リニューアル作業中でお見苦しいことをお許しください

2017年国内映画興行収入ランキング年間TOP100作品一挙紹介!(最新データは随時更新)

 

「STAR WARS」シリーズの最新作「エピソード8/最後のジェダイ」が封切られたことで2017年の年間ランキング発表となりました。傾向と分析は随時更新していきますので、まずはその顔ぶれをご覧ください。よろしくお願いします。

 

 

 

ランキングの性質上、公開からまだ日の浅い作品はその分だけ累計興行収入が少ないので、低めの順位となります。このランキングはあくまで2017年12月末日時点で公開済み作品の暫定順位であることをご了解ください。それでも「スターウォーズ」は早くも12位にランクインしてますけどね。

 

 

 

2017年国内映画興行収入ランキング年間TOP100作品

 

 

1位:美女と野獣(4月21日/興行収入124億円)
2位:怪盗グルーのミニオン大脱走(7月21日/興行収入73億円)
3位:名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)(4月15日/興行収入68億9,000万円)
4位:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(7月1日/興行収入67億円)
5位:モアナと伝説の海(3月10日/興行収入51億円)
6位:SING/シング(3月17日/興行収入51億円)
7位:映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(3月4日/興行収入44億3,000万円)
8位:ラ・ラ・ランド(2月24日/43億円)
9位:ワイルド・スピード アイス・ブレイク(4月28日/興行収入40億円)
10位:銀魂(7月15日/興行収入39億円)

 

 

  • 3月公開作品は3本
  • 4月公開作品は3本
  • 7月公開作品は3本

 

 

映画業界のゴールデンウィークは5月ですが、
毎年そこにピークに持ってくるような宣伝は今も健在なんだけど、
最近では少し前倒しで、春休みからアニメで盛り上げてく傾向が顕著ですね。

 

 

いつも先陣を切るのは「ドラえもん」の役割で、
ディズニーやイルミネーションスタジオがその後に続くような形。

 

 

ま、今年は「名探偵コナン」の最新作も含め、
過去シリーズの記録を更新するくらい日米ともにアニメが強い1年でした。

 

 

 

上位にランクインした作品の割合としてはアニメ5本:実写5本とイーブンの成績。
全体的に振るわなかった漫画の実写化の中では「銀魂」が孤軍奮闘。
見事に2017年の実写邦画No.1ヒットとなりました。

 

 

 

年間ランキング1位美女と野獣

 

 

 

ランキング形式変更について

 

 

 

2016年のランキングでは11月初旬までに公開された作品が対象で、それ以降の作品は翌年のランキングにしましたが、順位が週末ごとに変動して更新作業が大変なので、今回からは2017年1月から12月末日までに公開済みの作品をランキング対象にしました。
※例えば「ローグワン/スターウォーズストーリー」は最終興行収入46億円だったので今回のランキングでいえば本来8位に相当しますが、2016年公開なので対象外としたわけです。不遇な扱いで申し訳ありません。同様に…

 

  • ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(興行収入73億円/2位相当)
  • 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!(興行収入32億円/15位相当)
  • バイオハザード:ザ・ファイナル(興行収入42億円/11位相当)
  • この世界の片隅に(興行収入26億円/16位相当)

 

 

2017年映画ランキング11位~20位

 

 

11位:劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(7月14日/興行収入35億5,000万円)
12位:スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ(12月15日/興行収入32億円)
13位:君の膵臓をたべたい(7月29日/興行収入35億2,000万円)
14位:メアリと魔女の花(7月8日/興行収入32億9,000円)
15位:スパイダーマン:ホームカミング(8月11日/興行収入28億7,000万円)
16位:劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(2月18日/興行収入25億2,000万円)
17位:忍びの国(7月1日/興行収入25億円)
18位:22年目の告白-私が殺人犯です-(6月10日/興行収入24億円)
19位:関ヶ原(8月26日/興行収入23億円)
20位:昼顔(6月10日/興行収入23億円)

 

 

20周年を記念した劇場版第20作目は原点回帰で、
サトシとピカチューが出会うまでを描いた「ポケモン」は久しぶりの30億円突破。

 

 

