「川の底からこんにちは」中の下の人生上等!社歌(歌詞入り)

川の底からこんにちは タイトル

 

上京して5ヵ所目の職場で上京してから5人目となるバツイチ子持ちの彼氏と付き合う上京して5年目の派遣OLが病気で倒れた父親に変わって倒産寸前のしじみ加工工場を再建しようと奮闘するヒューマンコメディなんですが、これがとんでもない快作! >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「嘘を愛する女」長澤まさみと高橋一生をつなぐもの!原作は実話小説?(嘘愛ネタバレあり)

嘘を愛する女title

 

新たな才能あるクリエイターを発掘するコンペの初代グランプリ受賞企画を映画化した作品で、実際にあった事件の新聞記事に着想を得たミステリアスなラブストーリー。もしも愛する人のすべてを知り尽くしていたつもりが、名前も経歴も嘘だらけだったら… >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ピーチガール」が実写映画になったら…漫画チックな山本美月が超キュート♪

PeachGirlタイトル

 

累計発行部数1300万部の売り上げを誇る超人気少女漫画「ピーチガール」が山本美月とHey!Say!JUMP!の伊野尾慧主演で実写映画化したわけですが、いい素材を集めながら調理も盛り付けも下積み修行中の料理人見習いが作った出来映えで…。 >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ネタバレあり】破裏拳ポリマーはアクション映画の限界を突破したヒーロー!

破裏拳ポリマー

 

「破裏拳ポリマー」といえば「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」に続く変身ヒーローとして1974年にタツノコプロが世に送り出した作品ですが、 凶悪犯罪が過激化する2017年、巨悪を制圧するために警察は最強拳法“破裏拳”流の後継者である鎧武士に協力を依頼するが… >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「名前のない女たち」は刹那に生きる女たちの希望と絶望を描いた秀逸な人間ドラマ

名前のない女たち

 

大人のビデオ業界で“企画女優”として仕事する500人以上の女性たちの生きざまを取材した中村淳彦氏の同名ノンフィクションベストセラーを原案とする映画。街角でスカウトされた地味なOLが命じられるままに演じたコスプレ女優として思わぬ人気を博していくが…。 >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実写映画「覆面系ノイズ」は片想いだらけの恋愛と音楽にかける青春映画(あらすじと感想)

覆面系ノイズ

 

少女漫画雑誌「花とゆめ」に連載中の人気コミック「覆面系ノイズ」は恋愛と音楽の狭間で揺れる高校生たちの切ない初恋と片想いを描いた福山リョウコ原作の青春ラブストーリーの実写化作品ですが…♪ >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「ReLIFE」は夢も希望も何もないニートが高校生にリライフする青春物語(結末ネタバレ感想)

ReLIFE title

 

漫画アプリcomicoにて2013年から連載中の夜宵草の同名人気漫画を実写映画化した青春群像劇。27歳にして人生ドロップアウトのダメダメな冴えない主人公がリライフ”と呼ばれるニート更生プログラムに参加し、高校3年生として1年間人生をやり直すことになるが… >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラストネタバレ】映画「亜人」の見どころは不死身の新人類が終わりなきバトルを繰り返す超絶アクション!綾野剛のムキムキ大胸筋は最前列で拝むべし!

Ajin title

 

2015年~16年にかけてテレビアニメと劇場アニメで製作された累計発行部数540万部を記録する桜井画門の人気漫画を「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が実写映画化。かつてないスケールで描かれる亜人vs亜人の本格的アクションからは一瞬たりとも目が離せず… >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「PとJK」がつまらない3つの理由!土屋太鳳がブスにしか見えない(ネタバレあり)

ptojk title

 

「別冊フレンド」に連載中の三次マキによる人気少女漫画「PとJK」がKAT-TUNの亀梨和也と土屋太鳳のダブル主演で実写映画化された作品ですが、舞台となる函館はほぼ全編において美しくキレイなのに、肝心の内容は… >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「ノルウェイの森」は純愛の本質ここにあり!村上春樹作品の映像化に挑んだ世界的監督の手腕が光る!

Norwegian Wood title

 

1987年に刊行された累計1000万部(公開当時)を超える村上春樹の世界的大ベストセラーにして当時は社会現象にもなった同名小説の映画化作品ですが、純愛文学の最高峰とも言うべき作品の映像化に挑戦したのは日本人監督ではなく… >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

1 2 3 6
管理者プロフィール

HIRO


興行ウォッチャーHIRO

映画の興行成績を分析しながらヒットの傾向を探るのが好きな粉もん大好き関西人。マイナーな邦画をこよなく愛し、ラブストーリーからホラーまでジャンルを問わずレビューしてます。

もっと詳しく

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
ソーシャル
人気の投稿
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
スポンサードリンク
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク
タグ
プライバシーポリシー
お問い合わせ

ページの先頭へ