スポンサードリンク

三度目の殺人【結末ネタバレ感想】人を裁くのは神のみ?ただの器でしかない人間の闇に葬られる真実に慟哭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

是枝裕和監督が初めて挑む法廷心理劇は勝つことに徹底してこだわる勝利至上主義の弁護士と2度目の殺人で死刑が確定的な殺人事件の被告人が真実をめぐって対峙する秀逸なヒューマンドラマですが、果たして人に人が裁けるのか…?

 

 

三度目の殺人【結末ネタバレ感想あり】

 

 

いきなり結末までネタバレ全開の記事になりますので、未見の方はご自身の判断でお願いします。また、以下はあくまで個人的な解釈なのであしからず。

 

 

third murder visual

 

 

 

自分を解雇した会社の社長を殴り殺しただけでは気が済まず、
ガソリンをかけて焼き殺すという残忍な殺人事件の容疑者として逮捕された三隅高司。
犯行を自白してることからも検察側の求刑は当然死刑でした。

 

 

ただ、証拠らしい証拠はなく、根拠は自白供述のみ。
犯行動機も怨恨というだけでは減刑の余地が十分にあることから、
担当弁護士の重盛は死刑ではなく無期懲役を目標とする法廷戦術を考えました。

 

 

法廷サスペンスでよく見られるパターンは検察vs原告という図式。
求刑通りの判決を下してもらうために証拠を積み上げ、
被告人の心証を悪くするような尋問でどんどん追い詰めていく検察官。

 

 

減刑または無実を求めて検察側の証拠の不確実性を一つ一つ丁寧に洗いながら、
被告人の利益を守るために捜査の非人道的なあり方を問題提起して、
「疑わしきは罰せず」または情状酌量に持っていく弁護人。

 

 

法廷はそんな戦術と戦術がぶつかり合う戦地であって、
争われるのは真実でも正義でもなく、それぞれのプライドなんですよね。
法律を駆使しながら白黒つけるだけの決戦地でしかない。

 

 

だからこそ、真実そっちのけの裁判は最初からデキレースのように思えてならず、
このまま続けるなら司法システムの崩壊にもつながりかねません。
取り調べの可視化は進まず、裁判員制度もあまり機能してるとは言い難い現状。

 

 

 

この作品は弁護士vs被告人という図式になっていて、
真実に興味なかった弁護士が公判を通して成長する姿が描かれてるところが新しい。

 

 

エリート弁護士の重盛も勝つためには真実なんて二の次で、
同期から頼まれて仕方なく死刑が確定的な被告人の弁護を引き受けたものの、
最初はただ面倒で厄介な案件を押し付けられたくらいの意識でした。

 

 

ところが、供述に基づいて事件の調査を進めていくにつれ、
何かがおかしいという違和感が心の中に生まれ、
事件の真相を知りたいという衝動も生まれてくるんです。

 

 

三隅の供述も接見するたびに二転三転し、
途中で被害者の妻から依頼された保険金殺人に変わってしまう。

 

 

挙げ句は「俺はやってない」発言。

 

 

法廷では「真実なんてどうだっていい」と考える重盛にとっても、
さすがにこの期に及んで殺人を犯してないと供述されたらたまんない。

 

 

情状酌量に持ち込もうとしていた法廷戦術も、
無罪を求めるとなればゼロから立て直しを余儀なくさせられるし、
理由はどうあれ「有から無」と真逆にひっくり返されたら、
弁護人が被告人を信じられなくなるってもん。

 

 

「検察官にもやってないと訴えたけど全然信じてもらえない」
「弁護士だって最初から信じてくれなかった」
「あなたは私を信じてくれますか?」

 

 

三隅によるこの問いかけは刑事裁判ではすごく重たいですよね。

 

 

事実は1つしかないのに、真実は1つとは限らない。
そこには確信犯的な嘘や主観、勘違いとか思い込みも紛れ込んできますからね。

 

 

