも、無事に到着する頃にはもう自分は老衰して死んでるのは確実なんだもん。

 

 

宇宙船内を探索しても誰一人いない。
操作マニュアルを見ながら冬眠装置に戻って眠りにつこうと思っても、
一度解除されたらもう元に戻すことは不可能。

 

 

ようやく「人間が…」と思ったら、
バーテンダーのアーサー(マイケル・シーン)はアンドロイド。

 

 

 

Passengers Michael

 

 

まだ唯一会話ができるだけ救われますが、
そんな圧倒的な孤独と絶望感に苛まれたらさすがに死にたくなるってもん。
それでもバーテンダーから、

 

 

「この状況を楽しむしかない」

 

 

と助言され、孤独なりに楽しむこと1年間。
気がつけば髭ボーボーで、自堕落な生活を送ってました。

 

 

ある時、宇宙服を着て船外活動もできることを知ったジム。
早速外に出て束の間の宇宙遊泳を楽しみますが、

 

 

「このまま無防備で船外に飛び出したら…」

 

 

という衝動的な自殺願望が頭をよぎるんですよね。
でも、ギリギリのところで踏み留まりました。

 

 

死にたくても死ぬ勇気すらない。
現実はやっぱそんなもんじゃないかな。

 

 

 

「パッセンジャー」は眠れる森の美女!?

 

 

 

自分は突発的なアクシデントによって不運にも目を覚ましましたが、
船内にはまだこの状況を何も知らず冬眠中の乗客が5,000名。
ふと魔が差したジムの行動はいかがなものか?

 

 

偶然?それとも確信犯?

 

 

ある美女に目を奪われたジムはあろうことか、
美女が眠る冬眠装置を解除して目覚めさせるんです。

 

 

しかも、その後知らんぷりして、
「二人だけがなぜか目覚めてしまった」という、
何とも都合の良いウソでごまかします。

 

 

その美女の名はオーロラ。

 

 

そう、「眠れる森の美女」の美女と同じ名前。
ジムは美女をキスではなく悪魔的な欲望で叩き起こしたってわけです。

 

 

ハッキリと描かれることはなかったけど、
偶然でも必然でもなく、
ジムは最初から確信犯でオーロラにしようと決めてたはず。

 

 

 

Passengers awake

 

 

こんなことはもちろん許されるわけではなく、
彼女の人生を奪ってしまうだけでなく、
命さえも奪うことになるくらいは当然分かっていて、

 

 

それでも孤独には耐えきれず、
眠れる宇宙の美女を覚醒させるんだから、

 

 

これはもう明らかに“未必の故意”による殺人罪ですよ。
結果的に犯罪行為になってもかまわないとジムは自覚してました。

 

 

心理としては明確な殺意はないにしても、
目を覚ますことがそのまま死を意味するという認識はあるだけに、
刑法では故意として殺人罪が適用されます。

 

 

そこまでしてオーロラを目覚めさせるのはジムのエゴ以外何物でもない。

 

 

広大な宇宙が利己主義な行動を生み出したんだとしても、
もう二度と友達たちと生きて会うことができない覚悟を決めてまで、
宇宙空間を旅した経験と新たな居住地の生活を執筆して、

 

 

後世に名が残るような作家になるというオーロラの夢と人生を勝手に奪うなんて、
理不尽極まりない行動ですやん。

 

 

ただ、その心理に至るまでの葛藤が十分に描かれていたからまだよかった。
それはクリス・プラットの好演によるところも大きいかな。

 

 

見た目はガタイのいい男前なのに、
内面は繊細で自省的なジムのキャラクターを存分に見せてくれるから、
なんとなく許してしまいたくなるんですよね。

 

 

そう思うのは僕だけ?

 

 

 

映画 『パッセンジャー』 予告

 

 

 

「パッセンジャー」眠れる美女とのロマンスは本物なのか?

 

 

 

ジムの視点で見た場合は明らかに利己主義者なんだけど、
オーロラの視点で見たらどうなんだろ?

