「悪夢のエレベーター」は閉じ込められた男女の思惑に人間不信になるどんでん返しサスペンス

空振り三振でも人生は変わる!?     かつては芸人で、 最近では俳優としての活動が目立つ堀部圭亮が初監督した作品で、 26万部突破した木下半太の同名小説が原作。   2007年のテレビドラマ化、 2008年の舞台化に続いての映画化なんですが、   ほとんどがエレベーター内だけで展開される密室サスペンスだけに面白くない ⇒続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
ソーシャル
人気の投稿
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