スポンサードリンク

韓国映画「ハイヒールの男」が渇望するのは自分らしく“女”として生きること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

うらやましいな。
兄貴は生きたまま生まれ変わるんだ。

 

 

ストーリー

 

犯罪組織からも恐れられる脅威の戦闘能力と暴力性、そして完璧な肉体と容姿を兼ね備えた刑事ユン・ジウク。しかしそんな彼にも人に言えない秘密が一つだけあった。それは<女性になりたい>という願望を持っていること。長年そのことで葛藤を続けてきたジウクだったが、ある出来事をきっかけにして遂に、自分の心の声に従う決意をする。だがその時、容赦無い暴力と悪意が、その運命をあざ笑うかのようにジウクの身に迫っていた・・・。(公式サイトより

 
またしてもタイトルシークエンスでガッツリと鷲掴みにされましたよ。

 

 

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%94%b7

 

 

韓国裏社会のノワールだけど、
「ハイヒールの男」というタイトルから、
「もしやこの男…?」と思って見始めたらすぐさま、

 
「やっぱりかい!」

 

 

…って秒速のツッコミを入れちゃった。

さすがにここまでストレートなタイトルはあかんぜよ。
原題は「ハイヒール」なんだからせめてそのままにしておくれやしてごめんやして。

 

 

それにしても、すごい作品です。

出演者もスタッフもディレクターも監督も素晴らしい。
よく、こんな作品を撮れたなって!

 

 

拳銃もナイフも何もなくたって、この男には素手がありゃいい。

 

 

鍛え抜かれた強靭な肉体と俊敏でしなやかな動きで無数のヤクザを容赦なく次々となぎ倒す刑事ユン・ジウク(チャ・スンウォン)には弱点なんてどこにもない…はずだったのに、実は誰よりも“女”になりたいという心に秘めた願望があって、屈強でワイルドな刑事から妖艶で玲瓏たる美女の表情に変わる瞬間はなんだかぞくぞくぅ…。

 

 

そう、彼はトランスジェンダーの刑事だったわけです。

 

 

ホルモン注射の効果確認のために必要なのに、医師に胸元を見られることさえも嫌がる仕草なんて可憐な女子そのものだけど、女装して外に出るのはまだまだ恥ずかしさがあって、女になろうとしながらも堂々と胸を張った女にはなり切れない苦悩が行間からじゅわじゅわ~って溢れてるんですよね。

 
その最たるものが化粧を全部落とし切れずに急遽現場に駆けつけたところで、
目の下にラメが残ってることを指摘される場面。

この瞬間のジウク正直見ているのが辛かったほど苦しさが最上級でした。

 

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e5%8c%96%e7%b2%a7

 

 

 

<彼>にとっては否応なく男として振る舞わなきゃいけない男性性の虚しさと儚さがあり、

性同一性障害の<彼女>にとっては女性性としての生きづらさがあり、

 

 

体はムキムキの男でありながら心は繊細な乙女であるという、

そんなこと当たり前のように理解しているつもりでも、
案外偽善者は僕たち観客かもしれない。
この先の人生で彼が味わう苦しみが痛い痛い痛い苦しい。

 

 

弟分のジヌ(コ・ギョンピョ)がめちゃめちゃいいやつで、

最初はその事実を受け入れられずにいるんだけど、

 

 

兄貴の美しさを認めてからの上記のセリフがなんとも切ない。

彼もまた壮絶でかわいそうな最期でした。

 
少年期に芽生えたBL的な感情を何度となく回想としてインサートしながら、

チャンミ(イ・ソム)との関係を少しずつ明らかにしていくので、

グイグイと引き込まれながらアクション×アクションの連続に圧倒されっぱなしでした。

 

%e9%8a%83%e3%82%92%e5%90%91%e3%81%91%e3%82%8b

 

 

とくに傘をさしたまま雨に濡れることなくダンスのような舞いでヤクザを倒していくアクションは芸術のように美しかった。

 

 

 

少しネタバレ

 

ズバ抜けた身体能力で拳銃も手錠も使わずに数え切れないほどの犯罪者を病院送りにしてきた最強の武闘派刑事ジウクを演じるのがまた身長が188センチもあるような長身のイケメン、チャ・スンウォンで、逆三角形のカンペキなボディなんですよね。

手足が長くてキレのあるスレンダーな体格から繰り出されるアクションには説得力があります。

 

そんな彼が同性愛者というギャップが物語を1つ上のステージに引き上げました。

 

小学生の頃に仲良くなった同級生の男の子との出会いがその目覚めなのか?

切れ長の目で見つめられるたびに感じたことのない何かを感じ、

しかし、中学の時にその彼が自殺してしまったことで、

ジウクは彼の妹を一生守ると心に誓うんです。

 

 

でも、今度は皮肉なことにその妹から愛されて苦悩するという局面を迎え、

自分の中にある「女性になりたい」という願望をどんどん抑え切れなくなってしまうわけで…

 
皆がうらやましがるような容姿端麗に恵まれながら、心の内では人知れず女として生きることを渇望し、

何年にもわたって密かにもがき苦しんできたジウクのその苦悩たるや、想像を絶します。

 
特集上映という形でしか公開されなかったけど、
トコトンまで振り切る韓国映画のフルスイングは凄まじい破壊力。

 

 

しなやかに美しく、静かにキレのあるアクションでした。

それでいて時に激しく血みどろなアクションでした。

 

 

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

DVD宅配レンタル

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

Amazonプライムで30日間無料で映画が見放題!

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。