 

 

ジムが墓場まで持っていけば永遠に分からなかった真実。

 

 

それがバーテンダーのアーサーによってオーロラに打ち明けられました。
ま、これはジムとオーロラが、

 

 

「二人の間に秘密はない」

 

 

…なんて言ったもんだから、
これはもうアーサーにしてみれば隠し事ではなく、
二人にとって公然の事実になったんだと考えるだろうから、

 

 

「ジムがオーロラを目覚めさせた」

 

 

…って、何の躊躇いもなく話しちゃいますよね。
アーサーは全然悪くない。

 

 

でも、事実を知ったオーロラは発狂するわな。

 

 

さっきまでラブラブ全開モードで、
ジムなんて結婚指輪まで渡そうとしていたのに、
逆に殺してしまいそうな勢いでボコボコ。

 

 

ただ、何をしても二人が置かれた状況は変わらないわけで、
ひたすら無視を続けても、気を紛らせても、
宇宙船内に二人きりという状況はこの先何年も続くわけで、

 

 

そんなタイミングで宇宙船にさらなる悲劇が…

 

 

 

Passengers burning

 

 

このままだと宇宙空間で沈没してしまいかねない損傷ダメージを負っていて、
コンピューター制御されたすべてのシステムは崩壊寸前。

 

 

二人が力を合わせなければどうにもならない状況で、
生き延びるための行動がいつしか仲直りのキッカケにもなるんですよね。

 

 

この生存本能って、
女性特有のものではないでしょうか。

 

 

少なくともこの状況でエンジニアであるジムは生存のために役立ちます。

 

 

そんな無意識下の本能が殺人犯たるジムを許容し、
自分を一途に愛してくれるジムを許容し、

 

 

「あなたなしでは生きられない」

 

 

…って気持ちに変わっていったように思います。

 

 

自分は被害者という認識がありながら、
加害者であるジムが自分の冬眠装置を解除するという人道的に許されない行為に対して、
同情にも似た感情がシンクロしてしまうのが女性心理なのかもしれない。

 

 

それって極限状況がもたらした運命?
いや、きっとそれは違う。

 

 

そのロマンスが本物かどうかなんて当事者にしか解らないか。

 

 

 

Passengers Kiss

 

 

そう言えばキアヌ・リーブス主演の映画「スピード」に、
次のようなセリフがありました。

 

 

「極限状況で結ばれた二人は長続きしない」

 

 

ま、「パッセンジャー」の場合、
長続きも何も死ぬまでずっと広い宇宙に二人きりですから、
現実的には生き地獄かもしれません(笑)

 

 

 

キアヌ・リーブス主演のパッセンジャー?

 

 

 

もともとこの作品はキアヌ・リーブスとレイチェル・マクアダムスの共演で、

企画が進められてきました。
2007年の“ザ・ブラックリスト”に入っていた脚本なんです。

 

 

しかし、その後は諸事情あって、
リーズ・ウイザースプーンやエミリー・ブラントの名前も上がってましたが、
最終的にジェニファー・ローレンスに決まりました。

 

 

 

ザ・ブラックリストとは?

日常的に新作の脚本を読む機会が多い業界人約250人が未制作でお気に入りの脚本に投票する映画脚本の人気ランキングリストで、業界内での信頼は厚い。このリストがきっかけで映画製作が実現するケースも増えていて、近年のアカデミー賞ではリストにランクインした作品が数多く受賞してます。

過去にリスト入りして映画化されたものでは「スラムドック$ミリオネア」「英国王のスピーチ」「ソーシャル・ネットワーク」「JUNO ジュノ」など観客の評価が高いものや賞レースに絡んだヒット作も多くあります。

今年の賞レースで話題となった「メッセージ」や「マンチエスター・バイ・ザ・シー」「最後の追跡」などもそうだし、「スポットライト 世紀のスクープ」もかつては同リストにランクインしていたことで知られる。

 

 

 

 

「パッセンジャー」の結末(超ネタバレ)

 

 

 

それはまさに唐突でした。
第3の男が登場。

 

 

宇宙船のクルーであるガス(ローレンス・フィッシュバーン)が現れ、
船内で異常事態が発生していると二人に告げるんです。

 

 

彼はジムと同じく隕石の衝突で生じたエラーによって突然目覚め、
しかし、覚醒後に必要な身体の処置が不具合のせいで完全ではないため、
すぐに倒れて死んでしまいます。

 

 

ま、いわゆるご都合主義なわけですが、
ガスはクルーなので宇宙船のメカニズムを知り尽くしてるし、
船内のどこにでも出入りできるIDを持ってます。

 

 

そのIDを譲り受けることで、
酸欠で息絶えたジムが人体回復装置で生き返るという奇跡まで!

