スポンサードリンク

映画「ノルウェイの森」は純愛の本質ここにあり!村上春樹作品の映像化に挑んだ世界的監督の手腕が光る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

1987年に刊行された累計1000万部(公開当時)を超える村上春樹の世界的大ベストセラーにして当時は社会現象にもなった同名小説の映画化作品ですが、純愛文学の最高峰とも言うべき作品の映像化に挑戦したのは日本人監督ではなく…

 

 

映画「ノルウェイの森」感想の前に…

 

 

僕は小説をあまり読まないし、
ハルキストでもないので未だに内容は知らないし、
どうしてこんなに人気があるのかも正直分かりませんでした。

 

 

もし映画化されたらすぐに見に行くつもりでしたが、
さすがにこれだけの原作を日本のクリエイターが映像化するにはいろんな意味であまりにもリスクが大きいから、
きっと誰も手が出せないだろうと勝手に思ってたんですね。

 

 

村上春樹作品の世界観を壊すような大胆なアレンジはできないだろうし、
興行的にも失敗が許されないわけで、
そこまでのチャレンジ精神がある映画人は日本にはいないと決めつけてました。

 

 

でも、それがまさか外国人監督が果敢にも映像化に挑戦するなんて思わなかったなー。
その勇気に拍手を送りたい気分ですが、

 

 

その一方でこの外国人監督の挑戦は日本が世界に誇る純愛文学の最高峰を映像化できる人間が日本にはいなかったことを意味するわけで、
それはそれで悲しい事実でもありますね。
しかも、完成した作品がまた実に素晴らしいからなおさら…。

 

 

このレビューは公開当時書いたものに加筆修正しました

 

 

Norwegian Wood

 

 

 

ここから先はネタバラがありますんで未見の方は読まないでください!

 

 

 

純愛における人間の本質とは…

 

 

「純愛における人間の本質」はきっといつの時代も変わらず、

 

 

狂おしいほどの愛を失えば大きな絶望感が生まれるし、
その一方で愛を渇望することで壊れそうな心が再生する…。

 

 

そんな人間の「喪失と再生」をリリカルな空気感で表現したところが素晴らしい。

 

 

生温かい体温まで伝わってくるような演出、
繊細でいて、時に大胆な登場人物の言葉をすごく丁寧に紡いでるんですよ。

 

 

おそらく原作に忠実なんだろうと思いますが、
文字では表現できないことがビジュアルで見せられる“映画の強み”を最大限に活かしていて、
キレイごとだけではない愛の苦しみとか性への衝動がすごく鮮やかで生々しいんだ。

 

 

たとえば、SEXをするにしても「入ってきた」とか「濡れてる」とか、
その逆で「開かなくなった」なんて表現するのはある意味文学的なのかもしれないけど、
現実的にはそんな言葉を挿入の前後に口にすることはあまりないですよね。

 

 

でも、これが映像表現の中に組み込まれたセリフなら直接的で、
これ以上ないくらい的確でビビッドな感情の表現に思えるんですよね。

 

 

村上春樹の小説がなかなか映像化されない理由があるとしたら、
もしかしたらそういう文学的な表現が映像にそぐわないのかもしれませんが、
トラン・アン・ユン監督は見事に表現してみせました。

 

 

ハルキストでもない僕が村上春樹の小説を論じるのは恐れ多いですが…。
僕が勝手にそう思ってるだけです、はい。

 

 

 

Norwegian Wood 2shot

 

 

映画「ノルウェイの森」に見る心と体のバランス

 

 

人は生きている限り、
心に感情がある限り、
悲しみからは逃れられません。

 

 

目を伏せることはできたとしても避けることができないのは誰しも同じことで、
哀しみと真正面から向き合って、
その哀しみを受容し、あるいは哀しみを哀しみ抜いて生きてゆくのだと思います。

 

 

ナオコは恋人のキズキに自殺されたことで否応なく大きな悲しみに直面しました。

 

 

愛情が深かった分だけその喪失感も想像以上に大きく、
誰かを愛そうとしても心と体のバランスはつねに不安定で一致せず、
結果的にまたその喪失感が深まるだけ。

 

 

キズキが自殺した理由は明かされませんが、
ナオコにとっては自責の念があるんじゃないかな。

 

 

だからこそ、ワタナベを愛そうとして体は「濡れて」「入ってきた」のに、
心はどうにもならなかったわけですが、

 

 

愛の喪失感の果てに彼女が選択した決断はあまりにも苦しく、
生きることは死ぬことよりも過酷なんだと思い知らされます。

 

 

また、ワタナベにしてもナオコを全力で愛しましたが、
その愛が結果的に彼女の心の均衡を崩してしまい、
そして、暗くて深い闇に追いつめてしまうことになるんだから、
こんなことになるなんて胸が締め付けられるほど痛い。

 

 

 

Norwegian Wood Main

 

 

映画「ノルウェイの森」闇に覆われた森を彷徨う男女

 

 

人の足を止めるのは絶望ではなく諦観
人の足を進めるのは希望ではなく意志

 

ワタナベとキズキとナオコの3人は“愛”という名の深く静かなる森を彷徨いながら、
やがて暗い闇に覆われてしまうその茫洋たる森で、

 

 

きっとどこかにあるはずの“果て”を見つけられず、
あるいは大切なものを見失ってしまい、
次第に心を病んでいく姿がすごくリアルなんです。

 

 

