映画「ごめん」は無力な少年が凛々しいオトナのオトコに成長するまで

「おしっことちゃうやん!」 国語の授業中になぜかオチンチンがムクムクと大きくなってしまい、 「あぅん…」という声を挙げ、 トイレに駆け込んだ主人公の少年セイが、 パンツに付着していたネバネバを見て発した言葉がコレ。   ごめん この作品は小学校6年生のセイが“精通”する場面から始まるんですが、 クラスの女の子にモテモテの親友ニャンコよりも、 ⇒続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

黒島結菜主演の映画「あしたになれば…」は下心が生み出す疾走感とほろ苦い痛みを描いた青春の1ページ。

「おっぱいに触りたい~」 というたった1つのシンプルな衝動だけで全力になれるのが思春期男子。 「おっぱいバレー」にしても「絵里に首ったけ」にしても、 目の前にご褒美のニンジンならぬ、 おっぱいをぶら下げられたらモチベーションMAXで部活を頑張れるのが青い春。 だって、頭ん中は女子女子女子。 寝ても覚めても女子女子女子なんだもん。 女子に支配された頭では勉 ⇒続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
メタ情報
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