スポンサードリンク

「シングストリート」は音楽で希望という名の未来を自ら切り拓く青春映画の傑作!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Going up!

 
僕はデュラン・デュランやザ・クラッシュ、ホール&オーツ、A-haなどの世代ですが、
ジョン・カーニー監督の自伝的映画「シング・ストリート」を見たら、

 
80年代当時のブリティッシュ音楽に熱狂的になれなかったことが不幸のように思えてきた。

全然興味も関心もなかったことが悔やまれてなりません。

 

 

 
それでも、めっちゃテンションが上がって、
体中からポジティブパワーがみなぎってきましたよ。
そんな青春音楽映画の傑作。

 

 

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88

画像出典:公式サイトより

 

 

ストーリー

 

 

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄ブレンダン(ジャック・レイナー)と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)の大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった――。
公式サイトより)

 

 

ストーリーはいたってシンプルで、
男子高校生が大人びたキレイな女性を口説くために、

 
「バンドやってるんだけど、MVを作るから出演してくれない?」

 
…と、口から出まかせの嘘をつくわけ。
魅力的な年上の女性を見かけたらちょっとカッコつけて背伸びしたくなるのは思春期男子あるある。

 

 

pv%e6%92%ae%e5%bd%b1画像出典:公式サイトより

そんなことしたって相手は手を伸ばしても届かない高嶺の花子さんだから、
すぐに嘘がバレて玉砕するのがオチだけど、
この男は女性を振り向かせる魔法の呪文“アブラカタブラ”を持ってたんですよね。

有言即実行!

いわゆる“引き”の力でかき集めた即席バンドのメンバーは個性あふれる天才ばかり。
そして、最初は暇つぶしの相手くらいでしかなかった美女がその魔法にかかったように心惹かれていく…って大金星ですわ。

 

 

 

%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%81%a8%e3%82%b3%e3%83%8a%e3%83%bc

画像出典:公式サイトより

 

 
そういえば映画「バクマン。」では漫画家志望のサイコー(佐藤健)がクラスメイトで大好きな声優志望の亜豆(小松菜奈)に対して、

 
「(自分の漫画が)アニメになったらヒロインとして出演して」

 
とお願いしますが、同じ高校生。
やっぱ頭ん中で考えることが同じなら情熱の注ぎ方も同じですね(笑)

 

 

%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%82

 

 

 
ある意味、青い春のファンタジー。

 
画力が高いサイコーが文才に長けるシュージン(神木隆之介)と出会って漫画家になれたのも、
コナーがユニークなメンバーと出会ってバンドを結成できたのも、

 
現実世界ではなかなか叶わないけど、
でも、可能性はゼロではないところが運命ってヤツかな。

 

 

 

Rock N Roll Is A Risk.

 

 

主人公には引きこもりで音楽オタクの兄貴がいるんだけど、
兄貴が伝えるアドバイスはUKロックにインスパイアされたものばかり。

 
ところが、
この言葉をメロディーに乗せて歌えばあら不思議。
心のど真ん中に命中して、そのまま撃ち抜かれるんだよなー。

 

 
兄貴、サイコー!

 

 

 

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e5%85%84%e8%b2%b4画像出典:公式サイトより

 

 
「“喜びの悲しみ”を知るのが恋」

 

 

 

というのがまたなかなか奥が深い。

 
恋愛って必ずしも喜びや楽しみばかりではないわけで、
その真逆の感情と背中合わせなんですよね。

 
だから、喜びのピークも悲しみのどん底も同時多発する可能性だってあって、
ついさっきまで幸せだったのに3秒後には地獄ってことが起こり得るのも人生だもの。

 

 

 

ネタバレがあるのでご注意ください。

 

 

少年時代の冒険はすべて大人になるための通過儀礼だとしたら、
その冒険で大いに夢を見るがいい。

 
果てなく続く大海原を渡るように限界のないところまでとことん航海すればいいんだ。
少年時代の自分には海のその“向こう”に何が見えたのか?

 
そして、大人になったら…?

何が見えるんだろう?

 

 

%e3%82%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%8a

画像出典:公式サイトより

 

 
心の赴くまま素直に無茶ができるのは無鉄砲な若者の特権だけど、
言い換えればそれだけ希望に満ち溢れたチャンスを手にする機会がたくさんあるわけです。

 

 

何も恐れることなく、
小型ボートでロンドンという夢見る世界に向かって突き進んだコナーとラフィナ。

 
この先待ち受けてるであろう荒波でさえ、
二人でなら乗り切れるのか。

 

 

未来を切り拓こうとする二人にエールを送るかのような主題歌「Go Now」が素晴らしい。

 
迷いの最中にいる僕にとっては背中を押されたような気分になりました。

 
可能性は誰もが無限にあって、
それを決めるのは他でもない自分なんですよね。

 
いくつになっても冒険心を忘れず、
また一歩前に進んでいきたいと思っちゃったよ。

 
「セックスピストルズがどう演奏しようかなんて悩むか?」

 
「やり方なんてどうだっていいんだ」

 
これもまた兄貴の言葉。

 
そう、どう生きるかだって自分らしくあればいいんだ。

 
雄々しくあれ!ってか。

 

 
いやー、しかし、あらためて。

Adam Levineの「Go Now」はガツンとやられました。

 
感動の涙がとめどなく溢れてくる一方で、

これまでの自分のスタイルを反省させられたりもした気分。

 

 

Don't sit around and talk it over
You're running outta time
Just face ahead
口先だけで行動しないなら
それは時間の無駄
後戻りせず前を向こう

 

 

僕自身、頭の中で浮かんでいてもなかなか行動しません。

そんなタイプなんです。

 
言うのは簡単なんで口は達者になるけど、
実現するのは難しい。

 
でも、結果を恐れていたら何もできないし、
何も変わらないし、何も始まらない。

 
行動力の低下はそのまんま実現力の低下につながるので、
何事も前向きにやらなきゃいけないですね。

 

 

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89画像出典:公式サイトより

 

 

 
イメージを具体的なカタチにするためには動かなきゃね。

 
ロックと同じように笑われたって気にしない覚悟を決めねば…

 

 

やるならそう、今しかない。

 

 

 
This is my life, I can go anywhere.

 

 

「フィル・コリンズ好きの男はモテない」らしい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。