「非・バランス」はオカマの小日向文世といじめられっ子の派谷恵美の距離感が絶妙な児童文学の傑作!

off barance title

 

原作は児童文学新人賞を受賞した魚住直子の同名小説ですが、いじめられっ子の少女(派谷恵美)がオカマ(小日向文世)との出会いを通してツラい過去と訣別し、思いっきり泣くことや思いっきり笑うことを教えられた作品。 >> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

映画「ごめん」は無力な少年が凛々しいオトナのオトコに成長するまで

「おしっことちゃうやん!」 国語の授業中になぜかオチンチンがムクムクと大きくなってしまい、 「あぅん…」という声を挙げ、 トイレに駆け込んだ主人公の少年セイが、 パンツに付着していたネバネバを見て発した言葉がコレ。   ごめん この作品は小学校6年生のセイが“精通”する場面から始まるんですが、 クラスの女の子にモテモテの親友ニャンコよりも、 ⇒続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー
タグ
ソーシャル
人気の投稿
アーカイブ
Twitter でフォロー
応援のクリックお願い!
Amazonオススメ!
応援のクリックをお願い♪
スポンサードリンク

ページの先頭へ