スポンサードリンク

「ちゃんと伝える」死に直面した父子が交わした“約束”の心の内が儚く切ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ちゃんと伝えるって難しい

 

園子温監督にしてはめずらしく、
“親と子の絆”を真正面から描いた珠玉の人間ドラマなんですが、

 
すごく地味ながらとても深く考えさせられる作品で、
家族が、自分が、死に直面したときの心の動きや葛藤を丁寧に捉えた感動作でした。

 

 

%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%8b%e6%a8%aa%e9%95%b7

 

 

当たり前の日常が…

 

 

いつもと変わらない朝。

 
母と二人で朝食を食べてからジョギングで出社し、
仕事の合間に病院に立ち寄ってガンで闘病中の父を見舞い、

 
同級生の恋人とデートし、友人と酒を呑み、
いつもと変わらない夜を迎えて今日という1日が終わる…

 
それが今の当たり前のような生活。

 

 
でも、ほんの少し前までは違ったんです。

 

 
父と母と息子の3人で食事をするのが当たり前の日常だったはずの家族はある日、
庭先で蝉の抜け殻を手にしていた父が倒れ、
その瞬間から普通の生活が普通じゃなくなったんですよね。

 

 

父であり教師であり鬼コーチであり…

 

 

父子であってもまともに向き合うことがほとんどなかった二人。

 

 

高校の教師と生徒

サッカー部の鬼コーチと厳しくしごかれる部員

 
という、父子以上の関係であることがあまりに強すぎたせいで、
卒業後もお互いに親子らしい関係に戻るキッカケがないままに時間だけが過ぎたわけですが、

 
そんな親子にとって父がガンで倒れるなんてまさに寝耳に水で、
親孝行なんてしたことなかった息子は父の余命がもうそんなに長くはないと知って戸惑うばかり。

 
でも、皮肉にも父を襲った病気によって、
二人は初めて真正面から向き合うことができたんですよね。

 

 

%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%8b%e7%97%85%e9%99%a2

 
でもって、

二人の間にあったわだかまりがゆっくりと少しずつ氷解していく様が伝わってくるんです。

 
「元気になったら二人で一緒に釣りに行こう」

 
と、約束を交わす父と息子。
父子というより男同士の約束を叶えるために、

自分用の釣り竿を買ったりする息子の心の内にある思いは…

 

 
「オヤジ、死ぬなよ」

 

 
という切なる願いでもありますが、
これが最初で最期の約束になっちゃうのが悲しすぎる…。

 

 

親孝行できない親不孝

 

 

 

「あなたがガンです」

 

 

 

最近、胃腸の調子が悪かった息子は父の主治医に診てもらったのですが、
突然告げられた息子に対する宣告がまた衝撃的でした。

 
愛する人を失うことより、

愛する人を悲しませたくない…。

 
そう考える息子にとって、
自分の方が重いガンで父より先に死ぬことはこれ以上ないくらい最大の親不孝。

 
つい「早く死んでくれ」と願いたくもないことを願ってしまう息子の、

 

 
「オヤジ、せめて1日だけでもいいから、
オレより先に逝ってくれ」

 

 
…っていう悲痛な心の叫びが聞こえてくるようだもん。

 
約束を実現させるために彼がとった行動は賛否あるかもしれませんが、
そこにタイトルである「ちゃんと伝える」の深い意味が込められてるような気がしてきました。

 

 

日常生活の中であえて口に出さないことはたくさんありますし、
近しい人、ましてや身近な家族だったら口にするのは何だか気恥ずかしくて、
なおさら言い出せなくなりますよね。

 
自分の思いを“ちゃんと伝える”のは難しい。

 
でも、今伝えなければ永遠に伝えられなくなるかもしれないわけで、
だからこそ、大切な人には言葉にして思いをちゃんと伝えなきゃいけない。

 

 

病床で妻を自分の横に寝かせて呟いた言葉がまた泣かせてくれます。
ずっと厳しく接してきた父にとって、ちゃんと息子に伝えられなかったであろう言葉。

 
空蝉を大切に扱う息子にとっては生きてるうちに父から直接聴きたかった言葉で、
きっとそれはようやく男として認めてもらえた言葉になるに違いありません。

 

 

%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%8b%e8%9d%89%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%ae%bb

 

 

親孝行したいときに親はなし。
最大の親不孝は親より先に死ぬこと。
そして、後悔先に立たず。

 
「ちゃんと伝えることができてますか?」

 
と問われてるような気がしました。
でも、自分は近しい人にも身近な家族にも感謝の気持ちすらまともに伝えることができてないだけに、
そんな自分がもどかしくもあります。

 

 

作品紹介

「ちゃんと伝える」(2009年日本)
監督:園子温(「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」など)
出演:AKIRA、奥田瑛二、高橋恵子、伊藤歩ほか

 

 

 

EXILEのAKIRAにとって初主演作。
この作品ではとても良かったんだけど、
その後の主演ドラマでは低視聴率でコケまくり。
2015年7月に放映された連続ドラマ「HEAT」の視聴率は歴代ワースト!

 

 

 

ストーリー

 

史郎(AKIRA)は、地方都市のタウンマガジン編集部に勤める27歳。ある日、彼の元に突然の知らせが舞い込む。地元の高校サッカー部で鬼コーチとして知られた父(奥田瑛二)が倒れ、病院に運び込まれたというのだ。ほどなく容態は安定したものの、その体は既にガンに蝕まれており、先行きは全く楽観できなかった。
高校時代、サッカー部に所属していた史郎は、厳しいコーチであり、家でも厳格で絶対的な存在だった父と打ち解けることができず、言葉を交わすこともほとんどないまま過ごしていた。だが、父の病気を知った彼は、そのことを後悔し、ある決意を固める。それは、毎日1時間は病室を訪れ、父との関係を修復することだった。
やがて、彼の思いが父に通じるようになり、2人の距離は次第に近づいていく。“元気になったら、湖に釣りに連れて行ってくれ”と告げる父に満面の笑みで答える史郎。母(高橋惠子)は、そんな2人をそっと見守る。だが、そんな史郎にもたらされた残酷な事実。父の担当医師(吹越満)は告げる。“史郎さん、あなたがガンです”。胃の痛みを訴えていた史郎に対する検査結果だった。しかも、彼のガンは悪性で、父よりも症状が重いという。父は息子の死を見取ってから、あの世へ行くことになるかもしれない……。史郎は、それを両親に告げられないでいた。そしてもう1人、史郎がその事実を告げられない相手がいた。それは、幼なじみで恋人の陽子(伊藤歩)。そうとは知らずに、2人の結婚を話題にする陽子に、史郎はどうすればいいのかわからない。もはや果たせそうにない父との約束。人生をともに歩んで行きたいと願う陽子への想い。やがて、ひとり秘密を抱え込んで苦悩する史郎のもとに、予期せぬ悲報が届く……。
(Movie Walkerより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。