スポンサードリンク

「美しい星」ラストシーンの解釈(ネタバレあり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

「桐島、部活やめるってよ」で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した吉田大八監督が自らの手で映画化することを熱望していた三島由紀夫の異色SF小説を現代風にアレンジした作品なんですが…

 

 

「美しい星」プチレビュー

 

 

この地球は美しい。

 

 

ああ、それなのに強欲で罪深き地球人たちよ。

 

 

その美しさを気にも留めず、
今日も明日もせっせとせっせと汚していくのだから…。
誰かが止めなきゃ滅びてしまう。

 

 

なんだかよく解らない世界で、
なんだかサッパリ解らない未来地図を広げられ、
なんだかよく見えない方向に走ってく。

 

 

このままでいいのか?
いいわけがないだろうよ地球人。
今ならまだ道を引き返すこともできるんだぜ。

 

 

 

beautiful planet Mars

 

 

テレビで人気のお天気キャスターがある日突然宇宙人に覚醒し、
公共電波で太陽系連合からのメッセージを伝えました。

 

 

火星人は環境破壊を続ける地球人に警告し、
水星人は傲慢な地球人を咎め、
金星人は地球人の歪められた美意識を元に戻そうとする。

 

 

 

beautiful planet ai

 

 

それぞれの宇宙人が地球で自分が果たすべき使命に気づいたあたりから、
作品としての面白味が一気に加速しました。

 

 

それは同時に急激な気圧変化をもたらし、
穏やかな心に「?」の局地的ゲリラ豪雨が次々と襲いかかってきました。

 

 

その意味を脳内変換するのがいっぱいいっぱいで、
どんどん暴走する物語に頭ん中はシステムエラー寸前になりながら、
エルニーニョ現象がもたらす暖冬のようにハイに上がっていくテンション。

 

 

最後にモヤっと「!」が浮かび上がるカタルシスはあっても、
台風一過の澄み切った青空には程遠い曇天模様。
自分の解釈が正しいかどうかはナンボ考えても「?」で…

 

 

 

beautiful planet UFO

 

 

そんな不思議で少し難解なワールドだけど、
バラバラな家族が団結するサマは天気予報で言えば曇りのち晴れか。

 

 

リリー・フランキーの火星人ポーズとか橋本愛の金星との交信とか、
なんとなく美しくハマっちゃう要素がいっぱいで楽しい作品。

 

 

止まることない環境破壊がもたらす地球温暖化等の問題はこのまま放っておけないレベルだし、
いつか帰る場所も失いかねない。

 

 

次世代に“借金”を残さないためにも早急に何か手を打つ必要があるんだろうけど、
大仰にそんなメッセージを訴えてるわけでもなく、
シニカルかつコミカルにエンターテインメントしちゃってます。

 

 

三島由紀夫の原作は核兵器による人類滅亡の危機を描いていて、
どっちも今の時代に当てはまるだけに怖いけどね。

 

 

 

beautiful planet

 

 

「美しい星」ラストシーンの解釈(ネタバレあり)

 

 

これは家族の絆の物語。
映画の冒頭で描かれるのは父親の重一郎の誕生日を祝う食事会。
しかし、この家族はすでにバラバラ。

 

 

フリーターの長男は仕事とはいえ連絡もせずに遅刻だし、
大学生の長女は怪訝な顔して面倒くさそう。
母親の言うことは誰も聞かない。

 

 

この日の主役の重一郎でさえ仕事の電話で退席する始末。
案の定、若い女性アシスタントと不倫中。

 

 

みんな自分以外の家族に無関心で、
家族であって家族でないような距離感なんですよね。

 

 

ある日、重一郎が突然「自分は火星人だ」と言い始めました。
頭がおかしくなったかのように奇妙な発言を続け、
挙げ句は自分が担当する天気予報のコーナーでも奇妙なポーズを始めるんです。

 

 

 

beautiful planet lily

 

 

「太陽系連合からのメッセージ」として、
生放送で地球人に呼びかけるように警鐘を鳴らしますが、
そこに現れたのが議員秘書を務める黒木という謎の宇宙人的存在。

 

 

黒木と重一郎、アプローチこそ違うものの、
向かうところ目的は同じ。
でも、そんなことは実はどうだっていいんです。

 

 

「地球に救う価値はない」
「究極の美しい自然に人間は存在しない」

 

 

という黒木の挑発に乗っかって、
本気で地球を救うためにUFOを呼び寄せようと行動しますが、
そんな重一郎に黒木は地球滅亡のカウントダウンのスイッチを押しました。

 

 

このカウントダウンのスイッチが重一郎にとっては重要でした。

 

 

