スポンサードリンク

映画「恋は五・七・五!」は俳句で感情表現する高校生の熱い戦いを描いた文科系青春ラブコメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

個性は強いが俳句にはズブの素人の5人が集まって、

全国の高校生が競うハイレベルな俳句甲子園での優勝を目指すことになるが…

 

 

テストの答案がいつも平仮名ばかりなので、

 

「もっと漢字を学ぶように!」

 

 

…と担任の先生から、
半ば強制的に俳句部への入部を勧められた帰国子女の女子高生が俳句甲子園に出場して優勝を目指すことになるという文科系の青春映画。

 

 

恋は五・七・五!

 

 

なんといっても関めぐみ演じる主人公の高山治子が魅力的でいい。

 

 

自分の学校が統廃合になろうが、
そんなことは自分にはまったく関係なく無関心で、

 

帰国子女ゆえに日本的文化になじめずに、
いつも不機嫌そうな顔をしながら我が道を行くタイプなんだけど…

 

 

そんな孤高の治子が当初は自分自身もバカにしてた俳句に少しずつ夢中になってく過程が過不足なく描かれてるし、

 

前年度の優勝校でありライバル校の連中がまた極端に戯画化されてるせいで、
すごくムカつくヤツらだから、
主人公のいる高校を応援したくなるもん。

 

 

恋は五・七・五!関めぐみ

 

 

「俳句なんてダサイ」
「俳句はジジイのうわ言ババアの戯言」

 

 

…なんて俳句そのものをバカにしたチアリーダー部の女性に、

 

 

「俳句はポップなんだから!」

 

 

と切り返すのも気分爽快でした。

 

 

俳句の魅力

 

 

17文字に日本語の素晴らしさが凝縮されているのが俳句というもの。

 

 

 

そのことに治子が気付いていくわけですが、
ある意味、ここでは帰国子女という設定が活きてるかな。

 

 

映画劇中で登場人物が詠む俳句がまたなかなかいいんだ。
難しくて堅苦しい句はとりあえずおいておいて、

 

 

「次の世はマシなわたしで生まれたい」

 

 

というコンプレックスからくる本音がたまたま五七五になってたマコの辞世の句に始まって、

 

 

「印画紙に写せぬ君の笑い声」

 

 

というツッチーの句も切ない片想いの心情が現れてるし、

 

 

「初夏の風レモンの香り恋の予感」
「傷ついた心にレモン丸かじり」

 

 

といったシンプルな句も好き。

 

 

恋は五・七・五!俳句甲子園

 

 

 

「南風わたしはわたしらしく跳ぶ」

 

 

という治子が詠んだ句も大空を自由に舞う感じでいいっす。
ラストシーンで治子が見せる表情がとっても爽やかで清々しい。
 

 

恋は五・七・五!俳句甲子園

 

 

 

素朴な疑問

 

それにしても不思議なのは荻上直子監督です。

女性なのにどうしてこんなにも思春期の男子の“性”が解るんだろう…。

 

 

治子のことが大好きな写真部のツッチーは図書室のコーナーで自分とぶつかった瞬間に転倒した治子のパンチラを偶然目にするんですが、

 

ツッチーはその日の夜、その光景を思い出しながら自慰行為にふけるんです。
でも、そんなことはあまり人に話したりはしないんですよね。

 

 

 

健康的な男子なら誰もがやってることですが…

 

 

 

恋は五・七・五!図書室

 

 

行為の後で罪悪感から後ろめたい気持ちになるのも好きな人を想像してそんな背徳行為をしてしまった自分に対する後悔と懺悔でもあるし、

 

好きな人に対する申し訳ない気持ちで頭が一杯になるからです。

 

なぜこの女性監督はそんな密かな自慰行為を知っていて、
そのうえ、後ろめたくなる男の心理までリアルに描けるのか不思議でなりません。

 

 

 

ものすごいリサーチ力!

 

 

 

作品紹介

 

 

タイトル:恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会
監督:荻上直子「かもめ食堂」「めがね」
出演:関めぐみ,小林きな子,蓮沼茜,橋爪遼,細山田隆人,高岡早紀,中村靖日,嶋田久作,もたいまさこ,柄本明,杉本哲太
公開日: 2005年3月25日

 

 

あらすじ

 

高山治子(関めぐみ)はクラスになかなかなじめない、いやなじまない帰国子女。彼女は半ば強制的に俳句部へ入ることになってしまった。同じように集まってきたのは、外見重視のチアガールをクビになったマコ(小林きな子)、万年野球部補欠のまま甲子園の夢破れた山岸(橋爪遼)、治子に憧れる不思議ウクレレ少女Pちゃん(蓮沼茜)に寡黙な写真部員ツッチーこと土山(細山田隆人)。てんでバラバラな5人は気弱な顧問教師のマスオちゃん(杉本哲太)とともに俳句甲子園を目指すことになるが、俳句に関しては山岸以外ズブの素人。何やら恋の予感も手伝って、前途多難な彼らのゆくえは!?
(公式サイトより)

 

 

関めぐみの豪快なパンチラは必見!

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

タグ:  

カテゴリ:青春  [コメント:0]

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。