ま、一般的には事実と真実は同じ意味だろうけどね。
僕はニュアンス的には同じでも事実は1つで真実は人それぞれの立場で違うものになりうると思ってます。

 

 

世間から「犯罪者の味方しやがって!」と厳しくバッシングされようとも、
被告人の供述を全面的に信じなければそもそも弁護はできない。

 

 

でも、真実なんてどこにあるかも分からないわけで、
事実さえも見えなくなったら、もう何も明らかにすることはできない。

 

 

どんどん深くのめり込んでいく重盛。
突然「やってない」と主張を変えてきた三隅。
深い闇の中で見えなくなる真実。

 

 

そんな二人はやがてお互いの境遇が重なり合うように同化していく…

 

 

 

third murder 2shot

 

 

「三度目の殺人」犯人と被害者の娘の関係

 

 

接見するたびに真相を知りたくなる重盛は調査の過程で、
三隅と被害者の娘、咲江には接点があったことをつかみました。
そして、ご近所様の証言で三隅の前で咲江はよく笑っていたという情報をキャッチ。

 

 

事件の以前から二人には接点があったとしたら状況は大きく変わりますが、
咲江は父親から性的虐待を受けていたというからなおさらのこと。
何かのきっかけで三隅は咲江から打ち明けられていたのかもしれません。

 

 

もし仮に三隅が性的虐待を打ち明けられていたとしたら、
足の不自由な自分の娘と同じように足を引きずる咲江の姿を重ね合わせ、
三隅は自らの手で咲江の父親を殺害し、咲江を守ろうとしたのではないでしょうか。

 

 

もちろん、咲江は「父親を殺して」なんて直接的な依頼はしてなくて、
三隅は咲江に見え隠れする殺意を忖度したんでしょう。

 

 

そう考えた重盛は咲江を問い質してみたら、
咲江は「自分の代わりに三隅が父親を殺してくれたのかもしれない」とポツリ。

 

 

これで、違和感のあった殺人事件の動機は怨恨ではなく、
「咲江を守るため」という明確な…それでいて強い動機があったと確信する重盛。

 

 

薄曇りでモヤモヤしていた霧が鮮やかに晴れたかのように、
咲江という存在が三隅の心の奥底にあった娘に対する贖罪の気持ちを引き出し、
犯行に及んだという仮説は十分に成り立つものだ…と、
重盛には真実を自分の手でつかんだかのような高揚感さえありました。

 

 

しかし、ここで重盛は大どんでん返しに見舞われます。

 

 

咲江の証言を法廷に持ち出せば咲江自身が苦しむことになるんだよね。
あることないこと根掘り葉掘り追求されます。
もちろん、性的虐待の事実関係も否応なく問われます。
あるいは事件の本質に関係ない交友関係や男女関係まで明らかにされます。

 

 

そんな尋問に咲江が耐えられるのかどうか?

 

 

勝つことがすべてと考えてきたのに困惑する重盛。
「本当のことを法廷で話したい」と気丈に振る舞う咲江。

 

 

そして、三隅に咲江の意志を伝えたら、
いつも穏やかな三隅が一瞬だけ表情を変えて、
「俺はやってない」という発言が飛び出したわけです。

 

 

二人の関係性からいって、もはや覆しようがない新たな真実。

 

 

「発言がコロコロ変わる」と分かっていても、
自分にだけは本当のことを供述してると疑わなかった重盛にとって、
突き付けられた新たな真実はもう立証しようがないうえに、

 

 

法廷戦略を今更根本からひっくり返したところで、
訴訟経済においては裁判官も検察官も弁護人もやり直しを認めたがらない。

 

 

若手の検察官も不本意ながらなだめられるようにこのまま審理続行を承諾し、
重盛もまた三隅の供述を忖度することに…
法廷で「咲江の真実」を明るみにしたくなかったんでしょうね。

 

 

「すべて話す」と決めていた咲江も重盛の説得で、

三隅の意思を無にするような真似はしたくないので証言はしませんでした。

 

 