まるで核兵器のボタンのごとく、
ポチっと押したらもう二度とは戻れない最期を迎えることになりますが、
その瞬間、重一郎は血を吐いて倒れるんです。

 

 

カウントダウンが始まったのは環境破壊による地球滅亡なんかではなく、
癌で余命幾ばくもない重一郎の人生そのものだったんですよね。

 

 

そして、火星人だろうが何だろうが、
お父さんに付き合うと覚悟を決めたお母さんに呼応するように、
長男と長女もお父さんのために意を決する。

 

 

バラバラだった家族がカウントダウンによって美しく再生し、
同じ目的を果たすためにひとつになりました。

 

 

UFOらしき光が現れ、暗転。
次の瞬間にはUFOに乗船していた元気な姿の重一郎が地球を見下ろし、
視線の向こうには重一郎を含めた家族4人の姿が…

 

 

さて、この場面の解釈。
僕は重一郎の体に宿った火星人が使命を終えたことで体から抜け出して、
自分の母星に戻ろうとしたんだと解釈しました。

 

 

重一郎だけは一定期間、本物の火星人だったと思います。
長男と長女は思い込みから来た妄想レベルかな。

 

 

ま、それでは数秒後の未来を予見した長男の特殊能力の説明はつかないけど…。
黒木が長男に何らかの刷り込み操作をしたのかもしれません。

 

 

地球人による環境破壊を止めたかった火星人。
それこそ「お隣のよしみ」で病んでいく地球を看過できなかったんでしょう。

 

 

同じ思いの黒木はあえて重一郎を挑発することで、
無関心な世間の注目を集めようとした。
重一郎はそんな思惑の太陽系連合に利用されたカタチじゃないかな。

 

 

でも、結果的に重一郎は家族との絆が深まったことで、
お互いにウインウインになったわけで、
重一郎にとって残り少ない人生はターミナルケアで、

 

 

今までの人生の中で最も家族らしい家族として穏やかに過ごしました。

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

…と書きながら、
僕の勝手な解釈なので自信はありません。
多分人それぞれ違うでしょうね。

 

 

「美しい星」原作と映画の主な相違点

 

 

小説映画
時代設定時代設定
1962年(原作連載当時)、東西冷戦の時代2018~19年、ごく近い未来
人類が直面する危機人類が直面する危機
核兵器による最終戦争地球人口の爆発的増加、そこから始まるエネルギー 問題、その先に起こる地球温暖化、異常気象
一家の職業一家の職業
重一郎:定職に就いたことのない芸術家肌の“高等遊民”
一雄:プレイボーイの大学生
暁子:孤高の美しさを持つ女子学生
伊余子:堅実な専業主婦
重一郎:テレビ気象予報士
一雄:フリーター(自転車便のメッセンジャー)
暁子:美人だが友達がいない女子大生
伊余子:孤独を抱えた専業主婦
黒木の職業黒木の職業
パワフルな保守系人気衆議院議員人気参議院議員・鷹森を裏で操る代議士秘書

 

 

「美しい星」の作品情報

 

 

原作:三島由紀夫
監督:吉田大八
公開日:2017年5月26日
配給:ギャガ
上映時間:127分
出演者:
リリー・フランキー(火星人)
亀梨和也(水星人)
橋本愛(金星人)
中嶋朋子(地球人)
佐々木蔵之介(謎の宇宙人)

 

 

「美しい星」のあらすじ

 

 

まったく当たらない気象予報士として人気の大杉重一郎(リリー・フランキー)は不倫相手の番組アシスタント玲奈(友利恵)とドライブ中に不思議な光に包まれ、ふと気付いたら田舎の田んぼ道にいた。助手席にいた玲奈の姿はなく、自分で移動した記憶もないだけに不可解に思えてならない彼は番組の若手スタッフから「UFOによるアブダクトではないか?」と言われたことで興味を持ち、調べていくうちに自分が火星人だと自覚するようになった。時を同じくして長女の暁子(橋本愛)はストリートミュージシャンが奏でる「金星」という曲を聴いたことがきっかけで金星人として覚醒し、長男の一雄(亀梨和也)もプラネタリウムで水星のスライドを目にした瞬間に水星人として覚醒した。それぞれが“美しい星”である地球を危機から救うために奮闘するが、その行動がやがて大きな騒動に発展していく…

 

 

 

beautiful planet Mercury

 

 

beautiful planet Venus

 

 

「美しい星」の予告篇

 

 

「美しい星」の予告篇火星人バージョン

 

HIRO
環境破壊に警鐘は鳴ら…さないけど、エンターテインメントとしてうまく構成された作品だし、リリー・フランキーの怪演は映画史に残してほしいくらい素晴らしかった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。