夏休み興行では「ミニオンズ」と「海賊」が大暴れする中で、
「キミスイ」現象が巻き起こるほど映画館は号泣する人が続出しました。
また、若い男女や年配の紳士淑女が目立ったような気がします。

 

 

 

「ソードアート・オンライン」は全米でもヒットを記録。
不倫をテーマにしたテレビドラマ「昼顔」の3年後を描いた続編が大ヒット。
上戸彩、斎藤工といったキャストはそのままに二人が別れた後の“痛み“が描かれます。

 

 

 

3年前のテレビドラマ放映当時と比べて不倫への風当たりは暴風警報レベル。
平日午後3時のアバンチュールな現実逃避は今やすべてを失いかねない一時の過ち。
よくぞ続編の公開に踏み切ったし、こんなにヒットするのは意外でした。

 

 

 

一方、12月15日に公開されたばかりの「スターウォーズ」ですが、
実質半月で累計興行収入32億円を叩き出して12位にランクインしました。

 

 

前作「フォースの覚醒」ほどのインパクトはないけど、
3月頃には「美女と野獣」を超えてランキングトップに躍り出るかもしれません。
ま、どちらもディズニー配給作品だから、「スターウォーズ」は過去2年同様早めに打ち切られるという可能性も少なくないですけどね。

 

 

 

君の膵臓をたべたい画像

 

 

 

2017年映画ランキング21位~50位

 

 

21位:IT/イット “それ”が見えたら“終わり”(11月3日/興行収入21億円)
22位:キングコング:髑髏島の巨神(3月25日/興行収入20億円)
23位:帝一の國(4月29日/興行収入19億円)
24位:相棒:THE MOVIE IV(2月11日/興行収入19億円
25位:ドクターストレンジ(1月27日/興行収入/興行収入19億円)
26位:カーズ3/クロスロード(7月15日/興行収入17億円)
27位:トランスフォーマー/最後の騎士王(8月4日/興行収入17億円)
28位:ダンケルク(9月9日/興行収入17億円)
29位:ザ・マミー 呪われた砂漠の王女(7月28日/興行収入16億円)
30位:映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ(4月15日/16億円)

 

 

31位:打ち上げ花火,下から見るか?横から見るか?(8月18日/興行収入15億円)
32位:アウトレイジ 最終章(10月7日/興行収入15億円)
33位:三度目の殺人(9月9日/興行収入14億円)
34位:ミックス。(10月21日/興行収入14億円)
35位:亜人(9月30日/興行収入14億円)
36位:Fate/stay night: Heaven’s Feel(10月14日/興行収入14億円)
37位:HiGH & LOW THE MOVIE 2 / End of SKY(8月19日/興行収入14億円)
38位:キセキ:あの日のソビト(1月28日/興行収入14億円)
39位:Destiny:鎌倉ものがたり(12月9日/興行収入13億2,000万円)
40位:ワンダーウーマン(8月25日/興行収入13億円)

 

 

41位:ブレードランナー2049(10月27日/興行収入11億8,000万円)
42位:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2月4日/興行収入11億5,000万円)
43位:マイティソー:バトルロイヤル(11月3日/興行収入11億4,200万円)
44位:ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー リミックス(5月12日/興行収入11億4,000万円)
45位:HiGH & LOW THE MOVIE 3 / Final Mission(11月11日/興行収入10億円)
46位:ひるなかの流星(3月24日/興行収入10億7,000万円)
47位:チア☆ダン!(3月11日/興行収入10億4,000万円)
48位:ゴースト・イン・ザ・シェル(4月7日/興行収入10億円)
49位:ナラタージュ(10月7日/興行収入10億円)
50位:ラストレシピ -麒麟の舌の記憶-(11月3日/10億円)

 

 

 

2017年映画ランキング51位~100位

 

 

51位:斉木楠雄のΨ難(10月21日/興行収入9億7,300万円)
52位:オリエント急行殺人事件(12月9日/興行収入9億4,000万円)
53位:僕のワンダフルライフ(9月29日/興行収入9億1,700万円)
54位:ナミヤ雑貨店の奇跡(9月23日/興行収入9億1,500万円)
55位:鋼の錬金術師(12月1日/興行収入9億1,000万円)
56位:ジャスティス・リーグ(11月23日/興行収入8億8,500万円)
57位:8年越しの花嫁 奇跡の実話(12月16日/興行収入8億5,000万円)
58位:PとJK(3月25日/興行収入8億2,000万円)
59位:仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(12月9日/興行収入8億円)
60位:追憶(5月6日/興行収入7億9,900万円)