接見におけるガラス越しの対話を通して重盛と三隅はいつしか心が同化し、
何も語らずとも心がシンクロするようになったのかな。
この時点で三隅の死刑は決まったも同然でした。

 

 

「三度目の殺人」十字架の意味

 

 

父親が焼殺された河原には十字形に燃えた跡が残っていました。
十字=十字架として考えるなら、父親は罪を背負った罪人ということで、
それはいわば犯人からのメッセージを受け取ることができます。

 

 

 

third murder cross

 

 

そして、三隅もまた30年前の強盗殺人の前科があり、
もうとっくに罪人だからこそ、咲江のための殺人なら厭わない。

 

 

映画「セブン」では「この世に罪のない人間なんていない」と語られますが、

 

 

訴訟経済優先で被告人が供述を覆して否認したのに公判を続けた裁判官も罪人なら、
求刑通りの死刑に持ち込むために否認を黙殺した検察官も罪人。
新たな真実を追求することをしなかった重盛も罪人。

 

 

みんなそれぞれに罪という名の十字架を背負った裁判になりましたが、
咲江にしたって三隅の否認を見て見ぬふりしたのは過酷な罪です。

 

 

「主文、被告人を死刑に処する」

 

 

判決は誰もが予想した通りの死刑でした。
そして三隅にとっても自分自身を十字架に磔にした判決でした。

 

 

求刑後に拘置所で最後の接見を行った重盛と三隅。

 

 

命は選別されてる。
私は生まれてこなければよかったとずっと思ってきました。
でも、咲江のために罪を背負ったなんて考えてくれる人がいるなら、
こんな私でも誰かの役に立つことができたってことですよね。

 

 

そう話す三隅の微笑みはまた何か意味ありげで、
結局のところ、三隅の本当の真意は誰にも分からないまま裁判は終わりました。

 

 

重盛だって自分がそう思いたかっただけかもしれず、
「僕みたいな犯罪者にそんなこと期待したらダメ」と三隅にいなされます。

 

 

もし理解していた人物がいるなら、咲江だけかもしれません。
父親殺害という事件に至るまで二人で過ごした時間はとても濃密で、
二人にしか分かり得ない世界でお互いに何が決め事があったのかもしれません。
ま、それは描かれていない以上、想像の域を出ません。

 

 

見上げた空は透き通るように晴れやかな青空に電線が十字に交差していて、
空から俯瞰で見下ろした重盛は十字路の真ん中に立っていました。
これからどの道を進んでいくのか?

 

 

この裁判を通して真摯に真実と向き合ってきたことで、
今までの自分と違う弁護士として在り様に気づかされたかもしれないし、
無力な自分はその場に立ちすくむだけで、
もう前に進むことすらできなくなったかもしれない。

 

 

あるいは自分が背負わされた罪の大きさに打ちひしがれ、
本当の意味で三隅の言葉一つ一つに心を侵食されたのかもしれない。

 

 

見上げたショットはモヤモヤから解放された清々しい心象風景で、
俯瞰ショットは神様からの視点だとしたら深いですよね。
人を裁いたのは誰あろう神だったのかも…。

 

 

「三度目の殺人」というタイトルの意味は?

 

 

法廷では人(裁判官/裁判員)が人(被告人)を裁きますが、
最後に裁いたのは皮肉にも三隅自身だったと言えます。
そう考えるとシンプルなタイトルかな。

 

 

一度目は30年前の強盗殺人。
二度目は今回の社長殺人。
そして、三度目は司法による殺人。

 

 

それを望んでいた三隅の自殺とも言える理不尽な殺人。
人が人を裁くこともまた理不尽で、
裁いていいのはやはり神のみかもしれません。

 

 

「法廷では誰も本当のことを話さない」わけだから、
やはり真実は神のみぞ知る。

 

 

本人が望んだ結果とはいえ真実は闇に葬られたも同然。

 

 

それで…いいんだろうか。

 

 

「三度目の殺人」空っぽの器とは?

