スポンサードリンク

映画ランキングは新人類の亜人がワンちゃんを阻止するも秋興行は低迷を脱せず(9月30日~10月1日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは奇しくも“何度も生き返る”対決となりましたが、「亜人」が余裕で初登場首位。しかし、依然として低レベルな争いで盛り上がらない秋興行は低迷まっただ中で2位から早くも1億円台に落ち込むという有様。  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「君の名は。」実写映画化の裏に見えるマネーな事情?海外の興行収入は…

Your name title

 

2016年8月26日に公開されるやいなや社会現象を巻き起こし、国内映画ランキングで歴代4位となる興行収入250億3,000万円という大ヒットを記録した「君の名は。」がハリウッドで実写映画化されることが発表されました!しかし、その背景にはマネーな事情が…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ネタバレ感想】ナミヤ雑貨店の奇蹟は行き場のない若者が時空を超えた手紙でREBORNするファンタジー♪

The miracles of the Namiya general store title

 

ミステリー作家の東野圭吾作品史上最も泣ける感動作という呼び声高い「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一監督が過剰な演出で確信犯的に泣かせにかかる作品ですが、それが分かっていても気がつけば鼻水が…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングは時空を超える「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が辛勝(9月23日~24日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングはHey! Say! JUMP山田涼介主演の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」と乃木坂46の主要メンバーが総出演の「あさひなぐ」のアイドル争いになりましたが、女性の年輩層をガッツリと引き寄せた「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が初登場首位。  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ネタバレ感想】ダンケルクがつまらない3つの理由

Dunkirk title

 

第二次世界大戦の初期、フランス北部の港町ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人を救出するために決行した史上最大の撤退作戦(ダイナモ作戦=ダンケルク大撤退)を描いた史実に基づく戦争映画なんですが、賛否両論ある中で僕はつまらないと感じました。その理由は…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングはエイリアン襲来で奥田民生になりたいボーイは爆死(9月16日~17日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは「エイリアン:コヴェナント」がわずかに「ダンケルク」を退けて初登場首位を飾りましたが、数字的には昨年の同時期と比較してもかなり低レベルな争い。同じく新作の「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」はマーケティングに長けた東宝の興行予測も狂わされたか?  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全米映画興行ランキングはぶっちぎりの大差で奇怪な“それ”が圧倒!(9月15日~17日)

Hollywood box office ranking

 

全米映画ランキングは8月中旬から続いていた低迷を一気に打開した「IT イット"それ"が見えたら、終わり。」が前週に続いて2週連続首位。しかも、記録的な数字で2位以下を圧倒し、このままホラー映画としての金字塔を打ち立てる勢いですが…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三度目の殺人【結末ネタバレ感想】人を裁くのは神のみ?ただの器でしかない人間の闇に葬られる真実に慟哭

third murder title

 

是枝裕和監督が初めて挑む法廷心理劇は勝つことに徹底してこだわる勝利至上主義の弁護士と2度目の殺人で死刑が確定的な殺人事件の被告人が真実をめぐって対峙する秀逸なヒューマンドラマですが、果たして人に人が裁けるのか…?  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「チェイサー」ハル・ベリー主演の誘拐サスペンスが日本公開決定!

Kidnap title

 

全米でも紆余曲折ありながら公開までたどり着けるかどうか怪しかった「チェイサー」の日本公開が唐突に決定しました。宣伝する気もなければヒットさせる意欲も感じない邦題に愕然…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングは「ダンケルク」がIMAX効果で堂々首位(9月9日~10日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは期待の新作ラッシュでしたが、フタを開けてみれば“邦低洋高”の傾向通りにクリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」が「関ヶ原」のV3を阻む初登場首位。IMAXシアターの高稼働率にモノ言わせてますが…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新感染 ファイナルエクスプレス【ネタバレ】涙腺崩壊の超絶ゾンビ映画の傑作上陸!

