スポンサードリンク

人と同じがイヤだと思うなら一度すべてを捨て去ってみよう!映画「インストール」が教えてくれる自分探し術とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

芥川賞を史上最年少で受賞した「蹴りたい背中」の綿矢りさが原作の映画「インストール」はエロチャットの世界を通して自分が生きる意味を模索するんですが…

 

 

映画「インストール」とは?

 

 

 

僕がこの作品を見たかった理由は主演が上戸彩だからではなく、
原作が芥川賞を史上最年少で受賞した「蹴りたい背中」の綿矢りさだからでもなく、

 

 

監督が唯一無二の天才、片岡Kだからです。

 

 

 

「誰それ?」って人のほうがかなり多いと思いますが、
コアなTVドラマファンの間では「知る人ぞ知る」的な天才演出家で、

 

 

「文學ト云フ事」とか「いとしの未来ちゃん」「ウソコイ」など、
主に関東ローカルの深夜ドラマの演出を手がけていたんですね。

 

 

近未来が舞台のドラマ「いとしの未来ちゃん」なんて、
DVDやBlu-rayといった映像ソフト化もされてないから、

 

 

事実上、見る機会はないんです。
未だ再放送すら見たことありません。

 

 

最近ではツイッターでも時々話題になってますが、
そんな片岡Kが満を持して長編映画の初監督を務めたのがこの作品。

 

 

 

 

install

 

 

 

 

人と同じがイヤだと思うなら一度すべてを捨て去ってみよう!

 

 

 

広くて深いエロの世界へようこそ!(by朝子@上戸彩)

 

 

 

学校生活がイヤでドロップアウトした女子高生の朝子が、
小学生の男の子に誘われるように始めたエロチャットの世界を通して、

 

 

「本当の自分」と向き合いながら、
自分が生きる意味のような“何か”を見つけ出すという自分探しの物語。

 

 

 

何もかもが平均レベルの自分に対し、

 

 

「みんなと同じなんてイヤ」

 

 

と思いながら、毎朝、

 

 

同じ時間、
同い年の学生と、
同じ学校に向かって、
同じ道を、
同じ歩幅で、

 

 

歩いて通うのが彼女の日常であり現実。
そんな毎日のルーティンワークから抜け出したい彼女はまず、
自分が感じる“イヤ”を行動に移すために、

 

 

「学校へ行く」

 

 

という当たり前のように決められた習慣を捨て、
部屋の中にあるものをすべて捨て、

 

 

親に内緒で家に引きこもるようになるんですが、
引きこもり生活で見つけられたものは実は何もなかった。

 

 

 

すべてを捨て去って見えたものは?

 

 

 

いや、本人にとっては大きな意味のあるものを見つけたというべきか…。

同年代の誰もが何も代わり映えしない毎日の日常の中で、

 

 

戸惑い、つまずきながら、
自分なりの方法で自分なりの意味を模索して、

 

 

時に落ち込み、時に葛藤し、時に目をつぶりながら、
生きる目標とか夢とか“なりたい自分”を必死で見出そうとして、

 

 

そのために挫けそうになっても懸命に生きてるわけで、
傷ついたり、もがき苦しんたりしても、

 

 

昨日までとは違う明日という未来を夢見て生きてるわけで、
ただ、それらは何もしなかったとしても、
生きてさえいればそのうち案外あっさりと見つけられるかもしれません。

 

 

 

kamiki

 

 

そう、そのうちきっと…。

それがわかっただけでも大きな収穫じゃないかな。

 

 

 

もう17歳…いや、まだまだ17歳ですよ。

 

 

 

焦燥感や漠然とした不安感が交錯する年代ゆえの悩み、
それは他人から見れば他愛ないものですが、
当事者にとっては今後の人生を左右しかねない大事なもの。

 

 

とりあえず学校からも社会からもドロップアウトしてみたけど、
結果、日々の生活は何も変わらなかった。

 

 

でも、彼女の中ではほんの少しだけ何かが変わったかもしれません。
“自分”という心のパソコンに何かインストールすればなんとかなるかもしれないし、
そんなアプリケーションをインストールすれば夢も目標も見つけられるかもしれないから、

 

 

そのためにもやっぱ生きてなきゃね。

 

 

自分探しは周りを自分の視点でしっかり見るだけでも、

他人事のようでいて実につまされるリアルなお話でもあります。

 

 

映像的にも独特の片岡Kワールド全開でした!

 

 

 

インストール

 

 

インストールの作品概要

 

監督:片岡K
脚色:大森美香
原作:綿矢りさ
音楽:Rita-iota
公開日:2004年12月25日
上映時間:94分
ジャンル:ドラマ
配給:角川映画/エンジェル・シネマ
出演:
上戸彩(野沢朝子)
神木隆之介(青木かずよし)
田中好子(朝子の母/野沢毬恵)
小島聖(かずよしの母/青木かより)
中村七之助(朝子の片思いの人/コウイチ)
井出薫(風俗嬢/雅)

 

 

 

インストールのあらすじ

 

 

 

人生の目標を見出せない17歳の女子高生・朝子。遂に頭の中がエラーを起こしフリーズ状態になってしまった彼女は、唯一の話し相手である妄想の中の青年・コウイチのアドバイスで学校に行くという習慣を捨て、ついでに部屋の物を全部捨てた。それから数日後、朝子は彼女が捨てたパソコンを拾い、アプリケーションをインストールし直した小学生・かずよしに、彼の部屋の押入れの中で午前10時から午後2時まで、ケータイ・サイトで知り合った風俗嬢・雅に代わって男たちとHな会話する、エロチャットのバイトの誘いを受ける。始めこそパソコンの操作やその内容に戸惑っていた朝子だが、様々な男たちとチャットするにつれ、エロの世界の奥深さに次第にハマっていくのであった。だが、終わりは突然やって来た。パソコンがウイルスでクラッシュし、かずよしの継母・かよりにふたりで押入れにいるところを見つかったのだ。こうして、現実の世界に引き戻された朝子は、しかしヴァーチャルな世界ではなく直接誰かと触れ合いたいと思えるようになり、実は事故で亡くした恋人だった妄想の中の青年・コウイチとの別れも決意し、学校生活へと戻っていくのだった。
(KINENOTEより引用)

 

 

 

インストール原作

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。