とくにナオコが抱える傷は深く、
その傷は森の中で音を立てずに心を蝕んでしまったんでしょうね。

 

 

キズキのいない世界は孤独で、
ナオコにとってはもう何をしても楽しくなかったんじゃないかな。

 

 

生きることに虚無感を感じるようになれば“生”へのエネルギーが消えてしまうわけで、
そこにあるのは無力感、無気力に喪失感だけだったかもしれません。

 

 

ナオコが生きようとする足を止めてしまったのはきっと絶望ではなく諦観。

 

 

一度は絶望から這い上がろうとしましたが、
それでも無理だった。
キズキのいない世界で生きていくという強い意志を持てなかったことが自殺につながったんでしょうね。

 

 

 

Norwegian Wood 3shot

 

 

 

たとえば僕が死んだなら…。

 

 

これほどまでに悲しんでもらえるのは嬉しいかもしれません。
でも、やはり前に進む意志を持って生きてほしい。

 

 

もしもあなたが深く静かなる森で彷徨ってるなら、
鳥のさえずりで森の出口まで導きたい。
もしもあなたが暗闇のような深海で息もできずにいるとしたら、
一筋の太陽の光を射したい。

 

 

たとえば僕がキズキなら、
ナオコには明るいところで強く生きてほしいと願うかな。

 

 

ナオコはキズキを深く愛したゆえに愛する人を喪った世界は苦しく、
その人がいる世界に少しでも近づきたくて、
同じように「死」を選択してしまったのは深い愛ゆえ。

 

 

強く生きようとすればするほど愛する人が自分からどんどん遠のいていくような気がして泣き出しそうなほど苦しくなり、自分だけがこの世界で生きてるという現実に罪悪感のようなものを感じるのもまた深い愛ゆえ。

 

 

深く愛すること。
強く生きること。

 

 

深く愛し、強く生きることができる人なら何ら問題はないだろうけど、
ナオコはそれができなかったわけで、
人間の心は意外に脆いのかもしれません。

 

 

 

 

 

映画「ノルウェイの森」ロケ地の映像美

 

 

どこまでも続く圧倒的な大自然
生死をめぐって葛藤する人間の不自然

 

 

デビュー作の「青いパパイヤの香り」で、
すでに世界的な高い評価を得たベトナム出身でフランス在住のトラン・アン・ユンが監督したこの作品は日本映画とは少し異質な感じで、
そう、ほんのりとフレンチの香りがするんですよね。
いやいや、ホントですよ。

 

 

でもって、その映像たるや圧倒的に美しく、
眩しいほどに色鮮やかな映像美はとても兵庫県でロケしたとは思えないくらい、
異国のよう…っていうか、
あんなキレイな森が兵庫県にあったとは知りませんでした。

 

 

そびえ立つ大量のススキが印象的なロケ地は兵庫県神河町の砥峰高原や峰山高原、
香住町の香住海岸(今子浦)といったあたり。

 

 

風に揺れるススキはしなやかなる身のこなし
見えない心に揺れる人間はぶきっちょに流されるまま

 

 

 

Norwegian Wood_Tonomine_highland_Kamikawa_Hyogo_pref_Japan

 

 

キャストがまたみんな素晴らしかった。

 

 

メインキャストはもちろんのこと、
レイコ役の霧島れいかにしてもハツミ役の初音映莉子にしても出番は少ないけど印象深いし、
とくに演技初体験というミドリ役の水原希子が瑞々しくてよかった。
初音映莉子を見るのは「うずまき」以来のような気もする…。

 

 

「ノルウェイの森」の作品情報

 

 

原作:村上春樹
英題:Norwegian Wood
監督:トラン・アン・ユン
音楽:ジョニー・グリーンウッド
主題歌:ザ・ビートルズ「ノルウェーの森」
撮影:リー・ピンビン
公開日:2010年12月11日
上映時間:133分
配給:東宝
興行収入:14億円
出演者:
松山ケンイチ(ワタナベ)
菊地凛子(ナオコ)
水原希子(ミドリ)
玉山鉄二(永沢)
高良健吾(キズキ)
霧島れいか(レイコ)
初音映莉子(ハツミ)
柄本時生(突撃隊)
糸井重里(大学教授)
細野晴臣(レコード店店長)

 

 

音楽担当のジョニー・グリーンウッドはレディオヘッドのギタリスト。
撮影のリー・ピンビンは台湾の撮影監督で、日本映画では是枝裕和の「空気人形」や行定勲監督の「春の雪」を手がけた。

 

 

「ノルウェイの森」のあらすじ

 

 

高校で唯一の親友だったキズキ(高良健吾)が突然自殺したショックから立ち直れずにいたワタナベ(松山ケンイチ)は大学進学をキッカケに自分を知るものが誰もいない東京で新しい生活を始めることにした。人との関わりを避けるように過ごしていたある日、キズキの恋人だったナオコ(菊地凛子)と偶然再会した彼はお互いに大切な人を喪った者同士、心の穴を埋め合うかのようにように付き合いを深めていくが、彼女の20歳の誕生日に初めて二人で一夜を共にして以来、彼女は忽然と彼の前から姿を消してしまった。彼女に会いたくても会えなくなった彼は大学で彼女とは対照的に瑞々しくて明るく、快活なミドリ(水原希子)と出会い、次第に魅了されていくが…。

 

 

Norwegian Wood cafe

 

 

 

「ノルウェイの森」の予告編

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。