TRAIN TO BUSAN title

 

2016年に公開された韓国映画のナンバーワン興行成績で歴代ランキングでは11位となる観客動員数1,156万人を記録した大ヒット作がついに日本に上陸。評判に違わぬ超絶エンターテインメントはゾンビ映画なのに涙腺か崩壊するその理由とは…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の「ナッシング」は異色のオフビートコメディ!(ネタバレあり)

NOTHING title

 

ある日突然、世界からすべてのものが消去され、何もない“無の世界”が広がっていくという奇想天外で荒唐無稽なSF設定の脚本を斬新な映像技術で描いてみせたヴィンチェンゾ・ナタリ監督のオフビートコメディですが、玄関の扉を開けると世界は消え始めていた…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年上半期映画興行収入ランキングは「美女と野獣」が圧倒

2017 winter-spring season of the year

 

2016年の冬興行から2017年の6月末までに公開された全作品の中で、上半期の興行収入ランキングTOP10が発表されました。トップは予想通り4月21日に公開されてから7週連続首位を記録した「美女と野獣」でしたが…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングは「関ヶ原」がV2達成も秋興行前のひと休みで全体的に低調な成績(9月2日~3日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは失速する夏休み興行から本格的な秋興行が始まる前のエアポケット状態。「関ヶ原」がV2達成しましたが、1位から上位7位までのランキングは前週と同じ。新作2本は1億円にも届かない体たらくで「トリガール」は飛べず。  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇場アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のネタバレ!大前提を無視して改変した物語は結末の解釈なんでもあり

fireworks animation

 

岩井俊二監督が1993年に演出したテレビドラマがこの夏劇場アニメとして公開されましたが、そもそも比較するのはナンセンスとはいえリメイク作品の宿命。根本的なプロットが別物だし、大前提を無視した世界観なら結末は…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングは天下分け目の戦いを制した岡田准一の関ヶ原(8月26日~27日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは先週トップの「HiGH&LOW」は早々と後退し、司馬遼太郎の国民的ベストセラーを映画化した「関ヶ原」が初登場首位。2億ラインを余裕で維持するミニオンは2位。ハリウッドでは記録尽くしの「ワンダーウーマン」は3位デビュー!  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ベイビー・ドライバー」はサントラ最高♪エドガー・ライト流ロックンロールでロマンティックなカーアクション♪

BABY DRIVER

 

全米で興行収入1億ドルを突破したエドガー・ライト監督の最新作。 「ベイビードライバー」は体が勝手に動き出すほどノリノリのサントラと個性豊かなキャラクターと温もりある愛情があふれるサイコーのロックンロールでロマンティックなカーアクション♪

 この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スプライス」禁断の実験で誕生した新種の生命体にやらかした天才科学者のトンデモ行為とは…

スプライス

 

新感覚スリラー「CUBE」の世界を創り出したヴィンチェンゾ・ナタリ監督の最新作というだけで否応なく期待値が高まる作品ですが、狂った科学者による新種の生命体とのトンデモ行為が…あ~マジかよ。ありえへん。  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングはEXILEオールスターズがミニオン軍団を撃破して映画界のてっぺんを獲ったど~(8月19日~20日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」が初登場で「ミニオン」から首位の座を奪いました。元EXILEのHIROが企画プロデュースを務めるEXILE TRIBEのためのメディアミックス作品で、オールスター「全員主役」なんですが…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ランキングはおかえりスパイダーマン!(8月12日~13日)

国内映画ランキング

 

映画ランキングは興行収入では「スパイダーマン:ホームカミング」に1位の座を奪われたものの観客動員数では「怪盗グルーのミニオン大脱走」が4週連続首位を爆走中。上位ランキングに大きな変動がない中で、大注目の「ジョジョ」が行方不明に…  この記事の続きを読む   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

管理者プロフィール

HIRO


興行ウォッチャーHIRO

映画の興行成績を分析しながらヒットの傾向を探るのが好きな粉もん大好き関西人。マイナーな邦画をこよなく愛し、ラブストーリーからホラーまでジャンルを問わずレビューしてます。

もっと詳しく

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
ソーシャル
人気の投稿
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
スポンサードリンク
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク
タグ
プライバシーポリシー
お問い合わせ

ページの先頭へ