 

 

クライマックスゆえにテンション上がってますが、
今思うともう少し他の方法でピンチを脱することはできなかったのかな?
という、ちょっぴり残念感もありました。

 

 

 

Passengers Lawrence

 

 

 

とりあえず危機的な状況を二人の連携プレーで乗り切りますが、
それでも到着が90年後であることには変わりありません。

 

 

1人だけなら冬眠装置に戻ることも可能で、
ジムは贖罪の意味も込めてオーロラに勧めますが、
オーロラはその申し出を拒みました。

 

 

もはや二人は誰も手の届かない世界で二人だけの愛を見つけたのでしょうね。

 

 

二人はすでに他界したと思われる90年後、
目的地に到着した宇宙船内には二人が育てた植物や生物が…

 

 

 

そこに宇宙船クルーのキャプテン(アンディ・ガルシア)が登場。
アンディ・ガルシアの出番はこの1カットのみ!

 

 

 

Passenger Andy

 

 

個人的には船内で妊娠出産したオーロラの子供でもいてくれたら面白かったけど、
終わってみれば…

 

 

 

  • 近未来的な宇宙船内のビジュアルに圧倒された!
  • ジェニファー・ローレンスの美しさに目を奪われた!
  • 頼りなさげでやるときはやる男クリス・プラットのギャップが良い!
  • 無重力って案外怖い!(とくにプール中)

 

 

 

プールで無重力

 

 

 

「パッセンジャー」作品概要

 

 

原題:Passengers
邦題:パッセンジャー
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本:ジョン・スペイツ
出演者:
ジェニファー・ローレンス
クリス・プラット
マイケル・シーン
ローレンス・フィッシュバーン
アンディ・ガルシア
音楽:トーマス・ニューマン
主題歌:JUJU「Because of You」(日本語吹替版テーマソング)
公開日:アメリカ合衆国:2016年12月14日/日本:2017年3月24日
上映時間:116分
製作国:2016年アメリカ

 

 

 

HIRO
なんで原題は複数形なのに邦題は「パッセンジャーズ」じゃないねん。

 

 

 

「パッセンジャー」のあらすじ

 

 

西暦20xx年。新たなる居住地を目指して地球を旅立った豪華宇宙船アヴァロン号。5000人の乗客は120年後の目的地到着まで安全な冬眠装置で眠りながら宇宙空間を移動していたが、出発から30年後、あるアクシデントによって冬眠装置に不具合が生じ、エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)だけが目を覚ましてしまった。到着までまだ残り90年。誰もいない船内で孤独と絶望感に押しつぶされそうな彼は自殺することも頭をよぎるが、その時、彼は究極の選択してオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)という美女と出会った…。

 

 

 

Passengers Jennifer

 

 

 

ジェニファー・ローレンス

 

2010年の主演映画「ウィンターズ・ボーン」が高く評価され、数多くの映画賞を受賞し、アカデミー賞主演女優賞にノミネートをきっかけに一躍若手注目株となった。2012年公開から始まった「ハンガー・ゲーム」シリーズでは大ヒットを連発し、「世界にひとつのプレイブック」ではアカデミー賞主演女優賞を受賞した。その後も「アメリカン・ハッスル」でアカデミー賞助演女優賞ノミネート、「ジョイ」でアカデミー賞主演女優賞ノミネート。「X-MEN」シリーズも大ヒットし、近年では最も高い興行収入を記録する女優の1人。

 

 

 

クリス・プラット

 

2014年にマーベルの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演に大抜擢されたことで頭角を現し、「ジュラシック・ワールド」でも主演。「マグニフィセント・セブン」でも主要な人物を演じるなど、成長著しい俳優。今後もアベンジャーズシリーズや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ジュラシック・ワールド」の続編に主演予定。

 

 

モルテン・ティルドゥム監督

 

ノルウェー出身で、2011年に公開された「ヘッドハンター」はノルウェーでは歴代最高の興行収入を記録。2014年にはベネディクト・カンバーバッチが数学者のアラン・チューリングを演じる歴史ドラマ映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」で英語作品デビューを果たした。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。