 

 

61位:エイリアン:コヴェナント(9月15日/興行収入7億9,500万円)
62位:無限の住人(4月29日/興行収入7億7,400万円)
63位:劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(3月18日/興行収入7億7,100万円)
64位:遥かなる我が子(5月27日/興行収入7億6,000万円)
65位:バリー・シール アメリカをはめた男(10月21日/興行収入7億4,700万円)
66位:新宿スワンII(1月21日/興行収入7億1,800万円)
67位:本能寺ホテル(1月14日/興行収入7億1,500万円)
68位:ローガン(6月3日/興行収入7億円)
69位:映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(12月16日/興行収入6億8,800万円)
70位:映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!(10月28日/興行収入6億6,000万円)

 

 

71位:一週間フレンズ(2月18日/興行収入6億5,400万円)
72位:家族はつらいよ2(5月27日/興行収入6億5,300万円)
73位:兄に愛されすぎて困ってます(7月1日/興行収入6億5,000万円)
74位:探偵はBARにいる3(12月1日/興行収入6億3,200万円)
75位:メッセージ(5月19日/興行収入6億円)
76位:サバイバルファミリー(2月11日/興行収入5億8,600万円)
77位:パッセンジャーズ(3月24日/興行収入5億8,000万円)
78位:火花(11月23日/興行収入5億6,600万円)
79位:劇場版 仮面ライダーエグゼイド:トゥルーエンディング(8月5日/興行収入5億6,200万円)
80位:東京喰種トーキョーグール(7月29日/興行収入5億6,000万円) 

 

 

 

81位:アサシンクリード(3月4日/興行収入5億4,200万円)
82位:花戦さ(6月3日/興行収入5億3,000万円)
83位:沈黙 -サイレンス-(1月21日/興行収入5億2,700万円)
84位:猿の惑星:聖戦記グレート・ウォー(10月14日/興行収入5億2,000万円)
85位:トリプルxXx 再起動(2月24日/興行収入5億2,000万円)
86位:君のまなざし(5月20日/興行収入5億1,000万円)
87位:先生、、 、好きになっていいですか? (10月28日/興行収入4億9,000万円)
88位:ピーチガール(5月20日/興行収入4億6,500万円)
89位:恋妻家宮本(1月28日/興行収入4億4,700万円)
90位:こどもつかい(6月17日/興行収入4億4,200万円)

 

 

91位:あさひなぐ(9月22日/興行収入4億3,000万円)
92位:仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦(3月25日/興行収入3億9,700万円)
93位:プリキュアドリームスターズ!(3月18日/興行収入3億9,000万円)
94位:夜は短し歩けよ乙女(4月8日/興行収入3億8,600万円)
95位:ベイビー・ドライバー(8月19日/興行収入3億7,100万円)
96位:ノーゲーム,ノーライフ THE MOVIE:ゼロ(7月14日/興行収入3億7,000万円)
97位:君と100回目の恋(2月4日/興行収入3億5,500万円)
98位:LAST COP THE MOVIE(5月3日/興行収入3億5,000万円)
99位:ゴジラ 怪獣惑星(11月17日/興行収入3億4,400万円)
100位:ガールズパンツァー 最終章 第1話(12月9日/興行収入3億4,000万円)

 

 

 

 2017年映画興行ランキング100位以下は…

 

 

100位以下については目立った作品だけ後日改めて取り上げる予定です。
ランキング100位で3億円ですから、
そこそこの規模で公開されながら1億円に満たなかった作品も少なくありません。

 

 

「ジョジョと奇妙な冒険」はその最たるものだと思いますが、
「トリガール」とか「覆面系ノイズ」「暗黒女子」はどこにも見当たらないし、

 

 

「破裏拳ポリマー」はどうなったんだ!?
「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」に続いて、

 

 

それでいいのか?タツノコプロ!

 

 

 

2 Comments

HIRO

コメントありがとうございます。
「3月のライオン」は正確な数字ではないですが、前篇は約8億円、後篇は6億円あたりだと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です