 

 

以前、僕は「生きてる人間は人間の姿形をした空っぽの器を借りてるだけで、
その人間が死んだりしたら別の人間の器に移動する」と聞いたことがあります。

 

 

真偽のほどは定かではありませんし、信じてるわけでもないですが、
“空っぽの器”に実体のない人間の霊魂が次々と憑依してるのかもしれない。

 

 

三隅は死刑が確定した段階で抜け殻になったみたく、
もはやただの器でしかなくなったという意味のように思います。

 

 

でも、それこそ三隅が言うように命は選別され、
またどこかの“空っぽの器”に入り込んだ三隅のような霊魂が三隅と同じような犯罪を繰り返すのかもしれません。

 

 

それこそ輪廻転生してこの世に何度も何度でも生まれ変わってくる。
そこに人間の姿形した“空っぽの器”がある限り。

 

 

「三度目の殺人」読み解けなかった共通の仕草

 

 

重盛と三隅と咲江が見せた共通の仕草が劇中で描かれました。
三隅と咲江は返り血がついたほっぺたを拭う仕草。
重盛は自然と溢れてきた涙を拭う仕草。

 

 

ま、咲江の場合は想像ですが、
ほっぺたを拭うという仕草に何か意味を持たせてるのか?

 

 

それとも三位一体であるということなのか?

 

 

 

third murder cast 1third murder cast 2

 

 

3人が雪の中で横たわる映像で、
三隅と咲江は両足を揃えて十字=罪人になっているのに対し、
重盛だけは両足を開いた「大の字」になってるのも逆に意味ありげです。

 

 

 

third murder 3shot

 

 

「三度目の殺人」の音楽が素晴らしい。

 

 

イタリアの巨匠ルドヴィコ・エイナウディの音楽がまた余韻として心に残ります。
クラシックをベースにしたジャンルミックスのインストゥルメンタルで、
「最強のふたり」のピアノ音楽を手掛けた作曲家なんですよね。

 

 

「三度目の殺人」の原作は?

 

 

もともと原作本はなく、
是枝裕和監督と佐野晶の映画ノベライズは宝島社文庫から出てます。
映画を補完する小説なので、少し理解は深まるかな。

 

 

 

 

 

 

「三度目の殺人」の作品情報

 

 

原案監督脚本:是枝裕和
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
公開日:2017年9月9日
上映時間:124分
ジャンル:法廷心理サスペンス
配給:東宝/ギャガ
出演者:
福山雅治(エリート弁護士/重盛朋章)
役所広司(殺人事件の被告人/三隅高司)
広瀬すず(被害者の娘/山中咲江)
斉藤由貴(被害者の妻/山中美津江)
吉田鋼太郎(弁護士/摂津大輔)
市川実日子(事件の担当検察官/篠原一葵)
満島真之介(弁護士/川島輝)
松岡依都美(弁護士事務所の事務員/服部亜紀子)
橋爪功(重盛の父/30年前の殺人事件の裁判長/重盛彰久)

 

 

「三度目の殺人」のあらすじ

 

 

徹底して勝利にこだわるエリート弁護士の重盛(福山雅治)は真実の追求よりも法廷戦術で減刑を勝ち取ってきたが、ある日、同期の摂津(吉田鋼太郎)からの依頼で断りきれず、30年前にも殺人の前科があって仮出所中の三隅(役所広司)が再び犯した殺人事件の弁護を担当することになった。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴された三隅はすでに犯行を自供していて、死刑はほぼ免れない難しい公判だったが、それでも犯行動機が希薄で証拠も自白のみということで無期懲役に持ち込もうと調査を始めた。拘置所で接見するたびに二転三転する三隅の供述に重盛は困惑させられるが、やがて三隅と被害者の娘である咲江(広瀬すず)には接点があることが浮かび上がってきた…。

 

 

「三度目の殺人」の予告編

 

 

the third murder motion picture Japanese trailer

 

 

HIRO
考えれば考えるほど答えが見えなくなる法廷サスペンスは是枝裕和監督らしくないジャンルだけど、うなるほどに深い名作。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。